ダイアン・ウォーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイアン・ウォーレン
Diane Warren
}
基本情報
出生名 Diane Eve Warren
出生 1956年9月7日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
ジャンル ポップ, カントリー, ロック, R&B
職業 ソングライター
担当楽器 キーボード
活動期間 1983年 -
公式サイト http://www.realsongs.com/

{{{Influences}}}

ダイアン・ウォーレン: Diane Eve Warren1956年9月7日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のソングライター。彼女が制作した楽曲は、次の通り様々な賞にノミネートされている。アカデミー賞ノミネートが6回[1]ゴールデングローブ賞ノミネートが5回(うち1回受賞[2])、グラミー賞ノミネートが7回(うち1回受賞[3])。2001年にソングライターの殿堂入りした[4]

幼少期[編集]

彼女はカリフォルニア州バンナイズで生まれ育ったが、よくユダヤ人の子供と誤解されたと、語っている[5]。彼女は反抗的な子供だったため、自分の猫を誤って逃がしてしまったときにトラブルになったことを、ナショナル・パブリック・ラジオのスコット・サイモンへ語った[6]。「音楽が私を救ってくれた」と彼女は言う。その後、彼女の母はソングライターとなる夢をあきらめて秘書の仕事をするように諭したが[7]、彼女の父は励まし続けた。その父への想いを綴った曲が「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」である。

経歴[編集]

彼女の最初のヒットはLaura Braniganの「Solitaire」で、1983年の全米シングルチャートで7位を記録した[5]

ほとんどのダイアンの曲はロマンチックなテーマを扱っているが、彼女は結婚歴はない[8]

彼女は、すべて異なるアーティストの7曲を同時にビルボードのシングルチャートへ登場させた初めてのソングライターである。ウォーレンは出版社「Realsongs」を所有しており、そこで作品の管理をしている。また、彼女の曲はInternet Movie Databaseに登録されている70以上の映画・テレビ番組で使用されている[9]

2004年に彼女が作曲したラブソングのコンピレーション・アルバム『Diane Warren Presents Love Songs』を発表した。「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」(アーティストはセリーヌ・ディオン)、「アン-ブレイク・マイ・ハート」(アーティストはトニ・ブラクストン)などを収録している。「ハウ・ドゥ・アイ・リヴ」についてはリアン・ライムスのヴァージョンではなく、トリーシャ・イヤウッドのヴァージョンが収録されている(リアン・ライムスの曲としては「キャント・ファイト・ザ・ムーンライト」が収録されている)。近年ではダイアンは「バラードの女王」と呼ばれている。

2009年、ユーロビジョン・ソング・コンテスト2009イギリス代表のため、アンドルー・ロイド・ウェバーと共同で「It's My Life」という曲を制作している[10][11] 。この曲はジェイド・イーウェンが歌い、2002年以降最高となる全英シングルチャートで5位を記録した[12]

2010年、ダイアン・ウォーレンはグローバルな女性歌手や男女の作曲家を発掘するため、Avon Voices の審査員となってエイボン・プロダクツへ協力した[13]

代表曲[編集]

ダイアンは様々なアーティストのために1000曲以上書いている。以下に主なヒット曲を記述する。

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

[1]

ゴールデングローブ賞[編集]

[2]

グラミー賞[編集]

[3]

  • 「愛はとまらない」(ノミネート)
  • 「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」 - 第39回グラミー賞受賞
  • 「ハウ・ドゥ・アイ・リヴ」(ノミネート)
  • 「ミス・ア・シング」(ノミネート)
  • 「ミュージック・オブ・マイ・ハート」(ノミネート)
  • 「永遠に愛されて〜パール・ハーバー愛のテーマ」(ノミネート)

脚注[編集]

  1. ^ a b http://awardsdatabase.oscars.org/ampas_awards/DisplayMain.jsp;jsessionid=893547D2EC56123658029684C2B63941?curTime=1252230091858
  2. ^ a b Golden Globes website
  3. ^ a b Grammy Awards website
  4. ^ Songwriters Hall of Fame website
  5. ^ a b Nash, Alanna (1998年3月), "She writes the songs that make the whole world sing". Good Housekeeping. 226 (3):26
  6. ^ Stark, Phyllis (2000-06-03), "Thanks To 'How Do I Live', Diane Warren Finds A Home For Her Songs In Nashville". Billboard. 112 (23):55
  7. ^ Laskow, Michael. “Diane Warren - Interviewed by Michael Laskow”. bmusic.com. 2009年11月28日閲覧。
  8. ^ www.nerve.com
  9. ^ ダイアン・ウォーレン - インターネット・ムービー・データベース(英語) Retrieved 2007-10-04.
  10. ^ Sanderson, Elizabeth (2009年1月24日). “We wrote the Eurovision song in two hours, says Lloyd Webber”. Daily Mail. 2009年1月24日閲覧。
  11. ^ Klier, Marcus (2009年1月25日). “United Kingdom: Song title announced”. ESCToday. 2009年1月25日閲覧。
  12. ^ Norway voted Eurovision winners”. BBC News (2009年5月16日). 2009年5月17日閲覧。
  13. ^ http://www.avonvoices.com

外部リンク[編集]