リスペクト (オーティス・レディングの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リスペクト
オーティス・レディングシングル
収録アルバム オーティス・ブルー
B面 オール・マン・トラブル
リリース 1965年8月15日
規格 7インチ・シングル
録音 1965年7月
ジャンル R&Bソウル
時間 2分06秒
レーベル ヴォルト・レコード
作詞・作曲 オーティス・レディング
プロデュース ジム・スチュワート
チャート最高順位
  • 35位(アメリカ[1]
オーティス・レディング シングル 年表
愛しすぎて
(1965年)
リスペクト
(1965年)
お前をはなさない
(1965年)
テンプレートを表示

リスペクト」(Respect)は、アメリカ合衆国歌手オーティス・レディングが作詞・作曲して1965年に発表した楽曲。アルバム『オーティス・ブルー』(1965年9月発表)のために録音された曲の1つで、アルバムに先駆けて8月にシングルとしてリリースされ、同年にはレディングにとって2作目の全米トップ40ヒットとなった[2]

1967年アレサ・フランクリンによるカヴァーが全米1位を獲得し、オリジナル以上の大ヒットとなった。この件に関してレディングは「あの娘が俺からあの曲を盗んだ」と語っている[3]

オーティス・レディングの録音[編集]

オーティス・レディングによる1965年の録音は、ウィリアム・ベル(William Bell)がバッキング・ボーカルで参加したヴァージョンと、レディングのロード・マネージャーであるディック・シムズがバッキング・ボーカルで参加したヴァージョンの2種類が存在する[4]。シングルに使用されたモノラル・ヴァージョンはベルが参加したもので[4]、シムズが参加したヴァージョンは『オーティス・ブルー』のステレオ盤に収録された[5]。なお、レディングの録音でレコーディング・エンジニアを担当したトム・ダウド[6]は、アレサ・フランクリンによる1967年の録音でもアリフ・マーディンと共にエンジニアを務めている[7]

シングルとしてリリースされると、Billboard Hot 100では35位に達し、『ビルボード』誌のR&Bシングル・チャートでは4位に達した[1]

「リスペクト」はレディングのライヴで頻繁に歌われ、ライヴ録音も残された。1966年4月にウィスキー・ア・ゴーゴーで録音されたパフォーマンスは、没後の1968年に発表されたライヴ・アルバム『ウィスキー・ア・ゴーゴー』に収録された。1967年3月のヨーロッパ・ツアーにおける歌唱はライヴ・アルバム『ヨーロッパのオーティス・レディング』(1967年)に収録され、同年6月17日にモントレー・ポップ・フェスティバルに出演した時のパフォーマンスは、ジミ・ヘンドリックスとのスプリット・アルバム『Historic Performances Recorded at the Monterey International Pop Festival』(1970年)を含む様々な形で発表された。

1992年発売のコンピレーション・アルバム『リメンバー・ミー』には、「リスペクト」の別ヴァージョンが収録された。これは1967年の録音と言われているが、長い間レディングと共に活動してきたスティーヴ・クロッパーも、この録音のことは覚えていないという[4]

カヴァー[編集]

アレサ・フランクリンによるカヴァー[編集]

リスペクト
アレサ・フランクリンシングル
収録アルバム 貴方だけを愛して
B面 ドクター・フィールグッド
リリース 1967年4月16日[8]
規格 7インチ・シングル
録音 1967年2月14日 ニューヨーク アトランティック・レコーディング・スタジオ[8]
ジャンル R&Bソウル
時間 2分26秒
レーベル アトランティック・レコード
作詞・作曲 オーティス・レディング
プロデュース ジェリー・ウェクスラー
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ[9]
  • 7位(オランダ[10]
  • 10位(イギリス[11]
  • 17位(オーストリア[12]
  • 23位(ドイツ[13]
アレサ・フランクリン シングル 年表
貴方だけを愛して
(1967年)
リスペクト
(1967年)
ベイビー・アイ・ラヴ・ユー
(1967年)
テンプレートを表示

録音[編集]

アレサ・フランクリンは、アトランティック・レコード移籍第1弾アルバム『貴方だけを愛して』のために行われた1967年2月14日のレコーディング・セッションで、この曲を含む5曲を録音した[8]

フランクリンのヴァージョンには、オリジナルにはなかった新しいアレンジや歌詞も追加された。キング・カーティスによるサックス・ソロのパートは、サム&デイヴの楽曲「ホエン・サムシング・イズ・ロング・ウィズ・マイ・ベイビー」が元になっている[3]。また、フランクリンと妹キャロリン・フランクリンの案で、タイトルのスペル「R-E-S-P-E-C-T」を歌うパートや、「sock it to me」と歌うパートが追加された[14]

反響・評価[編集]

