ハイネケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Heineken Pilsener
Heineken logo.svg
製造元 ハイネケングループ
販売開始 1873[1]
アルコール度数

5%

[2]
ビールの分類 ヘレス
初期比重 1.044–1.048[2]
IBU単位 23[2]
アムステルダムにあるハイネケンの元工場、現在は博物館になっている

ハイネケン(Heineken)は、オランダビール醸造会社及びブランド名。ハイネケングループの主要ブランド(現在プレミアムブランドとして位置づけられている)。

1863年ヘラルド・A・ハイネケンによって創立され、現在では世界170か国以上で販売、アンハイザー・ブッシュ・インベブSABミラーに次ぐ世界第3位のシェアを誇る世界的ビール会社。オランダも含めて世界100か国に醸造工場を持つ。アフリカアジアなどビール会社に技術指導を行っており、日本のビール会社にも多大な影響を与えている。

日本ではキリンビールとの合弁会社ハイネケン・キリン株式会社(2010年3月にハイネケンジャパン株式会社から商号変更)を通じて、いくつかのビールが販売されている。[3]カールスバーグデンマーク)やアンハイザー・ブッシュの製造するビール、バドワイザーとともに輸入・海外ブランドビールの一つとして認知されており、バーやレストランなどの飲食店でも飲める店が多い。

製品一覧[編集]

ハイネケン・グリーンボトル 5%[編集]

1873年に誕生したラガービール。緑色のボトルで、長年世界中で愛飲されている。ギネスバドワイザーと並ぶ最も有名な銘柄の一つ。さっぱりしており、ホップがフルーティーでとても飲みやすい。

ハイネケン・オールドブラウン 5.5%[編集]

通常のブラウン・エール。グリーンボトルより苦味が強く、アルコール度数も高い。現在日本国内で販売しておらず、ヨーロッパおよびアメリカ全土で販売されている。

ハイネケン・ダーク 6%[編集]

黒ビール(通称:ハイネケンブラック)黒色で濃厚で少し甘い。(GRAND PRIX PARIS 1889)金賞を2度受賞、その際「チョコレートリキュールのようなビールだ」と絶賛されたビール。

ハイネケン・スペシャルダーク 7%[編集]

ハイネケン・ダークをさらに濃厚にしたビール。

ハイネケン・ボック 6%[編集]

赤色の甘いビール(通称:ハイネケンレッド)イギリスやアメリカの数千を超えるバーで飲むことが出来る。

ハイネケン・バクラー 0.5%[編集]

ビールテイスト飲料と呼ばれる銘柄。妊娠中の女性や、アルコールを控えている男性のために作ったビール。アルコール度数を0.5%に抑えている。

日本国内[編集]

現在日本国内で販売されている製品は下記の通り。

  • ハイネケンびん (330mlショートネック/330mlロングネック)
  • ハイネケン缶 (350ml)
  • ハイネケン・ドラフトビール(7L/15L。樽はキリンビール各種と共通)
    グリーンラベルの瓶(ショートネックのみ)と樽生は以前から国産だったが、350ml缶も2007年2月より国産化されている(キリンビールのライセンス生産)。
  • ハイネケン・ダーク (355ml)
  • ハイネケン・バクラー(ビールテイスト飲料)(330ml)

企画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Heineken geschiedenis”. www.heineken.nl. ハイネケン. 2007年4月28日閲覧。
  2. ^ a b c Heineken fact sheet”. www.heinekeninternational.com. ハイネケン. 2007年5月1日閲覧。
  3. ^ http://www.heineken.co.jp/html/news/100219.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]