サフラングループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サフラン
Safran S.A.
種類 S.A.
市場情報 EuronextSAF
本社所在地 フランスの旗 フランス
パリ
設立 2005年5月11日
業種 機械
事業内容 防衛、航空、通信
代表者 ジャン=ポール・エルトマン (Jean-Paul Herteman)執行役会長 (Président du Directoire)
主要株主 浮動株 40.6%
フランス政府 30.4%
被雇用者 20.2%
Areva 7.4%
自己株式 1.4%
(2007-12-31)
外部リンク http://www.safran-group.com/
テンプレートを表示

サフラン (Safran S.A) は防衛、航空、通信分野のフランス複合企業体である。スネクマやSAGEMを傘下にもつ。パリに本社がある。

サフランの名前は舵のブレードを意味する。4250の提案から選ばれた。多くの企業を傘下に従える。

歴史[編集]

サフラングループは2005年5月11日スネクマSAGEMの買収によってできた。

スネクマ[編集]

1905年Louis Seguin がGnome社を作った。最初の航空機用回転式エンジンを生産した。Gnome Omegaは1909年に始まった。会社はLe Rhôneに買収され1912年、Louis VerdetによってGnome & Rhône engine companyが設立された。 Gnome & Rhône は1945年国有化されスネクマになった。2000年、この会社は社名を“Snecma Group”に変えて多数の会社を買収して大きく競争力のある会社になった。

Sagem[編集]

Sagem (Société d’Applications Générales de l’Electricité et de la Mécanique、サジェム)は1924年、Marcel Mômeによって設立された。1939年、 Sagemは電話交換機の分野にSociété d’Applications Téléphoniques (SAT)の経営により参入した。計測器の専門会社であるSociété de Fabrication d’Instruments de Mesure (Sfim)を1999年に買収した。

なお、同社は2012年10月16日に米国ユナイテッド・テクノロジー傘下のグッドリッチから電力システム事業の買収で合意したと発表[1][2]

機構[編集]

会社は4つの分野に分けられる。:

推進[編集]

航空宇宙部門は航空機やヘリコプターやロケットの推進器を民生、軍用、宇宙用に生産する。

通信[編集]

通信分野は携帯電話の設備を供給する。

装置[編集]

航空機の装置を供給する。

防衛安全保障[編集]

防衛安全保障分野は民間、軍用、宇宙の市場を運営する。:慣性航法装置(リングレーザージャイロを基にした SIGMA INS),オプトロニックシステムと装置,航空電子システム, UAV (無人機)システム, 空-地システムと装置、生体認証システム、暗号化端末とスマートカード

情報技術[編集]

  • Safran Aerospace India

金融情報[編集]

2006 2007
売り上げ (M) 11,329 12,003
利益 (M€) 177 406
キャッシュフロー (M€) 1,003 1,221
自己資金による研究開発 (M€) 334 401

注記[編集]

外部リンク[編集]