ジ・オーバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジ・オーバル
OCS Stand (Surrey v Yorkshire in foreground).JPG
施設情報
所在地 ロンドン・ケニントン
開場 1845年
所有者 コーンウォール公領
運用者 サリー・カウンティ・クリケット・クラブ
グラウンド 天然芝
使用チーム、大会
イングランド(クリケット)
収容能力
23,500人

ジ・オーバル(The Oval)はイングランドロンドンケニントンに位置するクリケット場。サリー・カウンティ・クリケット・クラブ(以下サリーCCCと呼ぶ)の本拠地であり、イギリスで最多、世界でもメルボルン・クリケット・グラウンドに次いで2番目に多くテストマッチを行っていた。

概要[編集]

1844年、かつての園芸農業場を改装し、翌1845年のサリーCCCの本拠と同時に完成。1868年にオーストラリアのアボリジニ人により編成されたチームとの国際試合が行われた他、1880年には後のジ・アッシズと呼ばれるテストマッチ第1戦の会場となった。

サッカーでも使われたことがあり、1870年から1889年までの12回、イングランドVSスコットランドの試合が行われていた[1][2]。そして1872年にはFAカップ第1回大会の決勝会場としても使用され[3]、1873年を除き1892年まで同地で決勝が行われていた。

ラグビーでは1872年から7回開催された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]