バーバリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーバリー
Burberry Group plc
Burberry wordmark.svg
種類 公開会社
市場情報
LSE BRBY
略称 BRBY
本社所在地 イギリスの旗 イギリス ロンドン
設立 イギリスの旗 イギリス ベイジングストーク(1856年
業種 ファッション
事業内容 衣類
アクセサリー
香水
代表者 John Peace (Chairman)
Angela Ahrendts (CEO)
Christopher Bailey (Creative Director)
売上高 £995.4 million (2008)
営業利益 £201.7 million (2008)
純利益 £135.2 million (2008)
外部リンク www.burberry.com
テンプレートを表示

バーバリー(Burberry Group plc)は、イギリスを代表するファッションブランドの一つ。

歴史[編集]

創業とギャバジンの発明[編集]

トーマス・バーバリー
ステンカラーコート

1856年、イギリス・ハンプシャー州ベイジングストークで当時21歳だったトーマス・バーバリーによって創立される。1870年、品質へのこだわりや生地の革新により大規模小売店へと発展。

1879年、農民が汚れを防ぐために服の上に羽織っていた上着をヒントにギャバジン(Gabardine, ギャバディン)といわれる耐久性・防水性に優れた新素材を発明した。1888年には特許を取得、1917年までその製造権を独占した。

19世紀ロンドン・ヘイマーケットのThomas Burberry & Sons

1891年ロンドンのヘイマーケット30番地にThomas Burberry & Sonsの本社兼店舗を置く。

現在のヘイマーケット店

1912年、ヘイマーケット店が現在地に移転。

トレンチコートの製造[編集]

1895年ボーア戦争の際、トレンチコートの前身となるイギリス人士官用の「タイロッケンコート(ひもでロックするという意味のボタンのないコート)」を製造した。

1901年に最初のカタログを発行した際、公募により「名誉・高潔・勇気」を意味する甲冑の騎士 (Equestrian Knight) のマークをレーベルデザインとして使用開始。「Prorsum」(プローサム)の旗はラテン語で「前へ」を意味している。

1914年第一次世界大戦が勃発。軍部の要請により塹壕(トレンチ)での戦闘に合わせてタイロッケンコートに修正を加え、手榴弾や剣・水筒をぶら下げるD字型リングをコートに止め金として取り付けたトレンチコートを製造し英国陸海軍に正式採用された。大戦中に50万着以上着用され、終戦後には市民に広まった。

1926年王室近衛連隊の士官用グレートコート(大外套)を製作。

冒険家の愛用[編集]

バーバリーの発明したギャバジン製の製品は極地探検家の防寒着やテント・パイロットの飛行用衣料として愛用された。

1910年ロンドンマンチェスター間の24時間以内飛行に初成功したイギリスのパイロット、クロード・グラハム=ホワイトが着用。

1911年南極点に到達したノルウェーの探検家ロアール・アムンセンと、同じく南極点を目指し遭難したイギリスの悲劇の探検家ロバート・スコットが奇しくもともに防寒具やテントとして使用[1]

1914年アーネスト・シャクルトン率いる帝国南極横断探検隊が遭難、全員が奇跡の生還を遂げた際に防寒着として着用されていた。

1919年ジョン・オルコックとアーサー・ブラウンがビッカース ビミーでカナダのニューファンドランド島のセントジョンからアイルランドのクリフデンまでの初の大西洋無着陸横断飛行に成功した際に操縦服として着用。

1924年エベレスト初登頂を目指したジョージ・マロリーが遭難した際にも、彼はバーバリー製のギャバジンのジャケットを着用していた。

1934年にロンドン-メルボルン間のマックロバートソン・エアレーストム・キャンベル・ブラックとC.W.A.スコットがバーバリー製の操縦服を着用して優勝。

1937年にバーバリーのスポンサーによりA.E.クラウストンとベスティ・カーディ・グリーンがロンドン-ケープタウン間最速飛行に成功。

ロイヤルワラント[編集]

1919年ジョージ5世よりコート・ジャケット部門の英国王室御用達(ロイヤルワラント)を授かる。

1955年エリザベス2世より、同部門のロイヤルワラントを授かる。

1989年チャールズ皇太子より、同部門のロイヤルワラントを授かる。

ファッションシーンでの展開[編集]