フランクリンによるカヴァーは、アメリカではBillboard Hot 100とR&Bシングル・チャートの両方で1位を獲得し[9]、1967年6月にはRIAAによってゴールドディスクに認定され[15]グラミー賞では最優秀R&Bレコーディング賞と最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞の2部門を受賞した[9]。また、フランクリンの楽曲としては初めて全英シングルチャート入りを果たし、最高10位に達した[11]

フランクリンのヴァージョンは、公民権運動フェミニスト運動におけるアンセムとして取り入れられた[16]。その後、1998年にはグラミーの殿堂入りを果たし[17]、2004年にはローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500で5位にランク・イン[18]。また、『デイリー・テレグラフ』が2004年に選出した「ベスト・カヴァー・ソングTOP50」では5位にランク・インした[19]

ロックの殿堂公式ウェブサイトでは「フランクリン最大の業績にして、ポピュラー音楽における不朽の金字塔」と評され[20]、ロックの殿堂が選出した「ロックン・ロールを形作った曲」の1つとして挙げられている[21]

他メディアでの使用例[編集]

フランクリンの歌唱による「リスペクト」は、多くの映画のサウンドトラックで使用された。例として『アメリカン・グラフィティ2』(1979年公開)[22]、『マドンナのスーザンを探して』(1985年公開)[23]、『セント・エルモス・ファイアー』(1985年公開)[24]、『ミスティック・ピザ』(1988年公開)[25]、『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994年公開)[26]、『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001年公開)[27]、『トゥー・ウィークス・ノーティス』(2002年公開)[28]等がある。

また、アメリカ映画『ブルース・ブラザース2000』(1998年公開)ではフランクリンとブルース・ブラザース・バンドが共演したヴァージョンが使用され、同作のサウンドトラック・アルバムにも収録された[29]

その他の主なカヴァー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Otis Redding - Awards : AllMusic
  2. ^ Otis Redding - Chart History | Billboard - 過去の記録に遡れば確認可 - 2014年2月7日閲覧
  3. ^ a b Respect - Aretha Franklin : AllMusic - Review by Ed Hogan
  4. ^ a b c 『オーティス・ブルー コレクターズ・エディション』日本盤CD(WPCR-12887/8)ライナーノーツ(ロブ・ボウマン)
  5. ^ 『オーティス・ブルー コレクターズ・エディション』英文ブックレット内クレジット
  6. ^ Otis Redding - Otis Blue / Otis Redding Sings Soul (CD, Album) at Discogs
  7. ^ Aretha Franklin - I Never Loved A Man The Way I Love You (CD, Album) at Discogs
  8. ^ a b c アメリカ盤リマスターCD『I Never Loved a Man the Way I Love You』(Rhino Records, R2 71934 / 1995)ブックレット
  9. ^ a b c Aretha Franklin - Awards : AllMusic
  10. ^ dutchcharts.nl - Aretha Franklin - Respect
  11. ^ a b ARETHA FRANKLIN | Artist | Official Charts
  12. ^ Aretha Franklin - Respect - austriancharts.at
  13. ^ Aretha Franklin | Single-Chartverfolgung - musicline.de
  14. ^ Respect by Aretha Franklin | Song Stories | Rolling Stone - 2013年1月3日閲覧
  15. ^ RIAA公式サイト内SEARCHABLE DATABASE - "RESPECT"と入力して検索→検索結果に表示された「ARETHA FRANKLIN」をクリックすれば表示される
  16. ^ Aretha Franklin's 'Respect' Celebrates 40th Birthday : NPR - 2013年1月3日閲覧
  17. ^ GRAMMY Hall Of Fame | GRAMMY.org - 2013年1月3日閲覧
  18. ^ 500 Greatest Songs of All Time: Aretha Franklin, 'Respect' | Rolling Stone - 2013年1月3日閲覧
  19. ^ 英国紙が“ベスト・カヴァー・ソングTOP50”を発表 - CDjournal.com - ニュース - 2013年1月9日閲覧
  20. ^ Aretha Franklin Biography | The Rock and Roll Hall of Fame and Museum - 2013年1月3日閲覧
  21. ^ Experience The Music: One Hit Wonders and The Songs That Shaped Rock and Roll | The Rock and Roll Hall of Fame and Museum - 2013年1月3日閲覧
  22. ^ More American Graffiti (1979) - Soundtracks - IMDb.com
  23. ^ Desperately Seeking Susan (1985) - Soundtracks - IMDb.com
  24. ^ St. Elmo's Fire (1985) - Soundtracks - IMDb.com
  25. ^ Mystic Pizza (1988) - Soundtracks - IMDb.com
  26. ^ Forrest Gump (1994) - Soundtracks - IMDb.com
  27. ^ Burijitto Jonzu no nikki (2001) - Soundtracks - IMDb.com
  28. ^ Two Weeks Notice (2002) - Soundtracks - IMDb.com
  29. ^ Blues Brothers 2000 - Original Soundtrack : AllMusic
  30. ^ Clarkson marches to the title | Variety - 2013年1月3日閲覧