パディントン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パディントン駅

パディントン駅 (Paddington Station) あるいはロンドン・パディントン駅 (London Paddington) は、イギリス首都ロンドンパディントン地区にある、ナショナル・レールロンドン地下鉄鉄道駅である。

駅構造と路線[編集]

  • ナショナル・レール

頭端式ホームを備える。

ナショナル・レールのパディントン駅はブリストルバースウェールズ南部、コーンウォール方面への長距離列車とオックスフォードやロンドン西部への近郊路線を運行するファースト・グレート・ウェスタンおよびヒースロー空港とを結ぶヒースロー・エクスプレスのターミナルである。2005年夏に、イーリング・ブロードウェイ駅などの途中駅を経由してヒースロー空港に向かうヒースロー・コネクト (Heathrow Connect) の運行が開始された。チルターン・レイルウェイズも僅か1往復ながら乗り入れている。

  • ロンドン地下鉄

ロンドン地下鉄のパディントン駅は、ハマースミス&シティー線ディストリクト線サークル線ベーカールー線が乗り入ている。ハーマスミス&シティー線のプラットホームは他の3線の駅とは離れたナショナル・レール駅の北側の地上部に位置している。

歴史[編集]

パディントン駅は1854年に開設された。駅舎イザムバード・キングダム・ブルネルにより設計された。それを記念して駅のコンコースにはブルネルの像が置かれている。駅舎の細かな部分についてはブルネルの仲間であったマシュー・ディグビー・ワイアットによって設計されている。ホームの屋根(トレイン・シェッド)は錬鉄の柱に支えられた3連のガラス屋根になっている。それぞれの屋根の幅は20.7m、31.2m、21.3mで、長さは213mある。

1906年から1915年の間に駅は拡張され、北側に幅33mの四つ目のガラス屋根がそれ以前のものに平行して加えられた。

著作との関わり[編集]

くまのパディントンの銅像

マイケル・ボンド児童文学作品のキャラクター「くまのパディントン」の名は、彼がパディントン駅で見つけられたことに由来する。現在、駅構内には「くまのパディントン」の銅像がある。

また、『きかんしゃトーマス』の原作である『汽車のえほん』に登場するキャラクターである「機関車ダック」は、12巻2話『ゴードン、ロンドンへ』において、以前はパディントン駅で働いていたと語っている。なお、この話は映像化はされていない。

アガサ・クリスティーエルキュール・ポワロシリーズの『プリマス行き急行列車』では、犯行現場となるのが同駅発の列車である。ミス・マープルシリーズの『パディントン発4時50分』でも、同駅発の列車が物語の舞台のひとつとなっている。

バスとの接続[編集]

ロンドン・バスの7、15、23、27、36、46、205、332、436と深夜バスのN7、N15が接続している。

隣の駅[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
ビッショップ・ブリッジ・ロード側
ハマースミス&シティー線
ロイヤル・オーク駅 - パディントン駅 - エッジウェア・ロード駅
サークル線
ロイヤル・オーク駅 - パディントン駅 - エッジウェア・ロード駅
プレード・ストリート側
ディストリクト線
エッジウェア・ロード支線
ベイズウォーター駅 - パディントン駅 - エッジウェア・ロード駅
ベーカールー線
ワーウィック・アヴェニュー駅 - パディントン駅 - エッジウェア・ロード駅
サークル線
ベイズウォーター駅 - パディントン駅 - エッジウェア・ロード駅
ナショナル・レール
ファースト・グレート・ウェスタン
グリーンフォード支線
月曜日から土曜日だけ運行
パディントン駅 - アクトン・メイン・ライン駅
グレート・ウェスタン本線
パディントン駅 - スロウ駅またはレディング駅
ナイト・リビエラ
パディントン駅 - レディング駅
通勤列車
グレート・ウェスタン本線
パディントン駅 - アクトン・メイン・ライン駅(日曜日はイーリング・ブロードウェイ駅
ヒースロー・エクスプレス
パディントン - ヒースロー
パディントン駅 - ヒースロー・セントラル駅
ヒースロー・コネクト
パディントン - ヒースロー
パディントン駅 - イーリング・ブロードウェイ駅
チルターン・レイルウェイズ
パディントン駅 - ジェラーズ・クロス
月曜日から金曜日まで運行。
パディントン駅 - ウェスト・ルイスリップ駅

外部リンク[編集]