1924年、コートの裏地として使用されていたデザインを「バーバリー・チェック」として宣伝し、一大ブームを起こす。

1967年、パリのショーで発表された傘にバーバリー・チェックをコートの裏地以外で初めて使用。その後、バッグやマフラーなど様々なファッションアイテムに使用された。カラーバリエーションも最初のキャメル/赤/黒/白だけでなく、様々なカラーバリエーションを展開している。これらを「バーバリー・ロンドン」として長らく展開してきた。

1970年代以降、ブランドが市民の間でカジュアル化しサブカルチャーとの結び付きが増加、「プロールドリフト(低所得階級が中上流階級の外見や行動を真似ること)」の一例として顧客層が大きく変化した。サッカーフーリガンや不良学生、バーバリーマンと呼ばれるコート男型露出狂など、低俗さと結び付けた連想をされる傾向が90年代まで続いた。このような結果、ブランドイメージは大きく低迷した。

1989年、創業以来の独立企業からグレート・ユニバーサル・ストアズ (GUS) に買収される。

1991年、普段着の新ブランド「トーマス・バーバリー」を英国でスタートし、2002年まで展開していた。

1997年、アメリカの高級デパートサックス・フィフス・アベニューの社長だったローズマリー・ブラヴォーが社長兼CEOに就任。彼女は、バーバリーの伝統的なイメージにモード性とモダン性を埋め込こみ、それを全世界統一のビジュアルキャンペーンとコレクションで表現したいと考え改革に着手。

1999年、デザインを統括するクリエイティブ・ディレクターにジル・サンダーのアシスタントデザイナーのロベルト・メニケッティを迎え、コレクションラインの「バーバリー・プローサム コレクション」を発表。ブランド名も「Burberry'S」から「BURBERRY」に、アイテムの大半も変更し新生バーバリーをスタートした。

2000年子供服ラインのバーバリー・チルドレンを展開開始。

2001年、クリエイティブ・ディレクターのロベルト・メニケッティが退任、新たにグッチのレディース部門のシニアデザイナーを務めていたクリストファー・ベイリーを迎えた。

2002年ロンドン証券取引所に上場。のちにFTSE 100の構成銘柄にも採用された。

2005年、ローズマリー・ブラヴォーがCEOを退任、アンジェラ・アーレンズに交代。

2006年、アメリカと、続いてイギリスにてオンラインショップを開始、2007年にはヨーロッパ全土へエリア拡大。

2009年、ロンドン・ウェストミンスターに新たなグローバル本社をオープン。クリストファー・ベイリーが新設ポジションのチーフ・クリエイティブ・オフィサー (CCO) に就任。

2009年、バーバリーロンドンから分岐する形でデニム&アウターラインの「バーバリー・ブリット」とスポーツラインの「バーバリー・スポーツ」を展開開始。

2009年ARTOFTHETRENCH.COMと名づけられたソーシャル・ネットワーキング・サイトを開始。

2010年、ロンドン・ファッションウィークとBFC(英国ファッション評議会)の創立25周年を記念し「バーバリー・プローサム」のレディースコレクションを発表。

2011年、バーバリーワールドストアオープン。全世界にオンラインショッピング展開開始。

2012年、バーバリーロンドンのスーツアイテム拡充を目的として同ライン内に「バーバリーロンドン・テーラリング」を新設。同時にアイテム数の少なかった「バーバリー・スポーツ」を「バーバリー・ブリット」内に統合し、現在ワールドワイドではこれら「プローサム」「ロンドン」「ブリット」「チルドレン」の4種のラインを展開中である。

ギャラリー[編集]

デザイナー[編集]

現在のデザイナーはクリストファー・ベイリー。上質なベーシックアイテムに、スポーティーな要素をバランスよく挟み込むのが得意。

各界の愛用者[編集]

バーバリーのトレンチコートは各界から深く愛され、元英首相ウィンストン・チャーチル、作家コナン・ドイル、喜劇俳優ピーター・セラーズ、女優キャサリン・ヘプバーン、ラッパーのジャ・ルールら数々の著名人が愛用した。

