アレサ・フランクリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレサ・フランクリン
Arethafranklin.jpg
基本情報
出生名 アレサ・ルイーズ・フランクリン
出生 1942年3月25日(72歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 テネシー州メンフィス
ジャンル ソウル, R&B, Gospel, ジャズ
職業 シンガーソングライター, ピアニスト
担当楽器 , ピアノ/キーボード
活動期間 1956年 – 現在
レーベル コロムビア, アトランティック, アリスタ
共同作業者 ザ・スウィート・インスピレーションズ, キャロリン・フランクリン, アーマ・フランクリン

{{{Influences}}}

アレサ・フランクリンAretha Franklin1942年3月25日 - )[1]は、アメリカ合衆国の女性ソウル歌手。

ソウル・ミュージック歌手の中でも、サム・クックと共に一際ゴスペル・フィーリングの強い歌唱を持ち味としており、“クイーン・オブ・ソウル”あるいは“レディ・ソウル”の異名を持つ。血液型 は B型。

1960年代後半の作品群が特に有名で、オーティス・レディングと共にサザン・ソウルの隆盛に寄与した。1987年、女性アーティスト初のロックの殿堂入りを果たした[2]

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第1位に選ばれている[3]

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第9位に選ばれている。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第2位[4]

経歴[編集]

2005年11月9日、ホワイトハウスでの大統領自由勲章授与式後、涙をぬぐうアレサ・フランクリン(中央)。向かって左にいるのはロバート・コンクエスト、右はアラン・グリーンスパンで、同じく大統領自由勲章を授与された。

メンフィスの生まれ、デトロイト育ち。父C・L・フランクリン説教者として有名な教会牧師であり、母バーバラ・シガーズ・フランクリンは優れたゴスペル歌手であった。両親は、アレサが幼い頃から別居していたが、アレサは父のもとで育てられ、父の教会でゴスペルを歌っていた。

1961年にはコロムビア・レコードからデビューするが、同社は彼女をポピュラー・シンガーとして売り出し、ゴスペル・フィーリングを前面に出さなかった。このためか、当時のアレサのレコードは世間に大きなインパクトを与えるに至らなかった。

1967年に、アトランティック・レコードに移籍。同社のプロデューサーであるジェリー・ウェクスラーは、彼女のゴスペル・フィーリングを前面に押し出す方針を採り、レコーディングを同社の本拠地であるニューヨークではなく、アラバマ州マッスル・ショールズのフェイム・スタジオで行った。同社は、それまで南部色の強い歌手の作品をメンフィスのスタックス・スタジオでレコーディングしていたが、この頃スタックスとの間に対立が起きた為、その代替地としてフェイムが選ばれたものである。しかし、レコーディング開始後にアレサの夫テッド・ホワイトとフェイムのオーナーの間に論争が起きたのに伴い、ウェクスラーはフェイムでリズム・セクションを務めていたミュージシャンをニューヨークへ連れて行き、レコーディングを続行した[5]

この方針は成功を収め、アレサはアトランティックからの第1弾シングル「I Never Loved A Man (The Way I Love You)」とアルバムI Never Loved A Man The Way I Love Youをヒットさせた。そして、オーティス・レディングのカヴァー「Respect」で全米1位を獲得して、一躍スターの座に躍り出た。その後もLady SoulLive at The Fillmore Westなどのヒット・アルバムを送り出し、サザン・ソウル歌手としてはオーティス・レディングと人気を二分する存在となった。

1967年に、レディングが飛行機の墜落により死去したことがきっかけで飛行機恐怖症になり、海外公演を行わなくなった。(この影響により、バスで移動が出来ない北米以外の国では公演が行なわれていない。)

代表曲は「Chain Of Fools」(ドン・コヴェイ)、「(You Make Me Feel Like A) Natural Woman」(キャロル・キング)、「I Say A Little Prayer」(バート・バカラック)、「Bridge Over Troubled Water」(邦題:明日に架ける橋, サイモン&ガーファンクル)など。「Bridge Over Troubled Water」はゴスペルにアレンジされており、特に当時アパルトヘイトで苦しんだ南アフリカでヒットし、教会で賛美歌として歌われるようになる。

