ヒューゴ・ボス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hugo Boss AG
企業形態 Aktiengesellschaft
取引所 FWBBOS3
業種 高級品
設立 1924
本部 ドイツメッツィンゲン
代表者等 Claus-Dietrich Lahrs (CEO and chairman of the managing board), Hellmut Albrecht (Chairman of the supervisory board)
製品 ハイファッション衣類、アクセサリー、靴
売上高 €1.729 billion (2010)[1]
営業利益 €263.9 million (2010)[1]
純利益 €185.9 million (2010)[1]
資産総額 €1.355 billion (end 2010)[1]
純資産額 €361.2 million (end 2010)[1]
従業員数 9,940 (end 2010)[1]
株主 ヴァレンティノ・ファッション・グループ
ウェブサイト hugoboss.com

ヒューゴ・ボスHUGO BOSS)はドイツファッションデザイナー、および紳士服の高級ファッションブランドである。

概要[編集]

ドイツで設立された、メンズファッション中心のファッションブランド。当初は軍服のデザインなどをしていたが、戦後のヒューゴ・ボスの死後、スーツを発表し紳士服ブランドとして定着する。スーツといった紳士服だけでなく、レディース、眼鏡、サングラス、香水、靴と幅広く展開。現在では世界100カ国以上にまで進出している。

沿革[編集]

創業[編集]

1923年にヒューゴ・ボスがドイツのメッツィンゲンに設立。設立当初はレインコートオーバーオールといった作業着ブランドであった。

ナチスとのかかわり[編集]

1933年よりナチス親衛隊ナチス突撃隊ヒトラー・ユーゲントの有名な黒や茶の制服の製造を手がけた[2][3]

戦後[編集]

戦争が終わり不況が続くが1953年に発表した男性用のスーツが人気を呼び、スーツのブランドとして定着していった。1980年代に入ると、香水や靴、ボディウェアなどの製品にも着手。1996年にはレディースウェアも発表する。現在はイタリアのヴァレンティーノグループの傘下にある。

モータースポーツとの係わりが深いことでも有名で、1980年代からF1マクラーレンチームのスポンサーとしてドライバーやチームスタッフ用のスーツ・ユニフォームなどを供給し続けている。また、1990年代前半のバブル景気時には、日本レイトンハウスの親会社の丸晶興産が400億円で買収するという話もあった。

1992年に発売されたサントリーの「BOSSコーヒー」がそっくりのロゴを使用したため、「BOSSコーヒー」のノベルティグッズの一つである「ボスジャン」を巡って争いとなり、商標権侵害を理由に同社がサントリーを訴えたこともあるが、その後サントリー側がロゴの使用時に条件を付けることを了承したため和解した。

参照[編集]

  1. ^ a b c d e f Annual Report 210”. Hugo Boss. 2011年5月5日閲覧。
  2. ^ “Hugo Boss Acknowledges Link to Nazi Regime”. The New York Times. (1997年8月15日). http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9B00E4DF153FF936A2575BC0A961958260 2008年9月25日閲覧。 
  3. ^ White, Constance C. R. "Patterns: Dealing with Hugo Boss's Nazi tie." The New York Times 19 August 1997: A20.

外部リンク[編集]