ブリティッシュ・アメリカン・タバコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ
British American Tobacco plc
種類 株式会社
市場情報
LSE BATS
略称 BTI
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
London, WC2R 2PG United Kingdom
設立 1902年
業種 Consumer Goods
事業内容 Cigarettes
代表者 Paul Adams
売上高 407億1300万ポンド(約5兆4,960億円)(2009年度)
営業利益 41億100万ポンド(約5,530億円)(2009年度)
従業員数 61,053人(2009年度)
決算期 12月末日
外部リンク www.bat.com
テンプレートを表示

ブリティッシュ・アメリカン・タバコBritish American Tobacco PlcLSEBATS)は、イギリスロンドンに本社を置く、世界第2位のタバコ製造販売企業。略称BAT又はBA。代表的な銘柄にラッキーストライクなどがある。

主要業務[編集]

ブリティッシュ・アメリカン・タバコが所有するブランドとして国際展開しているものは、ダンヒルケントラッキーストライクポールモールヴォーグロスマンズウィンフィールド英語版ステートエクスプレス555英語版クールバイスロイ英語版などがある。但し販売している各国でブリティッシュ・アメリカン・タバコが商標権、販売権を持っているわけではない。

世界展開[編集]

ブリティッシュ・アメリカン・タバコが製造または販売するローカルブランドは下記のものがある。

  • ベンソン&ヘッジズ(バングラデシュ)
  • ベルモント(コロンビア、チリ、ベネズエラ)
  • ジョッキークラブ(アルゼンチン)
  • ストラッドブローク(オーストラリア)
  • ハリウッド(ブラジル)
  • デュモリエ(カナダ)
  • プリンス(デンマーク)
  • ノースステート(フィンランド)
  • HB(ドイツ)
  • ソピアネー(ハンガリー)
  • ウィリス(インド)
  • アルダス(インドネシア)
  • キャロルズ、キャロルズキング、グランドパレード、ブラックエレン(ドイツ)
  • スウィートアフトン、メジャー(アイルランド)
  • ブーツ、アラン(メキシコ)
  • ゴールドリーフ(バングラデシュ、パキスタン)
  • ヤンIIIソビエスキ(ポーランド)
  • ヤヴァゴールド(ロシア)
  • コートレイ(南アフリカ)
  • パリジェンヌ(スイス)
  • マルテペ(トルコ)
  • ション(ウズベキスタン)
  • マルボロ(バングラデシュ)
  • クレーブンA(ベトナム、ジャマイカ)
  • BATスナス、ホリデイ、フリーダム、パークドライブ(ニュージーランド)
  • ロイヤルズ(イギリス)
  • エンバシー(ケニア)
  • バイスロイ、ニューポート、ラッキーストライク(ドミニカ共和国)
  • デルタ(エルサルバドル)

日本[編集]

日本では、ケントが最主力銘柄である。日本法人はブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン合同会社。

日本販売製品[編集]

紙巻
ブランド名 現行銘柄数 廃止銘柄数 備考
ケント 18銘柄 あり 主力ブランド
ラッキーストライク 7銘柄 あり
クール 11銘柄 あり メンソールブランド
カプリ 4銘柄 なし
ポールモール 3銘柄 あり
JPS 2銘柄 あり
カールトン 2銘柄 あり
ダンヒル 3銘柄 あり
ヴォーグ 4銘柄 あり 細巻たばこ
ロスマンズ 1銘柄 あり
葉巻
販売終了

モータースポーツとの関わり[編集]

コリン・マクレーがドライブした555カラーのスバル・インプレッサ

日本に輸入されていない銘柄としてState Express 555(ファイブ・ファイブ・ファイブ)があり、かつてこの銘柄は自動車メーカーSUBARUWRCワークスイメージとして555ロゴがデザインされ、よく知られていたが、F1でのスポンサードに注力する為に、WRCからは撤退することとなった(ただし2002年に再度スバルのスポンサーとして復帰している。2005年をもって撤退)。

F1では、古くは1970年代から80年代にかけてチーム・ロータスのスポンサーを務め、黒地に金字のジョン・プレイヤー・スペシャル塗装のマシンが活躍していた。

F1チームブリティッシュ・アメリカン・レーシング(後のB・A・R)の筆頭株主として創設に名を連ね、1999年から同チームメインスポンサーとしてF1に参加。

ラッキーストライクカラーのB・A・R 006をドライブするジェンソン・バトン

2000年以降、BAR・ホンダでは主にラッキーストライクブランドを宣伝しているが、スポンサーロゴには555も含まれており、2004年のF1中国GPでは、中国市場でのブランドの知名度を考慮し、アンソニー・デビッドソンの乗るサードカーのカラーリング及び、ドライバーとチームスタッフのユニフォームが、通常のラッキーストライクから555イメージのブルーに変更されているほか、2台のレースカーもラッキーストライクロゴが555ロゴに置き換えられている。ただし、カラーリングは従来と同じであった。2005年と2006年の中国GPでは、2台のレースカーも555イメージのブルーのカラーリングとなった。

B・A・Rが1999年にF1参戦開始するにあたり、アメリカIRLなどの様に、2台のカラーリングをラッキーストライクと555に分けて両ブランドを同時に露出させる戦略を狙ったが、F1のレギュレーション上同一チームは単一のカラーリングでなければならなかったことを指摘された為、苦肉の策としてマシンの中央から左右に分断(中央部にはファスナーが描かれていた)し、それぞれ左右で独立したラッキーストライクと555のカラー&デザインを施した。このカラーリングは妥協の産物に過ぎなかったこともあり、きわめて不評で、翌2000年にはラッキーストライクをイメージしたカラーリングに変更された。

2005年をもって、チーム株式を全てホンダに売却しチーム運営からは手を引き、その後はホンダF1チームのメインスポンサーとしてチームをサポートしたが、EU内でのタバコ広告規制に伴い2006年をもってスポンサー活動を終了した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]