ダグラス・フェアバンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダグラス・フェアバンクス
Douglas Fairbanks
ダグラス・フェアバンクスDouglas Fairbanks
本名 Douglas Elton Thomas Ullman
生年月日 1883年5月23日
没年月日 1939年12月12日(満56歳没)
出生地 コロラド州デンバー
死没地 カリフォルニア州サンタモニカ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優映画監督映画プロデューサー
活動期間 1915年 - 1935年
配偶者 Anna Beth Sully (1907-1919)
メアリー・ピックフォード (1920-1936)
Edith Louise Sylvia Hawkes (1936-1939)
主な作品
『バグダッドの盗賊』
『ドン・Q』

ダグラス・フェアバンクスDouglas Fairbanks、出生時の本名はJulius Ullman1883年5月23日 - 1939年12月12日)は、アメリカ合衆国俳優脚本家映画監督映画プロデューサーである。息子のダグラス・フェアバンクスJr.も俳優。元妻に女優のメアリー・ピックフォードがいる。

息子と区別する為、ダグラス・フェアバンクス・シニア(Douglas Fairbanks Sr.)と表記する場合もある。

経歴[編集]

フェアバンクスとメアリー・ピックフォード

1883年5月23日コロラド州デンバーに生まれた。父親のヒゼキヤ・チャールズ・ウルマンは、ペンシルベニア州ユダヤ人の家庭に生まれ、後に弁護士になった。

10代の頃からデンバーのアマチュア劇団の舞台に立つようになる。この間、コロラドの鉱山学校に通っていた。1900年代初めにニューヨークに移り、ウォール街でハードウェアストアの店員や証券会社の事務員として働いていた。ハーバード大学にも通っていたが中退し、ヨーロッパへ渡った。その後帰国し、演劇に興味を持ち始め、1902年ブロードウェイでデビュー。その後若手スターとして注目された。

1907年に裕福な実業家の娘と結婚、1909年に息子のダグラス(後のダグラス・フェアバンクスJr.)が生まれる。

1915年トライアングル・フィルム・コーポレーション傘下でD・W・グリフィスファイン・アーツ社と週給5000ドルで契約し、映画界に入る。同年公開の『快男子』(原題:The Lamb、監督:クリスティ・キャバンヌ、脚本:D・W・グリフィス)で映画デビュー。作品は大ヒットを記録した。翌1916年公開のグリフィス監督の名作『イントレランス』には「古代バビロン篇」に端役で出演した。

UA創立メンバー。左からD・W・グリフィスメアリー・ピックフォードチャールズ・チャップリンフェアバンクス(1919年)

ダグラスは一躍人気俳優となり、1916年に映画製作会社フェアバンクス・ピクチャーズを設立。1919年にはグリフィス、チャールズ・チャップリンメアリー・ピックフォードと共にユナイテッド・アーティスツ社を設立した。その後『怪傑ゾロ』や『ロビン・フッド』などの冒険活劇映画でヒーロー役を演じ、絶大な人気を得た。ほとんどの作品のアクションシーンをスタントなしで務めており、そのアクロバティックなアクションも人気だった。

1916年に女優のメアリー・ピックフォードとあるパーティで出会い、双方に配偶者がいたが交際するようになる。ダグラスは1919年に妻と離婚、翌1920年にピックフォードも離婚し、同年に2人は結婚した。二人は1936年に離婚しており、ダグラスはその後女優・モデルのシルヴィア・アシュリーと再婚した。

1929年の訪日時

1927年映画芸術科学アカデミーの初代会長に就任し、名実共にアメリカ映画界のトップに君臨した。1931年には映画監督として『八十日間世界一周』を原作とした『ダグラスの世界一周』(原題:Around the World in 80 Minutes with Douglas Fairbanks)をヴィクター・フレミングと共に監督。なお、この頃ロサンゼルスオリンピックの金メダリストの西竹一男爵と親交があった。

ハリウッド・フォーエバー墓地に眠るフェアバンクスの墓

しかし、その後は人気も低迷し、1934年の『ドン・ファン』を最後に引退。以後は映画プロデューサーとして息子のフェアバンクスJr.主演の作品を製作していたが、1939年カリフォルニア州サンタモニカにて心臓発作で死去。その功績をたたえてハリウッド・ウォーク・オブ・フェームには、息子のフェアバンクスJr.と共に名前が刻まれている。墓はハリウッド・フォーエバー墓地にある。

主な作品[編集]

『奇傑ゾロ』(1920年)
『鉄仮面』(1929年)
  • 『快男子』 The Lamb(1915年)
  • 『ドーグラスの苦心』 His Picture in the Papers(1916年)
  • 『喜びの習慣』 The Habit of Happiness(1916年)
  • 『善良なる悪人』 The Good Bad Man(1916年)
  • 『ドーグラスの奮闘』 Reggie Mixes In(1916年)
  • 『跳ねる魚の謎』 The Mystery of the Leaping Fish(1916年)
  • 『ドーグラスの厭世』 Flirting with Fate(1916年)
  • 『火の森』 The Half-Breed(1916年)
  • イントレランスIntolerance(1916年)
  • 『ドーグラスの好奇』 Manhattan Madness(1916年)
  • 『ドーグラスの飛行』 American Aristocracy(1916年)
  • 『電話結婚』 The Matrimaniac(1916年)
  • 『出たり這入ったり』 In Again,Out Again(1917年)
  • 『ドーグラスの蛮勇』 Wild and Woolly(1917年)
  • 『ドーグラスの荒療治』 Down to Earth(1917年)
  • 『ドーグラスの月の世界』 Reaching for the Moon(1917年)
  • 『ドーグラスの現代銃士』 A Modern Musketeer(1917年)
  • 『南へ南へ』 Headin' South(1918年)
  • 『結びの神』 Mr. Fix-It(1918年)
  • 『おい!君!』 Say! Young Fellow(1918年)
  • 『ドグラスの跳ね廻り』 Bound in Morocco(1918年)
  • 『楽天生活』 He Comes Up Smiling(1918年)
  • 『アリゾナ』 Arizona(1918年)監督も
  • 『ニッカーボッカー』 The Knickerbocker Buckaroo(1919年)
  • 『ダグラス大王』 His Majesty,The American(1919年)
  • 『暗雲晴れて』 When the Clouds Roll by(1919年)脚本・製作も
  • 『臆病男』 The Mollycoddle(1920年)
  • 奇傑ゾロThe Mark of Zorro(1920年)脚本も
  • 『ナット』 The Nut(1921年)
  • 三銃士The Three Musketeers(1921年)
  • ロビン・フッドRobin Hood(1922年)
  • バグダッドの盗賊The Thief of Bagdad(1924年)
  • ドン・QDon Q Son of Zorro(1925年)
  • ベン・ハー』(1925年)戦車競走シーンの観衆エキストラ(ノンクレジット)
  • ダグラスの海賊The Black Pirate(1926年)
  • ガウチョThe Gaucho(1927年)
  • 鉄仮面The Iron Mask(1929年)
  • じゃじゃ馬馴らしThe Taming of the Shrew(1929年)メアリー・ピックフォード共演
  • 『月世界征服』 Reaching for the Moon(1930年)製作も
  • ダグラスの世界一周Around the World in 80 Minutes with Douglas Fairbanks(1931)製作・監督も
  • ロビンソン・クルーソーMr. Robinson Crusoe(1932年)脚本も
  • ドン・ファンThe Private Life of Don Juan(1934年)

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]