オックスフォード・ストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オックスフォード・ストリート

オックスフォード・ストリート(Oxford Street)は、ロンドン市中心部ウエストミンスター区を東西約2キロメートルに亘り貫く大通りである。年間2億人以上が訪れる、ヨーロッパで最も人通りが多いストリートであり[1]、300以上の店舗が連なる世界的なショッピング・ストリートとして有名である。

概要[編集]

Oxford Street W1

前述の通り、オックスフォード・ストリートは、ロンドンの大動脈である。その東端はニュー・オックスフォード・ストリートを挟んでハイ・ホルボーンと、西端はベイズウォーター・ロードにつながっており、それらをすべて合わせるとホルボーンからノッティング・ヒルまで約7.5キロの長さをほぼ一直線に繋いでいることになる[2]。オックスフォード・ストリートには多くのバスルートが設定されている。しかし朝夕のラッシュ時にはバスが数珠つなぎになり渋滞しており、バスを降りて歩いた方が早い場合もある。また2006年から1年に1度、12月の最初の土曜日に限り、歩行者天国にする試みが行われている。

道路標識

オックスフォード・ストリートが一番華やぐのはクリスマス・ショッピング・シーズンである。この時期は周囲のストリートと同様にオックスフォード・ストリートもライトアップされ、買い物客を楽しませている。このライトアップの点火式には多くの著名人が参加する。過去5年の点火式出席者は2008年シュガーベイブス、2007年レオナ・ルイス、2006年All Saints、2005年ウエストライフ、2004年エマ・ワトソン&イル・ディーヴォ&スティーヴ・レッドグレーヴである。

オックスフォード・ストリートは巨大なショッピング・ストリートである。しかし、所謂高級ブランドはオックスフォード・ストリートと縦に交差するボンド・ストリートリージェント・ストリートに集積しており、オックスフォード・ストリート自体には、デパートを除いて、庶民的なブランドの旗艦店が多いのが特徴である。特にオックスフォード・ストリートのほぼ真ん中にある、リージェント・ストリートとの交差点 (オックスフォード・サーカス)より東に小売店が多い。逆にオックスフォード・サーカスより西はイギリスを代表するデパートの本店が集積している。このオックスフォード・サーカスより西の部分だけで、店舗面積は330万スクウェア・フィート (約3,065,000平方メートル)を超える。これはイギリス第二、第三の都市、マンチェスターバーミンガムの再開発地区の店舗面積の合計を上回る[3]

上記のように膨大な店舗面積を持つオックスフォード・ストリートであるが、立地や人出のため、その賃料は高額である。世界58カ国で営業する不動産会社Cushman & Wakefield2007年に実施した調査によると、オックスフォード・ストリートの賃料はスクウェア・フィート (約30cm平方)あたり年間$631で、これはイギリスで2番目、ヨーロッパで4番目の高さで、東京銀座地区に匹敵する[4]。なお、イギリスで最も賃料が高額だったのはボンド・ストリートであるが、オックスフォード・ストリートが「イギリスで最も賃料が高いストリート」の座を譲ったのは20年間の調査で初めてとのことである[5]

歴史[編集]

1875年当時のオックスフォード・ストリート (現在のSelfridges前)

オックスフォード・ストリートは、古代ローマブリタンニア時代にイングランド南部ハンプシャーとロンドンの東北にあるコルチェスターとを繋ぐVia Trinobantinaという軍事道路の一部として、ロンドンの主要な道路となって以来、1500年以上の歴史を誇る。12世紀から18世紀前半にかけては、この通りは近くを流れるTyburnという小川にちないで'Tyburn Road'、ロンドン北西部Uxbridgeに接続することからUxbridge Road, 南東イングランドの大学都市オックスフォードに接続することからOxford Roadなどと呼ばれていた[6]

18世紀後半、オックスフォード=モーティマー伯エドワード・ハーレーが周辺の土地を手に入れ、開発に着手する。通りの名称もオックスフォード・ストリートに定まる。建築家James Wyatt設計のロンドン・パンテオン(London Pantheon)がオープンし、猛獣のショーや仮装パーティの会場になる。これを契機としてオックスフォード・ストリートは娯楽の通りとして有名なる。その後は、リージェント・ストリートなどがショッピング・ストリートとして開発されるに伴って、オックスフォード・ストリートもショッピング・ストリートとして変貌していき、今日のような形態になった。

