ピーター・セラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーター・セラーズ
Peter Sellers
ピーター・セラーズPeter Sellers
本名 Richard Henry Sellers
生年月日 1925年9月8日
没年月日 1980年7月24日(満54歳没)
出生地 イングランドの旗 イングランドハンプシャー
国籍 イギリスの旗 イギリス
配偶者 Anne Howe (1951 - 1961)
ブリット・エクランド(1964年 - 1968年)
Miranda Quarry (1970 - 1974)
Lynne Frederick (1977 - 1980)

ピーター・セラーズ, CBEPeter Sellers, 1925年9月8日 - 1980年7月24日)は、イギリスコメディアン喜劇俳優。本名はRichard Henry Sellers(リチャード・ヘンリー・セラーズ)。しかし幼少時から両親に「ピーター」と呼ばれていた。これは死産だった兄の名前という[1]

生涯[編集]

イギリスのハンプシャー、サウスシーに生まれ。両親共に芸人で、2歳で初舞台を踏んだ[2]。ダンスのほか、ウクレレバンジョーなど楽器の演奏にも才能を現し、ジャズバンドのドラマーとして公演旅行も行った。また、ウィンドミル・シアターに出演したことでも知られている。

第二次世界大戦中にイギリス空軍に入隊し、終戦までに兵長に昇任した。慰問の任務で芝居をしていたほか、任務の合間に上官の物真似をしていたことが、後の演技に役立ったようだ。映画『ピーター・セラーズのマ☆ウ☆ス』や『博士の異常な愛情』では一人三役を演じて評判になるなど、作品ごとに声や発音を使い分け、フランス人・イタリア人・インド人・中国人など、様々な国のキャラクターを巧みに演じ分けて、観客の笑いと感嘆、そして天才の名を得た。

成功は比較的遅かった。あるテレビプロデューサーと話をしたいが為に、当時有名だったコメディアンケネス・ホーンの声帯模写をして電話をかけたという。その後、BBCラジオの『ザ・グーン・ショー』に出演することになり、スパイク・ミリガン、ハリー・シーカム、マイケル・ベンティンらのコメディアン達と共に人気を得て、後に黎明期のテレビへも進出することとなる。

1950年に映画初出演。1956年の『マダムと泥棒』でコメディアンとしての評価を得る。1959年にはイーリング・スタジオ製作の喜劇に出演した。

1963年に公開された『ピンクの豹』で演じたクルーゾー警部は脇役であったが、主役を食うほどの抱腹絶倒の演技で一躍話題となり、クルーゾー警部を主役に据えて制作された『ピンク・パンサー』シリーズで、世界に名を馳せる俳優となった。1979年公開の『チャンス』でゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。

1980年夏に、心臓発作のため54歳で急逝。39歳で大きな心臓発作に襲われて以降、ペースメーカーを装着していた。彼の死後に公開された『ピンク・パンサーX』は、未公開フイルムをつなぎ合わせたオマージュ的作品である。公開順では『天才悪魔フー・マンチュー』(怪人フー・マンチュー博士と彼を追うネイランド・スミス卿の二役を演じた)が後であるが、撮影順による最後の作品は1979年公開の『チャンス』であり、同作が遺作となる。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1955 マダムと泥棒
The Ladykillers
ハリー
1957 ピーター・セラーズの地上最小のショウ
The Smallest Show on Earth
パーシー・クイル
赤裸々な事実
The Naked Truth
ソニー・マグレガー
1958 転覆騒動
Up the Creek
ドハーティ
親指トム
Tom Thumb
アンソニー
1959 ピーター・セラーズのマ☆ウ☆ス
The Mouse That Roared
Grand Duchess Gloriana XII / Prime Minister Count Rupert of Mountjoy / Tully Bascombe
ピーター・セラーズの 労働組合宣言!!
I'm All Right Jack
フレッド・カイト/ジョン・ケナウェイ卿 英国アカデミー賞男優賞 受賞
1960 泥棒株式会社
Two Way Stretch
ドジャー・レイン
喰いついたら放すな
Never Let Go
ライオネル・メドウズ
求むハズ
The Millionairess
Dr. Ahmed el Kabir
1962 ワルツ・オブ・ザ・トレアドールズ
Waltz of the Toreadors
レオ・フィッツジョン
ミサイル珍道中
The Road to Hong Kong
インド人神経学者 クレジットなし
ロリータ
Lolita
クレア・キルティ
トライアル・アンド・エラー
The Dock Brief
ウィルフレッド・モーゲンホール
1963 新・泥棒株式会社
The Wrong Arm of the Law
パーリー・ゲイツ
ヘブンズ・アバーブ
Heavens Above!
ジョン・スモールウッド
ピンクの豹
The Pink Panther
ジャック・クルーゾー警部
1964 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか
Dr. Strangelove or:How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb
ライオネル・マンドレイク/マフリー大統領/ドクター・ストレンジラブ
マリアンの友だち
The World of Henry Orient
ヘンリー・オリエント
暗闇でドッキリ
A Shot in the Dark
ジャック・クルーゾー
1965 何かいいことないか子猫チャン
What's New Pussycat?
フリッツ・ファスベンダー博士
1966 紳士泥棒 大ゴールデン作戦
Caccia alla volpe
1967 007 カジノ・ロワイヤル
Casino Royale
イヴリン・トレンブル/ジェームズ・ボンド
女と女と女たち
Woman Times Seven
ジャン
無責任恋愛作戦
The Bobo
Juan Bautista
1968 パーティ
The Party
Hrundi V. Bakshi
太ももに蝶
I Love You, Alice B. Toklas
ハロルド
1970 マジック・クリスチャン
The Magic Christian
ガイ・グランド 脚本・出演
1972 不思議の国のアリス
Alice's Adventures in Wonderland
3月ウサギ
1973 ピーター・セラーズのおとぼけパイレーツ
Ghost in the Noonday Sun
ディック・スクラッチャー
別れの街角
The Optimists of Nine Elms
サム
1974 これがピーター・セラーズだ!/艶笑・パリ武装娼館
Soft Beds, Hard Battles
Général Latour / Major Robinson / Herr Schroeder
1975 ピンク・パンサー2
The Return of the Pink Panther
ジャック・クルーゾー警部
1976 名探偵登場
Murder by Death
シドニー・ウォン
ピンク・パンサー3
The Pink Panther Strikes Again
ジャック・クルーゾー警部
1978 ピンク・パンサー4
The Revenge of the Pink Panther
ジャック・クルーゾー警部
1979 ゼンダ城の虜
The Prisoner of Zenda
Rudolf IV / Rudolf V / Syd Frewin
チャンス
Being There
チャンス ゴールデングローブ賞 受賞
1980 天才悪魔フー・マンチュー
The Fiendish Plot of Dr. Fu Manchu
フー・マンチュー 脚本・出演

伝記映画[編集]

音楽[編集]

セラーズはいくつかのコメディ・シングルおよびアルバムをリリースしている。その多くはジョージ・マーティンによってプロデュースされた。

  • Any Old Iron (1957年)
  • Bangers and Mash (1961年)
  • A Hard Day's Night (1965年)(1993年)
  • Goodness Gracious Me (1960年)

参照[編集]

  1. ^ Sikov 2002, p. 5.
  2. ^ Lewis 1995, p. 25.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]