ジョージ・マイケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・マイケル
George Michael
ジョージ・マイケル(2006年)}
ジョージ・マイケル(2006年)
基本情報
出生名 ヨルゴス・キリアコス・パナイオトゥー
Georgios Kyriacos Panayiotou
出生 1963年6月25日(51歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ハートフォードシャー
ジャンル ポップ
職業 シンガーソングライター
活動期間 1979年 -
共同作業者 エグゼクティブ
ワム!
公式サイト www.georgemichael.com

{{{Influences}}}

ジョージ・マイケルGeorge Michael1963年6月25日 - )は、イギリス出身のシンガーソングライター。本名:ヨルゴス・キリアコス・パナイオトゥー (Georgios Kyriacos Panayiotou, Γεώργιος Κυριάκος Παναγιώτου)。

ポップデュオワム!での活動の後、ソロシンガーとしても成功をおさめた。

Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第74位[1]

略歴[編集]

出生[編集]

1950年代にイングランドに移住したギリシャキプロス人の父ジャック・パナイオトゥーと、ユダヤ系のルーツを持つ母レズリー・アンゴールド・ハリソンとの間の子として、1963年ロンドン郊外のフィンチレー、チャーチ・レーン73番地に産まれる。子供の頃から内気で、自分の中で「ジョージ・マイケル」という架空のヒーローを想像し続け、後に自分がデビューしてから、もう一人の架空の自分であるとして、「ジョージ・マイケル」を名乗るようになる。

ワム!結成[編集]

1975年ブッシー・ミーズ・スクールに入学し、アンドリュー・リッジリーと出会う。1979年エグゼクティブ結成(メンバーは、ジョージ・マイケル、アンドリュー・リッジリーの他、アンドリューの兄のポール・リッジリー、デヴィッド・オースティン、アンドリュー・リーヴァーの5人)。複数のレコード会社に持ち込むが相手にされず、後に解散する。1981年、アンドリュー・リッジリーと「ワム!」を結成、『Wham! Rap』 にてデビューし、数々のヒットを飛ばしたが、才能のあるジョージはソロでやっていくことを強く希望するようになり、解散が決定する。1986年6月28日ウェンブリー・アリーナにてワム!解散コンサート。以後、ソロ活動を開始する。

ソロシンガーとして[編集]

1986年、アレサ・フランクリンのアルバム『Aretha』に参加して「I Knew You Were Waiting (For Me)」をデュエット。この曲は1987年にシングル・カットされて全英・全米チャートの両方で1位を獲得する。

1987年、1stアルバム 『Faith』 発売。記録続きの大ヒットとなる。この時に作った数々の記録として、Faithツアー(1988年)が、アメリカでのその年のヒット商品に選出。“一番セクシーなお尻”(男性部門・1988年)に選出。Billboard アルバム部門年間チャート1位(1988年)。シングル部門年間チャート1位(『Faith』 1988年)。白人アーティストとして初のブラックアルバムレギュラーチャート1位(1988年)。1988年、2月19日東京日本武道館公演からFaithワールド・ツアーがスタート。

1990年、2ndアルバム『Listen Without Prejudice Volume.1』発売。しかし、前作ほどのヒットにはならず。ジョージ・マイケル個人としてはアルバムの出来に満足していたが、前作ほど所属レーベルがプロモーションに力を入れなかったこともあり売れ行きは鈍く、しかもレーベル会社のソニーは商業的に前作を下回った為に酷評をする(酷評したのは当時のソニ-の社長、トミー・モトーラという)。これに怒ったジョージ・マイケルは、「ソニーはアーティストをアーティストとして扱わない。こんな会社ではクリエイティヴな仕事は出来ない」と、ソニーを相手に契約無効を訴える裁判を起こす。本来2枚組になる予定だった『Listen Without Prejudice』は、2枚目の制作が間に合わず、先行して1枚をvol.1として発売。「Crazyman Dance」、「Happy」など収録予定だったアルバム『Listen Without Prejudice Volume.2』を出す予定だったが、この泥沼化した裁判により、発売が無くなってしまう。後に「Happy」は、エイズチャリティ・アルバム『Red Hot + Dance』に収録して発表。「Crazyman Dance」は、上記『Red Hot+Dance』に提供した新曲「Too Funky」のシングルのカップリングとして発表した。また、このアルバム発売後、ワールドツアー「COVER TO COVER TOUR」を日本より行う。タイトルの示すとおり、ツアーの選曲内容は、半分以上が他のアーティストが歌ったカバー曲で選曲されており、オリジナル曲もワム!時代の曲を織り交ぜたりと、ソロデビュー後の曲は殆ど歌われなかった。カバーの選曲がツアーで廻ったアメリカやヨーロッパでは有名な曲ばかりだったが、日本ではそれらの曲を殆ど知らない客が多かった為、評論家からは酷評された。このツアー以降、本人は「ツアーは行わない」と発言し、長年ツアーを行っていなかったが、2006年9月よりヨーロッパツアーを開始。

