マークス&スペンサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マークス&スペンサー
Marks & Spencer
Mands.gif
種類 公開会社
市場情報
LSE MKS
OTCBB MAKSY
略称 M&S
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
ロンドン
設立 1884年
業種 小売業
事業内容 フランチャイズ店
外部リンク http://www.marksandspencer.com/
テンプレートを表示

マークス&スペンサー(Marks & Spencer, 略称:M&S)は、プライベートブランド (PB) の衣料品・靴・ギフト商品・家庭用雑貨・食品などを販売するイギリスの小売事業者。イギリス国内に300店以上を展開するほか、約30カ国にフランチャイズ店を持つ。従業員数は英国内で約6万3,000人、海外を合わせると約8万人に上る。グループ全体の売上高は80億ポンド(約1.5兆円)を超える。

歴史[編集]

ロシア帝国から来た元難民でポーランド系ユダヤ人露天商のマイケル・マークスと、イギリス人のトム・スペンサーの2人が 1894年にリーズに開業。1905年にスペンサーが、1907年にはマークスが相次いで死去するが、その後も発展を続け、1926年には株式会社となる。1930年、本店をロンドン・マーブルアーチに開く。

1999年、オンラインショッピングができる“マークス&スペンサーウェブサイト”を開設。

特徴[編集]

イギリス・ドーセット州ボーンマスの店舗

マークス&スペンサーは早い段階からICタグを取り入れた商品管理を行っていた。下げ札式の電子タグを利用し、商品が売れたらその場でタグをちぎり取る。このICタグを利用することによって今どういう品物が売れているのかを豊富なバリエーションの中から把握できる。

2005年頃から始まり、今では全店舗にシステムが取り入れられている。このシステムは富士通のものである。

批判[編集]

イスラエルシオニズム)支援企業のひとつであるとしてパレスチナを支援するムスリムや国内外の左翼グループなどから批判されており[1]、店舗に「アパルトヘイトを支援するな」などと落書きされる事件も起きている[2]。マークス&スペンサー側は公式なコメントとして「我々は特定の政党や国を支援したり、献金を受けたりすることはない」としている[3]

事件[編集]

先述のイスラエルとの関係に関連して、1973年ロンドンのM&S社社長が暗殺未遂される事件が発生している。これには共産主義思想を持つ国際テロリストであるカルロス・ザ・ジャッカルが関与していた。

マークス&スペンサーを扱った作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]