オックスフォード・ストリートの主な店舗[編集]

オックスフォード・ストリートの店舗で最も特徴的なのはデーパートであろう。ハロッズに次ぐ規模でイギリスを代表する百貨店4つが本店を構えている。マークス&スペンサー最大の店舗もある。衣料品店としては世界最大の店舗面積を誇るTopshop[7]、そして日本のユニクロH&Mの旗艦店などもある。またオックスフォード・ストリートは世界的な音楽販売チェーンの創業地でもある。HMV1921年、オックスフォード・ストリート363番地に最初の店をオープンした[8]ヴァージンメガストア1971年、ストリートの東端に最初の店をオープンしている[9]。またストリート周辺にはローリング・ストーンズが初めてステージに立ったMarquee Clubセックス・ピストルズオアシスも演奏した100 Clubなどライブハウスナイトクラブが軒の連ねている。

主な店舗一覧[編集]

(2009年4月現在営業している店舗。最新情報はOxford Street 公式サイト[10]をご確認ください)

  • セルフリッジズ:イギリスで二番目に大きなデパート。約50,0000平方メートルの売り場面積を誇る[11]
  • ジョン・ルイス:イギリスで三番目に大きなデパート。布地や手芸用品が充実。
  • デベナムズ:インナーやTシャツが充実しているデパート。
  • ハウス・オブ・フレーザー:以前は'D H Evans'と呼ばれていたデパートチェーンの旗艦店。
  • マークス&スペンサー:イギリスを代表する国際小売チェーンで、オックスフォード・ストリートの店舗は同チェーンで最大。
  • HMV:音楽小売りチェーンの旗艦店。ヨーロッパ最大の店舗面積を誇る。
  • Primark:アイルランドの格安衣料品店の旗艦店。
  • ユニクロ:日本のファッションブランド。オックスフォード・ストリートに2つ店舗を持つ。
  • ディズニーストアディズニーのグッズを独占的に扱う専門店の旗艦店。
  • Schuh:オックスフォード・ストリート最大のシューズショップ。
  • ギャップ:アメリカ最大の衣料小売店のロンドンにおける旗艦店。
  • ベネトン:イタリアのファッションブランドのイギリスにおける旗艦店。
  • ナイキタウン:スポーツブランド'Nike'のイギリスにおける旗艦店。スポーツ専門店としてはヨーロッパ最大[12]
  • アディダス:ドイツのスポーツブランドのイギリス最初の直営店。

アクセス[編集]

オックスフォード・ストリートと交差する道路およ地下鉄駅(赤)、デパート(青)

ロンドン中心部を東西に走るオックスフォード・ストリートには、ウエスト・エンドの主要な通りが交差する。 地下鉄の駅も4つあり、多くのバスルートと併せて、アクセスが大変良い。

オックスフォード・ストリートと交わる主要な通り[編集]

東から西へ

オックスフォード・ストリートにある地下鉄駅[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Londoner : "Oxford Street gets its own dedicated local police team"
  2. ^ Google MapでHolborn CircusからPolland Park Roundaboutまでを計測
  3. ^ Oxford Street (East) Development Opportunities:Microsoft Word Document
  4. ^ Cushman & Wakefield:Main Streets Across the World 2007
  5. ^ BBC
  6. ^ British History Online - Oxford Street : The Development of the Frontage
  7. ^ TOPSHOP OXFORD CIRCUS UNVEILS WORLD'S LARGEST FASHION STORE WITH BILLIE, KAVANA AND 911
  8. ^ HMV History
  9. ^ coventry
  10. ^ http://www.oxfordstreet.co.uk
  11. ^ Shops: Retail Revamps
  12. ^ Londontown-Niketown

外部リンク[編集]

座標: 北緯51度30分51秒 西経0度09分04秒 / 北緯51.51417度 西経0.15111度 / 51.51417; -0.15111