スプリームス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スプリームス
基本情報
別名 ザ・プライメッツ
ダイアナ・ロス&スプリームス
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト
ジャンル ポップR&Bソウルサイケデリック・ソウルモータウンドゥーワップディスコ
活動期間 1959年 - 1977年
レーベル Lu Pine(プライメッツ)
モータウン(スプリームス)
共同作業者 テンプテーションズフォー・トップスマーヴェレッツ
旧メンバー
フローレンス・バラード
ダイアナ・ロス
メアリー・ウィルソン
ベティ・マグロウン
バーバラ・マーティン
シンディ・バードソング
ジーン・テレル
リンダ・ロウレンス
シェリー・ペイン
スーゼイ・グリーン

ザ・スプリームス(The Supremes)は、アメリカ黒人系女性ボーカル・グループ1959年結成、1977年解散。長い活動期間の中で所属レコード会社や音楽性は何度か変わっているが、その全盛期は1964年から1969年までである。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第96位。

日本では従来、 supreme (「最高位の、最大級の」の意)の英音 [s(j)ʊpɹíːmz, s(j)uː-] から“シュープリームス”と表記されていた。近年[いつ?]米音 [səpɹíːmz, sʊ-] に近づけて“スプリームス”と表記する例が多いが、より正確には“ザ・スプリームズ ”である。

歴史[編集]

1959年ザ・プライメッツ(The Primettes)として結成。オリジナルメンバーは、ダイアナ・ロスメアリー・ウィルソンフローレンス・バラードベティ・マグロウンの4人。ベディはすぐバーバラ・マーティンに替わり、そのバーバラも抜けて1961年ザ・スプリームスと改名してモータウンと契約した頃には3人組となっていた。

スプリームスは、モータウンの社長ベリー・ゴーディ・ジュニアの強力なプッシュを受け、ホーランド=ドジャー=ホーランドの作曲・プロデュースの下でヒットを連発した。そして、1964年の「Where Did Our Love Go? (邦題:愛はどこへ行ったの)」が、初の全米No.1となったのを皮切りに、シングルが5作連続全米No.1を記録、スプリームスは一躍全米のアイドルグループとなる。

その後、1969年のダイアナ脱退前の最後のシングルとなった「Someday We'll Be Together (邦題:またいつの日にか)」まで、合計12作の全米No.1ヒットを生み出した。

1967年、ベリーのダイアナだけを前面に押し出した売り方に不満を募らせ、アルコール中毒に陥ったフローレンスが解雇され、シンディ・バードソングが加入。グループ名も、ダイアナ・ロス&ザ・スプリームス(Diana Ross & the Supremes)となった。フローレンスは、その後ソロ歌手として2枚のシングルを出したがヒットせず、1976年に亡くなっている(この悲劇を脚色して描いたのが、ミュージカルドリームガールズ」である)。1969年には、ダイアナが独立し、ソロに転向・替わりのリード歌手としてジーン・テレルが加わる。

ダイアナの抜けた70年代以後のザ・スプリームスは、ベリーの強力な後ろ盾を失ったことで次第にヒット・チャートからは遠ざかったものの、メアリーをリーダーとしてメンバーを入れ替えながら活動を続けた。1972年には、シンディの代わりにリンダ・ロウレンスが参加。1973年、ジーンとリンダが脱退し、再参加となるシンディとシェリー・ペインが加入。1976年には、再びシンディが抜け、代わりにスーゼイ・グリーンが参加した。

1977年、最後のオリジナルメンバーであったメアリーが独立を決意し、ロンドンでフェアウェル・コンサートが行われた。一般的には、この時点でスプリームスの歴史は幕を閉じたとされている。

1986年、元メンバーであるジーンとシェリー、リンダの3人が集まり、新たにスプリームスとして活動を再開する。オリジナルメンバーのいないこのスプリームスは、The FLOS(The Former Ladies of the Supremes 、「元・スプリームスの淑女たち」の略)と呼ばれて、オリジナルとは区別されている。ジーンの引退など、若干のメンバーチェンジを経て、このグループは現在も活動を続けている。

一方、全盛期のメンバーであるダイアナとメアリー、シンディの3人での再結成の動きもなくはなかったが、1983年、NBCテレビの特番での騒動をきっかけに、ダイアナとメアリーの不仲が表面化し、マスコミで報じられた。

