ダイアナ・ロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイアナ・ロス
2008年12月、オスロでノーベル平和賞コンサートでパフォーマンスするダイアナ・ロス(写真:Harry Wad)}
2008年12月、オスロノーベル平和賞コンサートでパフォーマンスするダイアナ・ロス(写真:Harry Wad)
基本情報
出生名 Diane Earle
出生 1944年3月26日(70歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト
ジャンル R&Bソウルポップディスコジャズ
職業 歌手音楽プロデューサー女優
活動期間 1959年 - 現在
レーベル Lu Pine Records、モータウンRCAレコード
共同作業者 スプリームスマーヴィン・ゲイジャクソン5マイケル・ジャクソンライオネル・リッチーシックフリオ・イグレシアステンプテーションズ

ダイアナ・ロスDiana Ross、Diane Ernestine Earle Ross、1944年3月26日 - )は、アメリカ合衆国の歌手。アメリカで最も成功した黒人女性歌手の一人であり、ブラックミュージック界の大御所である。

略歴[編集]

ミシガン州デトロイト出身。ハイスクール時代の1959年に、女性4人組のコーラス・グループ、プリメッツを結成。プリメッツは、1961年モータウンと契約、3人組となってシュープリームスとしてデビュー。

ダイアナは、シュープリームスのリードシンガーとして『Stop! In the Name of Love』『恋はあせらず(You Can't Hurry Love)』『キープ・ミー・ハンギン・オン』など、数々のヒット曲を放ち、トップスターの仲間入りを果たす。ほとんどのヒット曲は、モータウンの看板作曲家チームのホーランド=ドジャー=ホーランドの作品である。元々、ダイアナ一人が目立っていたスプリームスだったが、1967年にはメンバーチェンジを機に、ダイアナ・ロス&ザ・シュープリームスと正式にグループ名が変わった。

スプリームスの人気が一段落した1970年に、ダイアナはグループを脱退。ソロ歌手として活動を始める。ソロ転向後も、同年リリースの『エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ』を皮切りに、『タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング』『マホガニーのテーマ(Theme From 'Mahogany'(Do You Know Where You're Going To))』(日本では、ネスカフェのCM曲としても有名)などの全米1位ヒットを放ち、スーパースターとしての地位を確立した。

映画女優としても1972年ビリー・ホリデイの伝記映画『ビリー・ホリディ物語/奇妙な果実』に主演として起用され、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。主題歌がヒットした『マホガニー』でも主演を務めている。

1980年の『アップサイド・ダウン』では、ナイル・ロジャースのプロデュースによるディスコ・サウンドとセクシーなイメージ戦略で新境地を開いた。翌1981年には、ライオネル・リッチーとのデュエット曲『エンドレス・ラブ』が全米1位を記録。現在も、デュエット・バラードの定番となっている。

1984年に不慮の死を遂げたマーヴィン・ゲイ1973年にデュエット作をリリース)に捧げた『ミッシング・ユー』の後は、アメリカではヒットに恵まれていないが、イギリスでは引き続き安定した人気を誇っていたほか、日本でも1990年に『イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー』がテレビドラマ『想い出にかわるまで』の主題歌や、いすゞ自動車「BIGHORN」、『とんねるずのみなさんのおかげです』の挿入歌として起用され、洋楽では異例のヒットを記録している。

1985年にはUSAフォー・アフリカに参加し、ウィ・アー・ザ・ワールドのブリッジ部分でリード・ボーカルを採った。

1990年代以降は、公私に渡るトラブルもあり第一線からは退いているが、ポピュラー音楽界の偉人であることから、記念イベントなどで時折顔を見せている。2000年には、ニューヨークマディソン・スクウェア・ガーデンで行われた「ディーヴァズ・ライヴ“ダイアナ・ロス・トリビュート”」に、マライア・キャリードナ・サマーらと共に出演し、2005年にはアイルランドのアイドルグループ、ウェストライフがダイアナとのデュエット曲をリリース、久々の現場復帰を果たした。 また、幼い頃から親交が深いマイケル・ジャクソンの、遺言書にマイケルの子供達の後見人であるマイケルの母キャサリン亡き後の後見人に指名されているが、マイケルの追悼式や埋葬式には出席しておらず、これを受けるかに関しても公に発言していない。

ナンバーワン・ヒッツ[編集]

ダイアナはシュープリームス時代に12曲、ソロとして6曲、計18曲のビルボード1位のヒットを放っている。これはザ・ビートルズの20曲に次ぐ史上2位の記録である。

シュープリームス時代[編集]

  • Where Did Our Love Go (1964)
  • Baby Love (1964)
  • Come See About Me (1964)
  • Stop! In the Name of Love (1965)
  • Back in My Arms Again (1965)
  • I Hear a Symphony (1965)
  • You Can't Hurry Love (1966)
  • You Keep Me Hangin' On (1966)
  • Love is Here and Now You're Gone (1967)
  • The Happening (1967)
  • Love Child (1968)
  • Someday We'll Be Together (1969)

ソロ[編集]

  • Ain't No Mountain High Enough (1970)
  • Touch Me in the Morning (1973)
  • Theme from Mahogany (Do You Know Where You're Going To) (1975)
  • Love Hangover (1976)
  • Upside Down (1980)
  • Endless Love (1981)

日本公演[編集]

6月29日 東京厚生年金会館、7月4日 大阪フェスティバルホール、5日,6日 東京厚生年金会館
6月30日,7月1日() 日本武道館
11月11日,12日,13日 国立代々木競技場第一体育館、15日 横浜文化体育館、16日 静岡県営草薙体育館、17日 福岡サンパレス、19日 広島厚生年金会館
3月22日 大宮ソニックシティ、23日,24日 NHKホール、4月3日 新横浜プリンスホテル、4日,5日 NHKホール、7日 新高輪プリンスホテル、8日,9日 大阪フェスティバルホール、13日 名古屋センチュリーホール
  • 1994年  30th Anniversary Christmas Concert
12月11日 東京ドーム
  • 1996年  In Concert Always Is Forever
6月26日,27日 NHKホール、28日 神奈川県民ホール、30日,7月1日,2日 大阪フェスティバルホール、4日 名古屋センチュリーホール、6日 広島厚生年金会館、8日 福岡サンパレス、10日 仙台サンプラザ、11日 北海道厚生年金会館、13日,14日 東京ビッグサイト特設会場
  • 1997年  Super Concert in Osaka Dome
3月4日 大阪ドーム
  • 1998年  Motown 40th Anniversary Festival
11月25日 大阪ドーム、26日 東京ドーム
  • 1999年  Super Concert in Fukuoka Dome
7月28日 福岡ドーム
  • 2015年 Diana Ross In The Name of Love Tour
1月6日,7日 日本武道館

出演映画[編集]


影響を受けたアーティスト[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]