白人歌手の持ち歌のカヴァーも多いが、彼女が歌うと立派に“ソウルの名曲”となる。“単に男女の恋愛を描いた曲でも、アレサが歌うとまるで人類愛を歌っているように聞こえる”といった評価を受けている。

1972年に、ゴスペル・アルバム『Amazing Grace』を発表。

1970年代後半からヒットに恵まれない時期が続いたが、1980年代半ばに「Freeway of Love」、「I Knew You Were Waiting (For Me)」(全米1位、ジョージ・マイケルとのデュエットで、作曲はクライミー・フィッシャーサイモン・クライミー)などがヒット。かなりポップな曲調で賛否両論があるが、人気を復活させたプロデューサー、ナラダ・マイケル・ウォルデンの手腕は高く評価された。

2003年のアルバム『So Damn Happy』をもって引退を表明したが、それを撤回してライブなど精力的に活動している。 2009年のバラク・オバマ大統領の就任式において歌を披露した。

グラミー賞受賞回数は20回で、女性としては21回受賞のアリソン・クラウスに次ぐ記録である。 2005年には、大統領自由勲章を受章。 2009年1月20日、アメリカ合衆国第44代大統領バラク・オバマの就任式式典にて「My Country, 'Tis of Thee」("America")を祝唱した。

アリスタ・レコードとの契約は2003年で終了した模様だが、2007年には過去のデュエット曲に新曲2曲を加えたコンピレーションアルバム『Jewels in the Clown』を発売。2008年には、書店チェーンのボーダーズ独占で、クリスマス・アルバム『This Christmas, Aretha』をリリースした。その後、自身のインディーズレーベルAretha Recordsを立ち上げ、2011年に『A Woman, Falling Out of Love』を発売した[6]

アルバム[編集]

発表年 オリジナルタイトル 日本語タイトル Billboardチャート
1956 The Gospel Soul of Aretha Franklin
1961 Aretha
1962 The Electrifying Aretha Franklin
1962 The Tender, The Moving, The Swinging Aretha Franklin 69
1963 Laughing on the Outside
1964 Unforgettable: A Tribute to Dinah Washington
1964 Runnin' Out of Fools 84
1965 Yeah!: Aretha Franklin in Person 101
1966 Soul Sister 132
1967 Take It Like You Give It
1967 I Never Loved a Man the Way I Love You 貴方だけを愛して 2
1967 Aretha Franklin's Greatest Hits 94
1967 Aretha Arrives アレサ・アライヴズ 5
1967 Take a Look 173
1968 Lady Soul レディ・ソウル 2
1968 Aretha Now アレサ・ナウ 3
1968 Aretha in Paris アレサ・イン・パリス 13
1969 Soul '69 ソウル69 15
1969 Aretha's Gold 18
1970 This Girl's in Love With You ジス・ガール 17
1970 Spirit in the Dark 悲しき思い出 25
1971 Aretha Live at Fillmore West アレサ・ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト 7
1971 Aretha's Greatest Hits 19
1972 Young, Gifted and Black ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック 11
1972 Amazing Grace 至上の愛〜チャーチ・コンサート〜 7
1972 In the Beginning / The World of Aretha Franklin 1960-1967 160
1973 Hey Now Hey (The Other Side of the Sky) ヘイ!ナウ・ヘイ! 30
1974 Let Me in Your Life 輝く愛の世界 14
1974 With Everything I Feel in Me 燃える愛の炎 57
1975 You ユー 83
1976 Sparkle スパークル 18
1976 Ten Years of Gold 135
1977 Sweet Passion 甘い情熱 49
1978 Almighty Fire オールマイティ・ファイア 63
1979 La Diva 146
1980 Aretha アレサ 47
1980 Aretha Sings the Blues 想い出の旅路
1981 Love All the Hurt Away 36
1982 Jump to It ジャンプ・トゥ・イット 23
1983 Get It Right ゲット・イット・ライト 36
1985 30 Greatest Hits
1985 Who's Zoomin' Who? フリーウェイ・オブ・ラヴ 13
1986 Aretha ジャンピン・ジャック・フラッシュ 32
1987 One Lord One Faith One Baptism ゴスペル・ライブ 106
1989 Through the Storm 愛の嵐 55
1991 What You See is What You Sweat ホワット・ユー・スウェット 153
1992 Queen of Soul: The Atlantic Recordings
1994 Greatest Hits (1980-1994) 85
1994 The Very Best of Aretha Franklin: The 60's
1994 The Very Best of Aretha Franklin: The 70's
1996 Aretha Sings Standards
1997 Love Songs
1998 The Delta Meets Detroit: Aretha's Blues スリル・イズ・ゴーン(アレサ、ブルースを歌う)
1998 A Rose is Still a Rose ア・ローズ・イズ・スティル・ア・ローズ 30
1999 Greatest Hits
2001 Aretha's Best
2002 Queen in Waiting: Columbia Years 1960-1965 クイーン・イン・ウェイティング
2003 So Damn Happy ソー・デム・ハッピー 33
2007 Jewels in the Crown: All-Star Duets With the Queen 54
2007 Rare & Unreleased Recordings from the Golden Reign of the Queen of Soul レア&アンリリースド・レコーディングス 54
2008 This Christmas, Aretha
2011 A Woman, Falling Out of Love 54

