ウェンブリー・アリーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェンブリー・アリーナ
Wembley Arena, floodlit in pink - geograph.org.uk - 665133.jpg
施設情報
所在地 ロンドンウェンブリー
位置 北緯51度33分29.10秒 西経0度16分58.70秒 / 北緯51.5580833度 西経0.2829722度 / 51.5580833; -0.2829722
開場 1934年
所有者 Quintain Estates and Development plc
運用者 AEGファシリティーズ
旧称
エンパイア・プール(1934-1978)
使用チーム、大会
なし
収容能力
12,500

ウェンブリー・アリーナ: Wembley Arena)はイングランドロンドンウェンブリーにある世界的に有名なアリーナである。かつては別名でエンパイア・プールと呼ばれていた。1934年の大英帝国競技大会開催のために建設され、1948年のロンドンオリンピックでは競泳飛込競技水球競技が行われた[1]2012年の五輪では新体操バドミントン競技が実施[2]

ロンドンではO2アリーナアールズ・コート・エキシビション・センターに次ぐ3番目の規模を持つ屋内競技場であり、最高12300人収容できる。利用の多くはコンサートである。

屋内でのスポーツ競技ではボクシングの世界タイトルマッチ「アラン・ミンターマービン・ハグラー」の試合は伝説の試合となった他、イギリスのアイスホッケーリーグもここで行われていた。

プロレスではWWEロウスマックダウンが2006年4月に開催され、過去にはPPV大会であるインサレクションが開催されたこともある。近年では毎年のハウスショー公演に使用されている。また、WCWTNA等の団体も海外公演の際に使用したことがある。

また、世界の有名なアーティストがライブ活動を開催することでも有名である。イエススパイス・ガールズテイク・ザットウエストライフなどがその例で、特にウエストライフは2006年だけで23回公演をした。

2011年にはXファクターグランドファイナルの会場にもなった。

脚注[編集]

  1. ^ 1948 Summer Olympic official report. pp. 43, 49.
  2. ^ profile”. London2012.com. 2011年5月7日閲覧。

外部リンク[編集]