リチャード・プライヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・プライヤー
リチャード・プライヤー
生年月日 1940年12月1日
没年月日 2005年12月10日(満65歳没)
出生地 イリノイ州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

リチャード・プライヤー(Richard Pryor, 1940年12月1日 - 2005年12月10日)は、アメリカ合衆国コメディアン俳優

略歴[編集]

アメリカ合衆国イリノイ州出身。売春婦宿で生まれ育ち、7歳でナイトクラブにドラマーとして出演。14歳で学校を抜け出しコメディクラブの清掃員になった。高校卒業後アメリカ陸軍に入り、2年後に除隊。その後、全米各地のナイトクラブを巡業するようになる。1966年頃から『エド・サリヴァン・ショー』等に出演した。

プライヤーは初期のころから「ニガー」や「マザーファッカー」など、米国では通常使用がためらわれる強い卑語を多く使っていた。しかし、その内容は彼の鋭い人間観察を反映しており、アメリカ社会に巣食う黒人差別を逆手に取った過激なものである (なお、プライヤーは1979年にアフリカへ旅行し、それ以降は「ニガー」という語を二度と使わないと宣言した)。1960年代後半から1980年代にかけてプライヤーは多くの作品を残し、特に1970年代後半からはジーン・ワイルダーとのコンビで『大陸横断超特急』などのヒット作を生み出した。エディ・マーフィークリス・ロックなど、多くのコメディアンに影響を与えたことから、プライヤーはこの時代におけるもっとも偉大なコメディアンのひとりと見なされることが多く、ジェリー・サインフェルドはプライヤーを「コメディにおけるピカソのような存在」と呼んでいる[1]

長年アルコールや薬物の依存に苦しんだことでも知られ、1980年6月9日、映画『Bustin' Loose』制作中にはコカイン使用の影響下で自らの身体に75度(151プルーフ)のラム酒をかけて火を点け、全身の50%以上に及ぶ大火傷を負い、一時活動を休止する、という事件を起こしている。[2][3]

1985年頃からは多発性硬化症のため20年に渡る闘病生活を送っていたが、2005年12月10日、心臓疾患のためロサンゼルス郊外の病院で死去。65歳没。

主な出演作品[編集]

脚本作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ CNN.com - Those we lost - Dec 28, 2005
  2. ^ Richard Pryor Live on the Sunset Strip / 日本未公開 (1982)”.  ::SOUL:: :ブラック・ムービー:Black Movie: (2006年4月21日). 2013年12月22日閲覧。
  3. ^ スター・クレイジー(映画パンフレット)”. 古本道楽堂. 2013年12月22日閲覧。

外部リンク[編集]