シングル[編集]

アトランティック・レコード時代 (1967-1979)[編集]

発表年 タイトル チャート順位
US Hot 100 US R&B UK
1967 "I Never Loved A Man (The Way I Love You)" (A-Side) 9 1 --
1967 "Do Right Woman - Do Right Man" (B-Side) -- 37 --
1967 "Respect" 1 1 10
1967 "Baby I Love You" 4 1 39
1967 "(You Make Me Feel Like) A Natural Woman" 8 2 --
1967 Chain Of Fools" 2 1 43
1968 "Satisfaction" (UK release only) 37
1968 "(Sweet Sweet Baby) Since You've Been Gone" (A-Side) 5 1 47
1968 "Ain't No Way" (B-Side) 16 9 --
1968 "Think" (A-Side) 7 1 26
1968 "You Send Me" (B-Side) 56 28 --
1968 "The House That Jack Built" (A-Side) 6 2 --
1968 "I Say a Little Prayer" (B-Side) 10 3 4
1968 "See Saw" (A-Side) 14 9 --
1968 "My Song" (B-Side) 31 10 --
1969 "The Weight" (A-Side) 19 3 --
1969 Tracks Of My Tears" (B-Side) 71 21 --
1969 "I Can't See Myself Leaving You" (A-Side) 28 3 --
1969 "Gentle On My Mind" (B-Side) 76 50 --
1969 "Share Your Love With Me" 13 1 --
1969 "Eleanor Rigby" 17 5 --
1970 "Call Me" 13 1 --
1970 "Spirit In The Dark"
(with the Dixie Flyers)
23 3 --
1970 "Don't Play That Song (You Lied)"
(with the Dixie Flyers)
11 3 13
1970 "Border Song (Holy Moses)" / "You And Me" 37 5 --
1971 "You're All I Need to Get By" 19 3 --
1971 "Bridge Over Troubled Water" / "Brand New Me" 6 1 --
1971 "Spanish Harlem" 2 1 14
1971 "Rock Steady" (A-Side) 9 2 --
1971 "Oh Me Oh My (I'm A Fool For You Baby)" (B-Side) 73 9 --
1972 "Day Dreaming" 5 2 --
1972 "All The King's Horses" / "April Fools" 26 7 --
1972 "Wholly Holy" 81 49 --
1973 "Master Of Eyes (The Deepness Of Your Eyes)" 33 8 --
1973 "Angel" 20 1 37
1973 "Until You Come Back to Me (That's What I'm Gonna Do)" 3 1 26
1974 "I'm in Love" 19 1 --
1974 "Ain't Nothing Like the Real Thing" 47 6 --
1974 "Without Love" 45 6 --
1975 "With Everything I Feel In Me" -- 20 --
1975 "Mr DJ (5 For The DJ)" 53 13 --
1976 "You" -- 15 --
1976 "Something He Can Feel" 28 1 --
1976 "Jump" / "Hooked On Your Love" 72 17 --
1977 "Look Into Your Heart" 82 10 --
1977 Break It To Me Gently" 85 1 --
1977 "When I Think About You" -- 16 --
1978 "Almighty Fire (Woman Of The Future)" 103 12 --
1978 "More Than Just A Joy" -- 51 --
1979 "Ladies Only" -- 33 --
1979 "Half A Love" -- 65 --

