ダニー・ケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Danny Kaye
ダニー・ケイ
ダニー・ケイ
1945年10月25日、佐世保市にてアメリカ軍を慰問するダニー・ケイ
本名 デーヴィッド・ダニエル・カミンスキー
生年月日 1913年1月18日
没年月日 1987年3月3日(満74歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 ユダヤ系
職業 俳優歌手、エンターテイナー
活動内容 映画、歌手
配偶者 あり
主な作品
映画
ホワイト・クリスマス
5つの銅貨
虹を掴む男

ダニー・ケイDanny Kaye, 1913年1月18日 - 1987年3月3日)は、アメリカ合衆国俳優歌手コメディアン。本名デーヴィッド・ダニエル・カミンスキー(David Daniel Kaminsky)。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

ニューヨーク州ブルックリンにて、ウクライナからのユダヤ系移民の親の元に生まれる。幼い頃から歌とおしゃべりが好きで、高校中退後劇団に入り下積みを経験し、1939年の『The Straw Hat Revue』でブロードウェイデビューを果たす。

1934年には、ショーの一員として中国日本へツアーを行なっており、大阪公演の際に台風に見舞われ、停電となったが、観客を落ち着かせるためにライトを手に舞台に上がり、知っているかぎりの歌を歌った。言葉の通じない客を楽しませるためにパントマイムや顔芸を駆使し、このときの経験がのちの芸風を形作ったと述べている。[1][2][3]

映画界入り[編集]

その後、1941年のブロードウェイ・ミュージカル『レイディ・イン・ザ・ダークLady in the Dark)』に出演し、さらにわずか39秒で50人のロシア人作曲家を早口で暗唱する『チャイコフスキー(Tchaikovsky and Other Russians)』という曲で大絶賛を浴びた。

さらに、彼の才能に注目した映画製作者サミュエル・ゴールドウィンの誘いにより映画界入りを果たし、1944年に『ダニー・ケイの新兵さん』で映画デビューを飾る。 以降、『ダニー・ケイの天国と地獄』や『虹を掴む男』、『ホワイト・クリスマス』、『五つの銅貨』等、数々の映画に出演。独特の早口で歌う様やコミカルな演技で人気を博した。

野球好き[編集]

1977年から1981年までマリナーズの共同オーナーであった[4][5]

ユニセフ親善大使[編集]

1954年には国連ユニセフに参加、以後亡くなるまで親善大使として尽力する。その活動と芸達者ぶりが評価され、同年のアカデミー賞では特別賞を受賞した。

その後、活躍の舞台を映画からテレビやブロードウェイ・ミュージカルに移行。1963年から1967年までCBSで放送されたテレビのバラエティー『ダニー・ケイ・ショー』では、1963年度のエミー賞を受賞。またユニセフ親善大使としては世界各国のチャリティ・ショーのステージに立ち続けた。

また、度々お忍びで来日しては日本の福祉施設を回っていたが、それを表には出さず、マスコミに見つかっても「日本のお寺をじっくり見たかったんです」とごまかしていたという。この姿勢に感銘を受けたのが坂本九で、彼も地方公演の合間を縫って色々な福祉施設を訪れることを心がけていた。

指揮者[編集]

ダニーは楽譜が読めなかったが、オーケストラの指揮者としても活動し、ヨーロッパで1973年にストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団に客演した際のライヴ録音(チャイコフスキーくるみ割り人形組曲-現在BISレーベルのストックホルム・フィル75周年記念ボックスに収録。)が残されている。

本国アメリカでは、1981年9月に行なったニューヨーク・フィルハーモニックとの演奏会が語り継がれている。同楽団の常任指揮者であったズービン・メータの物真似をしたり、ハエ叩きを持ってリムスキー=コルサコフの『熊蜂の飛行』を指揮したりと、得意のコミカルな演技で聴衆を楽しませた(尚、この演奏会の模様は『ダニー・ケイとニューヨーク・フィルの夕べ』というタイトルでビデオレーザーディスクが発売されていたが、現在は廃盤になっている)。

死去[編集]

1981年のアカデミー賞では、長年のユニセフの活動に対してジーン・ハーショルト友愛賞を授与された。1987年、ロサンゼルスにて心臓発作で死去。74歳。ニューヨーク州ウエストチェスター郡ヴァルハラにあるケンシコ墓地(Kensico Cemetery)に埋葬された。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1944 ダニー・ケイの新兵さん
Up in Arms
ダニー・ウィームス
1945 ダニー・ケイの天国と地獄
Wonder Man
エドウィン・ディングル/バジー・ベロウ
1946 ダニー・ケイの牛乳屋
The Kid From Brooklyn
バーレイ・サリヴァン
1947 虹を掴む男
The Secret Life of Walter Mitty
ウォルター・ミッティ
1948 ヒット・パレード
A Song Is Born
ホバート・フリスビー教授
1949 ダニー・ケイの検察官閣下
The Inspector General
ジョージ
1951 南仏夜話・夫(ハズ)は僞者
On the Riviera
ジャック・マーティン/アンリ・デュラン ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
1952 アンデルセン物語
Hans Christian Andersen
ハンス・クリスチャン・アンデルセン
1954 あの手この手
Knock on Wood
ジェリー・モーガン/パパ・モーガン/クラレンス
ホワイト・クリスマス
White Christmas
フィル・デイヴィス
1955 ダニー・ケイの黒いキツネ
The Court Jester
ヒューバート・ホーキンス
1958 僕はツイてる
Merry Andrew
アンドリュー・ララビー
ダニー・ケイの戦場のドン・キホーテ
Me And The Colonel
S・L・ジャコボウスキー
1959 5つの銅貨
Five Pennies
レッド・ニコルズ ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
1961 ダニー・ケイの替え玉作戦
On The Double
アーニー・ウィリアムズ
1963 現金お断り
The Man From The Diner's Club
アーネスト
1969 シャイヨの伯爵夫人
The Madwoman of Chaillot
くずを拾う人
1981 スコーキー/ユダヤとナチの凄絶な戦い
Skokie
マックス・フェルドマン テレビ映画

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://books.google.co.jp/books?id=5jr9L--C4tMC&pg=PA247&dq=danny+kaye+cooking&redir_esc=y#v=onepage&q=danny%20kaye&f=false
  2. ^ http://news.google.com/newspapers?id=kO5VAAAAIBAJ&sjid=dOEDAAAAIBAJ&pg=7184,629748&dq=danny+kaye&hl=en
  3. ^ http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,776720-1,00.html
  4. ^ “Danny Kaye, comedian who loved children, dead at 74”. Star-News. (1987年3月4日). http://news.google.com/newspapers?id=A-EyAAAAIBAJ&sjid=2RMEAAAAIBAJ&pg=3090,1636996&dq=danny+kaye&hl=en 2010年12月15日閲覧。 
  5. ^ “Major League Baseball Returns To Seattle”. The Leader-Post. (1976年2月9日). http://news.google.com/newspapers?id=BDZVAAAAIBAJ&sjid=-D0NAAAAIBAJ&pg=3564,1956170&dq=danny+kaye&hl=en 2011年1月15日閲覧。 

関連項目[編集]

  • 山田康雄日本の俳優。ダニーの演技に惹かれて役者になろうと思ったという)
  • 谷啓(芸名の参考にした)

外部リンク[編集]