ナチュラル・ウーマン (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナチュラル・ウーマン
アレサ・フランクリンシングル
収録アルバム レディ・ソウル
B面 ベイビー・ベイビー・ベイビー
リリース 1967年9月7日[1]
規格 レコード
録音 1967年2月16日 ニューヨーク アトランティック・レコーディング・スタジオ[2]
ジャンル ソウル
時間 2分45秒
レーベル アトランティック
作詞・作曲 ジェリー・ゴフィンキャロル・キングジェリー・ウェクスラー
プロデュース ジェリー・ウェクスラー
アレサ・フランクリン シングル 年表
ベイビー・アイ・ラヴ・ユー
(1967年)
ナチュラル・ウーマン
(1967年)
チェイン・オブ・フールズ
(1967年)
テンプレートを表示
キャロル・キングの2010年公演

ナチュラル・ウーマン」(: (You Make Me Feel Like) A Natural Woman((ユー・メイク・ミー・フィール・ライク)ア・ナチュラル・ウーマン))は、1967年にアメリカ人ソウル歌手、アレサ・フランクリンシングルビルボードホット100では第8位[3]を記録するなど、自身最大のヒットとなった。翌1968年に発売されたアルバム『アレサ・イン・パリス』には、ライブ・レコーディング音源も収録されている。

作詞・作曲ともキャロル・キングジェリー・ゴフィンによる共同作品で、アトランティック・レコードの共同オーナーでありプロデューサーのジェリー・ウェクスラーの後押しを受けての完成となった。

キャロル・キングは、1971年のアルバム『つづれおり』に本作のセルフ・カバーを収録した。また、セリーヌ・ディオンメアリー・J. ブライジSuperflyなどによるカバーが存在する。

アメリカで放映されたコメディ・ドラマ、「TVキャスター マーフィー・ブラウン」では、キャンディス・バーゲン演じる主人公のマーフィーが自宅で同曲を熱唱するシーンがある。後に、1991年11月11日に放映された同ドラマのエピソード「The Queen Of Soul」では、アレサが本人役で出演し、同曲をピアノで弾き語りした[4]

参考文献[編集]

  1. ^ 『Lady Soul』アメリカ盤リマスターCD(Rhino Records, 1995, R2 71933)英文ブックレット内トラック・リスト
  2. ^ Aretha Franklin - Lady Soul (CD, Album) at Discogs
  3. ^ Aretha Franklin - Chart history”. ビルボード. 2014年2月18日閲覧。
  4. ^ "Murphy Brown" The Queen of Soul (TV Episode 1991) - IMDb”. IMDb. 2014年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]