アリスタ・レコード時代以降 (1980-2012)[編集]

発表年 タイトル チャート順位
US Hot 100 US R&B UK
1980 "United Together" 56 3 --
1980 "What A Fool Believes" -- 17 46
1981 "Come To Me" 84 39 --
1981 "Love All The Hurt Away"
(with George Benson)
46 6 49
1982 "It's My Turn" -- 29 --
1982 "Jump To It" 24 1 42
1982 "Love Me Right" -- 22 --
1983 "This Is For Real" -- 63 --
1983 "Get It Right" 61 1 74
1983 "Every Girl (Wants My Guy)" -- 7 --
1985 "Freeway Of Love" 3 1 68
1985 "Who's Zoomin' Who" 7 2 11
1985 "Sisters Are Doin' It For Themselves"
(with Eurythmics)
18 66 9
1986 "Another Night" 22 9 54
1986 "Ain't Nobody Ever Loved You" -- 30 78
1986 "Jumpin' Jack Flash"
(with Keith Richards)
21 20 58
1987 "Jimmy Lee" 28 2 46
1987 "I Knew You Were Waiting (For Me)"
(with George Michael)
1 3 --
1987 "Rock-A-Lott" 82 25 84
1987 "If You Need My Love Tonight"
(with Larry Graham)
-- 88 --
1988 "If Ever A Love There Was"
(with Four Tops)
-- 18 --
1989 "Through The Storm"
(with Elton John)
16 17 41
1989 "It Isn't, It Wasn't, It Ain't Never Gonna Be"
(with Whitney Houston)
41 5 29
1989 "Gimme Your Love"
(with James Brown)
-- 48 79
1990 "Think" (UK release only)
(from movie The Blues Brothers)
31
1991 "Everyday People" -- 13 69
1991 "Someone Else's Eyes" -- 53 --
1991 "Ever Changing Times"
(with Michael McDonald)
-- 19 --
1992 "Someday We'll All Be Free" -- -- --
1994 "A Deeper Love"
(with Lisa Fischer)
63 30 5
1994 "Willing To Forgive" 26 5 17
1994 "Honey" 114 30 --
1996 "It Hurts Like Hell" 116 51 --
1998 "A Rose Is Still A Rose" 26 5 22
1998 "Here We Go Again" 76 24 68
1998 "In Case You Forgot" -- -- --
1999 "In The Morning" -- -- --
1999 "How Many Times" -- -- --
2003 "The Only Things Missin'" -- 53 --
2003 "Wonderful" -- 46 --
2007 "Put You Up On Game"
(with Fantasia)
-- 41 --
2012 "How Long I've Been Waiting" -- 91 --

出演映画[編集]

  • ブルースブラザーズ - The Blues Brothers (1980年)
    彼女の歌唱シーンで完全にリップシンクしていないのは、同じ歌でも2度と同じように歌えない歌手だからである。
  • ツイスト - Twist (1994年)
  • ブルース・ブラザース2000 - Blues Brothers 2000 (1998年)
  • トム・ダウド/いとしのレイラをミックスした男 - Tom Dowd & The Language Of Music (2003年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米国など英語圏ではアリーサ [əɹʷíːθə] と発音するのが一般的である。
  2. ^ futurerocklegends.com”. Future Rock Legends - Aretha Franklin. 2011年9月5日閲覧。
  3. ^ 100 Greatest Singers: Aretha Franklin”. Rolling Stone Music. 2011年9月5日閲覧。
  4. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  5. ^ Jerry Wexler : AllMusic - Biography by Steve Kurutz
  6. ^ Aretha Franklin to release first album in eight years | Music | guardian.co.uk

外部リンク[編集]