私生活[編集]

1998年に公衆わいせつの現行犯で逮捕された。"OUTSIDE"のプロモーションビデオでは、この事件のことを自らパロディにしている。のちにテレビ番組でゲイであることをカミングアウト。2006年2月26日未明、ロンドンの中心部に停まっている車の運転席で、もうろうとしているところを通行人に警察に通報され、車内からクラスCの薬物(大麻など)が見つかり、運転が不適であるとの理由から逮捕された。2010年には7月に大麻を吸引して車を運転したとして9月14日ロンドン治安判事裁判所より禁固8週間の実刑判決が下され、刑務所に収監された[2]

作品[編集]

George Michael on Stage
アルバム
  • Faith(1987年、1stアルバム)英1位・米1位
  • Listen Without Prejudice Volume 1(1990年、2ndアルバム)英1位・米2位
  • Older(1996年、3rdアルバム)英1位・米6位
  • Ladies And Gentlemen (The Best Of George Michael)(1998年、ベストアルバム)英1位・米24位
  • Songs From The Last Century (1999年、カバーアルバム)
  • Patience(2004年、4thアルバム)英1位・米12位
  • Twenty Five(2006年、ベストアルバム)
シングル
  • Careless Whisper(1984年)英1位・米1位
  • A Different Corner(1986年)英1位・米7位
  • I Knew You Were Waiting (For Me)(1987年、with アレサ・フランクリン)英1位・米1位
  • I Want Your Sex(1987年)英3位・米2位
  • Faith(1987年)英2位・米1位
  • Father Figure(1988年)英11位・米1位
  • One More Try(1988年)英8位・米1位
  • Monkey(1988年)英13位・米1位
  • Kissing A Fool(1988年)英18位・米5位
  • Praying For Time(1990年)英6位・米1位
  • Waiting For That Day(1990年)英23位・米27位
  • Mother's Pride(1990年)米46位
  • Freedom! '90(1990年)英28位・米8位
  • Heal The Pain(1991年)英31位
  • Cowboys And Angels(1991年)英45位
  • Don't Let The Sun Go Down On Me(1991年、with エルトン・ジョン)英1位・米1位
  • Too Funky(1992年)英4位・米10位
  • Somebody To Love(1993年、with クイーン)英1位・米30位
  • Killer(1993年)米69位
  • Jesus To A Child(1996年)英1位・米7位
  • Fastlove(1996年)英1位・米8位
  • Spinning the Wheel(1996年)英2位
  • Older(1997年)英3位
  • Star People '97(1997年)英2位
  • You Have Been Loved(1997年)英2位
  • Outside(1998年)英2位
  • As(1999年、with メアリー・J・ブライジ)英4位
  • If I Told You That(1999年、with ホイットニー・ヒューストン)英9位
  • Freeek!(2002年)英7位
  • Shoot The Dog(2002年)英12位
  • Amazing(2004年)英4位
  • Flawless (Go to the City)(2004年)英8位
  • Round Here(2004年)英32位
  • John and Elvis Are Dead(2005年)
  • An Easier Affair(2005年)
  • This is Not Real Love(2006年)

日本公演[編集]

出典[編集]

  1. ^ Rocklist.net...Q Magazine Lists..”. Q - 100 Greatest Singers (2007年4月). 2013年5月21日閲覧。
  2. ^ “元「ワム」のジョージ・マイケル、刑務所へ” (日本語). 読売新聞. (2010年9月15日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100915-OYT1T00387.htm 2010年9月15日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]