H&M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エイチ・アンド・エム ヘネス・アンド・マウリッツ
H & M Hennes & Mauritz AB
H&M-Logo.svg
種類 AB
市場情報 OMX
略称 H&M
本社所在地 スウェーデンの旗 スウェーデン
Mäster Samuelsgatan 46, SE-106 38 Stockholm
業種 小売業
事業内容 衣料品販売
代表者 Karl-Johan Persson (CEO)
外部リンク http://www.hm.com/
テンプレートを表示

H&M(エイチ・アンド・エム)は、スウェーデンのアパレルメーカーエイチ・アンド・エム ヘネス・アンド・マウリッツ(H & M Hennes & Mauritz AB, スウェーデン語発音:ホー・オック・エム ヘンネス・オック・マウリッツ、日本ではヘネス・アンド・モーリッツとも表記される)が展開するファッションブランド。低価格かつファッション性のある衣料品を扱い、いわゆるファストファッションの一翼を担う企業のひとつである[1][2]

歴史[編集]

1947年にスウェーデン中部の都市ヴェステロースで創立。この時は婦人服を専門にしており、社名も「Hennes」(スウェーデン語で「彼女のもの」の意)であった。

1968年ストックホルムの狩猟用品店「Mauritz Widforss」を買収した際、この店の在庫の中に紳士服のストックがあったことから、これ以降紳士服も扱うことになり、店名も「Hennes & Mauritz」となった。その後「H&M」の略称を正式なブランド名とし、現在に至る。

特徴[編集]

商品の主力は手頃な価格の衣料品であるが、カール・ラガーフェルドステラ・マッカートニーヴィクター&ロルフマシュー・ウィリアムソンなどの有名デザイナーによるラインナップや、マドンナカイリー・ミノーグとのコラボレーションによる商品も発売したことがある。H&Mのブランドで化粧品も手がけている[3]

取り扱い商品[編集]

婦人服ではコートワンピースカットソードレスブラウスボトムスを取り扱い、紳士服ではジャケットパーカーセーターシャツパンツを扱っている。

世界で約100名いる同社のデザイナーが、各年10回の世界旅行を行い、旅行先で受けたインスピレーションをもとに、次々とデザインをすることで、毎日のように新製品を投入する商法を成り立たせている[4]

店舗展開[編集]

2012年時点でのH&Mの出店状況。色分けはその国における店鋪数を示す。
  300店鋪以上
  200店鋪以上
  100店鋪以上
  50店鋪以上
  20店鋪以上
  10店鋪以上
  1店鋪以上
  出店予定

1964年に最初のスウェーデン国外店舗としてノルウェーに進出。2009年時点で、35か国に約2,000の店舗を持ち、73,000名以上の従業員を擁している[5]

ヨーロッパではキプロスリトアニアマルタブルガリアルーマニアラトビアを除くほぼ全てのEU加盟国、またスイス・ノルウェーの非EU国、ロシアに進出しており、ほぼ全域に店舗がある。特にドイツでは、2004年に撤退したライバルのGAPから国内の全店舗を買収したことで、H&Mにとって最大の市場となっている。

北米では2000年3月にニューヨークにオープンしたのを皮切りに、フィラデルフィアボストンシカゴワシントンD.C.サンフランシスコなどの都市に出店。2004年にはカナダにも進出した。

中東では2006年にUAEドバイクウェートにフランチャイズの形で出店を果たし、さらに同地域での新規出店を予定している。

アジアでは2007年3月香港に、同年4月上海に、2009年4月北京、2010年3月ソウル、2011年9月シンガポール、2012年9月バンコククアラルンプールに出店している。

日本[編集]

エイチ・アンド・エム ヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパン株式会社
H&M Hennes & Mauritz Ltd.
H&M-Logo.svg
種類 株式会社
略称 H&M
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:150-0002
東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー27F
設立 2007年8月
業種 小売業
事業内容 衣料品販売
代表者 クリスティン・エドマン(代表取締役社長)
資本金 9,900万円
従業員数 約300名
外部リンク http://www.hm.com/jp/
テンプレートを表示

2008年9月13日に日本1号店が東京都中央区銀座中央通りに出店した。日本初出店ということで早くから話題となり、オープン当日には約5,000人が行列を作り、入場制限もされるほどの盛況であった[6]。H&Mの日本進出を受けて、商品の価格帯が重なるユニクロや、すでに日本進出していたザラなども店舗や品揃えの拡大を図るなどの対抗策に追われた[7]

同年11月8日には、2号店が渋谷区原宿明治通りに開店。この際には、コム・デ・ギャルソンとのコラボレーション商品も先行発売された[8]。さらに、2009年9月5日に横浜市西区ランドマークプラザに出店。この店舗では、日本では初となる子供服を取り扱う[9]

首都圏以外では、2010年3月6日、大阪市中央区ラズ心斎橋近畿圏初となる戎橋店を出店した。2011年秋に、福岡市博多区九州初出店。2012年には4月21日に名古屋市中区松坂屋名古屋店南館へ国内最大級の店舗 (3,175 m²) を出店[10]、11月には仙台市青葉区さくら野百貨店仙台店内に約2,000 m²の店舗がオープン。2013年に入ると4月12日に静岡市葵区MARK IS 静岡に、9月20日に広島市中区広島パルコ隣接地に[11]、11月9日に浜松市中区遠鉄百貨店別館UP-ONにオープンする[12]などさらなる店舗拡大を図った。また、これら中心市街地に限らず近年[いつ?]ではモレラ岐阜宇都宮インターパークイオンモール東員イオンモール和歌山など郊外型商業施設にも出店している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]