1988年ロックの殿堂入りを果たす。

2000年、ダイアナは、スプリームス再結成ツアーの計画にメアリーとシンディを誘ったが、プロモーターの提示するダイアナとの待遇の違いから2人は固辞、代わりにFLOSからリンダとシェリーが加わったが、高価なチケット代金に加えて全盛期のメンバーでない2人への風当たりは強く、この中途半端な再結成プロジェクトは、ツアー半ばで打ち切られた。

メンバーの変遷[編集]

ミュージカル化と映画化[編集]

彼女達をモデルとしたミュージカルドリームガールズ』が、1981年に初演。2006年には、映画版『ドリームガールズ』が公開された。ダイアナをモデルとしたディーナ・ジョーンズ役に、ビヨンセ・ノウルズフローレンス・バラードをモデルとしたエフィ・ホワイト役にジェニファー・ハドソンメアリー・ウィルソンをモデルとしたローレル・ロビンソン役にアニカ・ノニ・ローズシンディ・バードソングをモデルとしたミシェル・モリス役にシャロン・リールが配役。 なお、スプリームスを売り出した、モータウンの創設者ベリー・ゴーディ・ジュニアをモデルとしたカーティス・テイラー・ジュニア役にジェイミー・フォックスが配役されている。

他にも、スプリームスから着想を得た作品としては1976年の音楽映画『スパークル英語版』がある(2012年に『ホイットニー・ヒューストン/スパークル』としてリメイクされている)。ただし、こちらは「1950年代から1960年代にかけてのデトロイトを舞台にした黒人女性ボーカル3人グループの物語」というだけで、スプリームスの実話とは無関係の完全なフィクションである。

主なヒット曲[編集]

  • When the Lovelight Starts Shining Through His Eye(1963)-邦題「恋のキラキラ星」
    3人組として初のヒット曲かつデビュー曲。
  • Where Did Our Love Go? (1964)-邦題「愛はどこへ行ったの」
  • Baby Love (1964)
    フジテレビ系ドラマな・ま・い・き盛りの劇中BGMとして使用されていた。
    Every Little Thingが、シングル「ハイファイ メッセージ」のカップリングとしてカヴァー。
    安室奈美恵が、「NEW LOOK」としてサンプリング(リメイク)して発表
  • Come See About Me (1964)
  • Stop! In the Name of Love (1965)
    高橋幸宏が、アルバム「音楽殺人」でカバー。
    globeがカヴァー曲として発表(ドラマ「スタアの恋」主題歌)。
    Holliesがカバーしてヒットさせた。
  • Back in My Arms Again (1965)-邦題「涙のお願い」
  • I Hear a Symphony (1966)-邦題「一人ぼっちのシンフォニー」
  • You Can't Hurry Love (1966)- 「恋はあせらず
    現在[いつ?]も、CMソングなどでよく使用される。
    フィル・コリンズがカバー。
  • My World Is Empty Without You (1966)- 邦題「二人だけの世界」
  • Love Is Like an Itching in My Heart (1966) - 邦題「乱れるハート」
  • You Keep Me Hangin' On (1966)
    大胆なアレンジを加えた、ヴァニラ・ファッジのカヴァーも知られる。
    キム・ワイルドがカバー。松本典子のカバーはキム・ワイルドヴァージョンのカバー。
  • Love is Here and Now You're Gone (1967)- 邦題「恋ははかなく」
  • The Happening (1967)-邦題「恋にご用心」
  • Some Things You Never Get Used to (1968)- 邦題「愛の終着駅」
  • Love Child (1968)
    スウィート・センセーションがカバー。
  • I'm Gonna Make You Love Me (1968)
  • I'm Livin' in Shame (1969)- 邦題「スラムの小鳩」
  • The Composer(1969)
  • Someday We'll Be Together (1969)- 邦題「またいつの日にか」
    これ以降は、ダイアナ脱退後の楽曲。
  • Up the Ladder to the Roof (1970)- 邦題「愛の階段」
  • Stoned Love (1970)
    全米7位を記録した、ダイアナ脱退後のスプリームスの代表曲。
  • Bad Weather (1973)
    スティービー・ワンダーによる作曲。
  • I'm Gonna Let My Heart Do the Walking (1976)