映画『ティファニーで朝食を』でオードリー・ヘプバーンが着用している。日本でも、宝塚歌劇団の男役がしばしば舞台上で着用している。

バーバリーチェック[編集]

バーバリークラシックチェック

キャメル地に黒・白・赤で構成されたバーバリーのチェックは細くて清楚な色合いが特徴で、「ヘイマーケットチェック」または「バーバリークラシックチェック」として知られている。

このチェック模様は1924年にバーバリーのトレンチコートの裏地に使用されたのが最初である。当時のイギリスでは「ウインドーペーン」(窓ガラスの意)といわれるタータンが多く使用されており、バーバリー・チェックは「カントリー・タータン」と呼ばれる柄からアレンジしたもので、公募で決定した。なお「タータン」でありながら「チェック」と呼称したのは、当時のイングランドにおけるスコットランドへの歴史的敵対意識(タータンの項参照)の連想を防ぐ目的であったと言われている。現在は「バーバリーチェック」として登録商標となっているが、1967年に初めて裏地以外で傘やスカーフやバッグなどを含む各種アイテムに展開して広く使用された。

バーバリー・チェックを含むバーバリーのコーポレートカラーには、日本限定のものを含めると、以下のバリエーションが存在する。

ノバチェック
後に若者市場向けに太いラインで菱形で斜めにラインを配置し幅を広く取ったパターンとして登場したもので、特に女性向けハンドバッグなどでさわやかなイメージを出したい場合に多用されている。
ハウスチェック
ヘイマーケットを大きく拡大し、カラーも濃茶や白を使用してコントラストをはっきりさせた幅広のチェック。2006年に「Runway show of S/S 06」にてクリストファー・ベイリーが発表した。当初はコートやスーツやバッグのシャドウチェックなどを中心として使用されていたが、最近はレディースのバッグや革小物のデザインに多用されている。
メガチェックのマフラー
メガチェック
ハウスチェックのラインの幅広バージョン。別名ジャイアントチェック。縦横に極太や細いラインを大胆に配置したカジュアル志向の強いチェックで、主に「バーバリー・ブリット」のシャツやバッグ、コート裏地などに多用されている。カラーバリエーションも多い。
スモークドチェック(1)
ブラウン地の濃淡と濃緑のラインを組み合わせた、ややミリタリーカラーにも近い渋く落ち着いたカラーのチェック。主にメンズのバッグや革小物等に多用されている。
スモークドチェック(2)
ハウスチェックの色調をベージュ地にブラウンの濃淡のラインに変更した、落ち着いたカラーのチェック。主にレディースのバッグや革小物等に使用されている。
ビートチェック
黒地にグレーの濃淡のラインを組み合わせたシャドウチェック調の落ち着いたチェック。主にバッグや革小物等に多用されている。
ブラックレーベルチェック
紺地または黒地に白と赤。日本オリジナル商品であるブラックレーベルにて使用されている。
ブルーレーベルチェック
レディースは水色地または薄ピンク地に白と赤、メンズは黒地に白とベージュ。日本オリジナル商品であるブルーレーベルにて使用されている。
TBチェック
キャメル地にオレンジラインのチェック模様。1991年から展開された普段着ブランドの「トーマス・バーバリー」に使用されていたが、2002年にラインの廃止とともに姿を消した。
バーバリー・ドット
ブルーレーベル2004S/Sシーズンから展開がスタートした。日本オリジナルのドット柄でブルーレーベルにて使用されていたが、近年はあまり使用されていない。

このように近年は本国物・日本物ともに新たなチェック模様をデザインするなど、デザインの多様化が進みつつある。

日本での展開[編集]

バーバリーはルイ・ヴィトンと並んで日本人に人気の高いブランドであり、日本市場における外資系ブランド売上げ第2位を占める。

日本での展開は、1915年丸善がインポート商品としてレインコートの輸入を開始したのが最初である。 戦後は、1965年三陽商会がインポート商品としてコートの輸入販売を開始し、1970年にバーバリーよりライセンスを受けて長らくのあいだ日本人の体格に合わせたライセンス製造の「バーバリー・ロンドン」を展開してきた。だが、その重厚なイメージと高価さゆえ、日本の若年層にはあまり流行らないブランドでもあった。

