ペギー・アン・ガーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペギー・アン・ガーナー
Peggy Ann Garner
Peggy Ann Garner
三十四丁目の奇蹟』(1947年)予告編[1]より
本名 Peggy Ann Garner
生年月日 1932年2月3日
没年月日 1984年10月16日(満52歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州カントン
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルスウッドランドヒルズ英語版
身長 163 cm[2]
職業 女優
ジャンル テレビ、映画、舞台
活動期間 1938年 - 1984年
配偶者 リチャード・ヘイズ(1951年 - 1953年)
アルバート・サルミ(1956年 - 1963年)
ケニオン・フォスター・ブラウン(1964年 - 1968年)
主な作品
ブルックリン横丁』(1945年

ペギー・アン・ガーナーPeggy Ann Garner, 1932年2月3日 - 1984年10月16日)は、オハイオ州カントン出身の女優1940年代に活躍した子役スター。

略歴[編集]

1932年オハイオ州カントンで生まれる。父ウィリアム・H・ガーナーはイングランド生まれの法律家第二次世界大戦中はアメリカ陸軍将校だった。母ヴァージニアは夫と疎遠になると娘を女優にしようとハリウッドに娘とともに移り住む。その後、1938年に映画『Little Miss Thoroughbred』でデビューする。

1945年の『ブルックリン横丁』で第18回アカデミー賞子役賞英語版を受賞する。

1950年代になるとニューヨークに移り、アクターズ・スタジオで改めて演技を学ぶ。その後は様々な舞台やテレビドラマに出演するが、映画に出演することはほとんどなくなる。

1984年膵癌で死去。

私生活[編集]

生涯で3度の結婚と離婚を経験している。2番目の夫で俳優のアルバート・サルミとの間に1子あり[2]

主な出演作[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 映画本編には出演しておらず、映画を宣伝するスターの1人として予告編にのみ出演。
  2. ^ a b Peggy Ann Garner - Biography” (英語). IMDb. 2013年5月13日閲覧。

外部リンク[編集]