ロック・ステディ (アレサ・フランクリンの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロック・ステディ
アレサ・フランクリンシングル
収録アルバム ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック
B面 オー・ミー・オー・マイ
リリース 1971年10月11日[1]
規格 7インチ・シングル
録音 1971年2月16日 マイアミ クライテリア・スタジオ[1]
ジャンル R&Bソウル
時間 3分13秒
レーベル アトランティック・レコード
作詞・作曲 アレサ・フランクリン
プロデュース トム・ダウド、アリフ・マーディン、ジェリー・ウェクスラー
チャート最高順位
  • 9位(アメリカ[2]
  • 44位(ドイツ[3]
アレサ・フランクリン シングル 年表
スパニッシュ・ハーレム
(1971年)
ロック・ステディ
(1971年)
デイ・ドリーミング
(1972年)
テンプレートを表示

ロック・ステディ」(Rock Steady)は、アメリカ合衆国歌手アレサ・フランクリン1971年に発表した楽曲。作詞・作曲もフランクリン自身による。シングルとしてリリースされた後、1972年発表のアルバム『ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック』に収録された。

フランクリンの母国アメリカではBillboard Hot 100で9位、ビルボードのR&Bシングル・チャートで2位に達し[2]、1971年12月にはRIAAによってゴールドディスクに認定された[4]。また、B面の「オー・ミー・オー・マイ」もチャート入りして、1972年にはBillboard Hot 100で73位、R&Bシングル・チャートで9位を記録した[2]

音楽評論家のMatthew Greenwaldはオールミュージックにおいて「メンフィスR&Bと、その後まもなくディスコ・ミュージックとして知られるようになる音楽の間のギャップを遺憾なく埋めた」と評している[5]

他メディアでの使用例[編集]

フランクリンの歌唱による「ロック・ステディ」は、アメリカ映画『新生人 Mr.アンドロイド』(1987年公開)[6]、アメリカ映画『ハイ・フィデリティ』(2000年公開)[7]、アメリカ映画『Gracie』(2007年公開)[8]サウンドトラックで使用された。また、2011年発売のコンピュータゲーム『ドライバー:サンフランシスコ』のサウンドトラックで、本作の別ミックスのヴァージョンが使用された[9]

カヴァー、サンプリング[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ヤング・ギフティッド・アンド・ブラック』日本盤CD(WPCR-75443)英文ブックレット
  2. ^ a b c Aretha Franklin - Awards : AllMusic
  3. ^ Aretha Franklin | Single-Chartverfolgung - musicline.de
  4. ^ RIAA公式サイト内SEARCHABLE DATABASE - 引用符付きの"ROCK STEADY"と入力して検索すれば表示される
  5. ^ Rock Steady - Aretha Franklin : AllMusic - Review by Matthew Greenwald
  6. ^ Making Mr. Right (1987) - Soundtracks - IMDb.com
  7. ^ High Fidelity (2000) - Soundtracks - IMDb.com
  8. ^ Gracie (2007) - Soundtracks - IMDb.com
  9. ^ Driver: San Francisco - Full Soundtrack Listing | Saving Content - 2012年12月29日閲覧
  10. ^ Doctor Dolittle (1998) - Soundtracks - IMDb.com