このため、1996年に若年の富裕層をターゲットにバーバリーの伝統とトレンドを融合させた品のあるモダン・クラシックスタイルを提案すべく、バーバリーの監修による日本オリジナルブランドとして20歳のオードリー・ヘプバーンジャクリーン・ケネディをイメージした18 - 25歳までの女性向けの「バーバリー・ブルーレーベル」を展開、安室奈美恵が愛用したことなどもあり大ブレイクした。さらに1998年に男性向けとして25歳から35歳向けの「バーバリー・ブラックレーベル」も展開するなど、アダルト層だけでなく若い世代にもフォーマルからカジュアルまで広くアピールすることに成功した。2000年代以降の一時期は、「ブラックレーベル・ウィメンズ」(2013年6月まで)や「ブルーレーベル・メンズ」(2012年2月まで)も展開されていたが、2013年夏以降元の体制に戻された。

このほか、ゴルフウェア、子供服(ベビー・トドラー・スクール)も三陽商会が展開している。

三陽商会では、いずれも「バーバリーC.R.室」との事業部名を用いている。

これら日本限定商品が幅広く展開される一方、日本で英国製品を入手することは旗艦店等の少数の直売店を除き困難となっていたが、2009年にインポート商品を取り扱う輸入総代理店として、バーバリー英国本社・三陽商会・三井物産の共同出資によりバーバリー・インターナショナルが設立された。「インターナショナル」設立後、2010年6月にてバッグ・革小物・スカーフなどはライセンス製造を中止しインポート物に一本化され、ラグジュアリーブランドとして本国商品の展開を本格化することとなった。

三陽商会展開の日本オリジナル商品についても、特にアジア圏でブラックレーベル・ブルーレーベルの人気が高いことを踏まえ、バーバリー社・三陽商会・三井物産の共同出資により試験販売を行うことも合意されている。

なお、これにあたり、三陽商会によるバーバリーの製造ライセンス契約期間は、2020年までから2015年(同年の春夏物が最後[2])までに短縮された。

2011年にはそれまで欧米向にのみ展開していたバーバリー本社による英国製品の直販サイトをリニューアル、「バーバリーワールドストア」として全世界への直販を開始した。

2014年8月には日本法人を「バーバリー・ジャパン」に組織改編。三井物産・三陽商会が株式を手放し、本国バーバリー社の100%直轄となった。これと前後して、三陽商会のライセンスラインのブランドロゴがリニューアルされた。

なお、雑誌などでのクレジットで単に「バーバリー」とのみ表記のある場合は大多数が三陽商会取り扱いのものである。

日本国内の店舗[編集]

2000年には銀座(中央通り)に日本で初めてとなる旗艦店をオープン。2004年に2店目を表参道に開いたのに続き、2007年には丸の内に約300坪の旗艦店をオープンした。以上3店舗は三陽商会によって立ち上げられた。

「インターナショナル」設立後の2009年に銀座マロニエ通りが開店し、これと同時に表参道店の運営を「インターナショナル」が継承してインポート専門旗艦店として全面リニューアル。2012年には神戸の旧居留地にもバーバリー神戸を開店し、現在の直営による旗艦店は国内3店舗となっている。

当初「インターナショナル」運営の旗艦店では店舗ごとに取扱いシリーズが異なっていたが、現在では全店がアパレルは「バーバリー(ロンドン)」と「プローサム」、およびインポートノンアパレル全般に統一されている。

「インターナショナル」・三陽商会ともに、全国各地の百貨店にも多数ショップを展開している。「インターナショナル」の新店舗は、既存のバーバリー店舗を置き換えたわけではないため、「インターナショナル」取り扱い店舗と三陽商会取り扱い店舗の両方が存在する百貨店もみられる。

インポート物と日本ライセンス物との比較[編集]

日本ライセンス物とインポート物とを比較した場合、ライン構成とセンス、また特に価格帯が大きな差として挙げられる。

ライセンス物は、バーバリー(ロンドン)、ブラックレーベル、ブルーレーベル、チルドレン、ゴルフの5ラインで、バーバリーの元々持つ英国風センスを大事にしつつ、各ブランドごとのターゲット層に合わせた手頃な価格での展開が特徴である。またライセンス製造によるハンカチや寝具などは日本ライセンス独自の展開商品である。

インポート物は、ラグジュアリーラインとしての展開が特徴である。元はコレクションラインの「プローサム」と従来からのバーバリーロンドン・チルドレンの3ラインでフォーマルからカジュアルまでをカバーしていたが、クリストファー・ベイリーの参加以来、特にバーバリーロンドンが元々の重厚さにカジュアルさやスポーティさをかなり加えた方向にシフトし、一時は日本ライセンス物とは別ブランドのような様相を呈していた。

のちにこれらがカジュアルラインの「バーバリー・ブリット」として独立展開されることとなったが、元がバーバリーロンドンからの独立であることもあり、日本のブラックレーベル等のカジュアルラインと比較して高価である。

ブランドロゴ[編集]

ロゴは「Burberrys」と「BURBERRY」の二つが存在する。前者は前述の通り1999年のブランド名変更以前の製品についているものであり、それ以降はすべて「BURBERRY」に統一されている。

展開ライン[編集]

バーバリーのブランドラインには、本国で製造されているものと、日本国内で三陽商会が製造しているものがある。ここでは各ライン名の「BURBERRY」を略し、メインブランドの「バーバリー」を「LONDON」と表記する。 本国製品については、国内のバーバリーインターナショナルの展開店での購入の他、英国公式サイトのバーバリーワールドストアにて日本語と日本価格による商品の閲覧や直販による購入も可能である。

本国製品
  • LONDON
  • PRORSUM
  • BRIT
  • CHILDREN
本国製品(日本展開あり)
  • LONDON
  • PRORSUM
  • BRIT[3]
日本製品(三陽商会によるライセンス生産)
  • LONDON
  • BLACK LABEL
  • BLUE LABEL
  • GOLF
  • CHILDREN

日本におけるインポート物展開店[編集]

バーバリーブラックレーベル渋谷店

日本におけるバーバリージャパンによるインポート物の展開店は以下の通りである(2013年7月現在)

バーバリー・インターナショナルによる旗艦店(アパレル・ノンアパレル含むインポート物全般)
  • バーバリー表参道
  • バーバリー銀座マロニエ通り
  • バーバリー神戸[4]
  • バーバリー六本木
バーバリー・インターナショナルによる百貨店インショップ(ノンアパレルインポート物全般)

※以後各地の百貨店の改装にあわせ順次拡大予定

三陽商会による旗艦店内でのインショップ
  • バーバリー銀座店(バーバリーロンドン)
  • バーバリー丸の内店(バーバリーロンドン)

日本における各種ライセンス商品[編集]

バーバリーのハンドバッグ

アパレル以外にも各種商品がライセンス契約により日本などのメーカーで製造され国内で販売されている。これらのうち眼鏡と腕時計はバーバリーへ直接納品されている。ライセンス物とインポート物の簡単な見分け方としては、ライセンス物は紺地のタグで裏面にライセンス製造の標記、インポート物はベージュのタグである。

バッグおよび革小物はバーバリー・インターナショナルによるインポート物に完全移行、ブラック・ブルーレーベルを除きライセンス生産は終了した。

継続中
終了済み

脚注[編集]

  1. ^ アムンゼン隊の防寒着はアザラシの革を重ねた保温性の高いものであったのに対しスコット隊のものは牛革を重ねたものであったため逆に体温を奪ったと言われる。ともに提供したのはバーバリー社であったと言われているが、アムンゼンは2年の試行錯誤によりアザラシ・トナカイ・狼の革など様々な素材とバーバリーのギャバジンとを組み合わせた防寒服を考案していた。
  2. ^ 三陽商会が「バーバリー」の販売終了へ 来年後半からは英社が直接販売 - MSN産経ニュース 2014.5.19
  3. ^ ノンアパレルのみ取扱。2012年現在アパレルはワールドストア直販のみ。
  4. ^ 路面旗艦店ではあるが、大丸神戸店との提携により同店の「旧居留地周辺店舗」の1つとしても位置づけられている。このため大丸によるポイント等の特典やサービス等の対象ともなっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]