ユナイテッド・テクノロジーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユナイテッド・テクノロジーズ
United Technologies Corporation
種類 株式公開会社
市場情報
NYSE UTX
略称 UTC
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コネチカット州 ハートフォード
設立 1929年(United Aircraft and Transport Corporationとして)
事業内容 複合企業
売上高 543億2,600万ドル2010年度
営業利益 65億2,800万ドル2010年度
純利益 47億1,100万ドル2010年度
総資産 584億9,300万ドル2010年度
従業員数 208,200人(2010年度
外部リンク www.utc.com
テンプレートを表示

ユナイテッド・テクノロジーズUnited Technologies CorporationUTC)は、アメリカ合衆国コネチカット州ハートフォードに本部を置く、多国籍企業。事業内容は多岐にわたっており、狭義の意味での複合企業(コングロマリット)である。航空機エンジン、宇宙産業、ヘリコプター空調装置燃料電池、エレベータ、エスカレータ、防火・消火製品およびセキュリティサービス、その他工業製品など、非常に多くの分野で研究開発、製造を行っている。2011年には航空部品大手のグッドリッチを買収して航空宇宙部門を強化する一方、ポンプコンプレッサ製造事業を売却するなど事業再編を進めている。

歴史[編集]

1929年ボーイングプラット・アンド・ホイットニー・エアクラフト(Pratt & Whitney Aircraft) など数社が統合してユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポート(United Aircraft and Transport Corporation)として誕生した。1934年反トラスト法によりボーイングやユナイテッド航空と分割されユナイテッド・エアクラフト (United Aircraft Corporation) となり、1975年ユナイテッド・テクノロジーズとなった。1976年エレベータメーカーのオーチス・エレベータを、1979年には空調設備メーカーのキヤリア(The Carrier Corporation) を買収した。

事業[編集]

多種の会社(部門)によって組織されている。これら会社の経営はコネチカット州ハートフォードにあるゴールドビルディング内で行われる。

なお、紛らわしい社名を用いていた日本のユナイテッド・テクノロジー・ホールディングス(2009年にUTホールディングスへ社名変更)は資本・人材を含め一切無関係である。

かつて行っていた事業[編集]

多くの複合企業と同じように、ユナイテッド・テクノロジーも様々な事業分野にかつて進出していた。

  • ハミルトン・テスト・システムズ(Hamilton Test Systems) - 自動車の排気ガス試験設備。現在はアメリカのエンバイアロンメンタル・システム・プロダクツ(Environmental System Products)の一部となっている。
  • インモント・ペイント・アンド・レジンズ(Inmont paint and resins) - ドイツの化学会社、BASF AGに売却された。
  • ノルデン・システムズ(Norden Systems) - ノースロップ・グラマンの傘下となり、軍事用電子システム製造会社、ノースロップ・グラマン・ノルデン・システムズ(Northrop Grumman Norden Systems) となった。

年表[編集]

ユナイテッド・テクノロジーズの歴史を年表で示す。※設立や統合のあった年を太字にして示す

  • 1853年 - エリシャー・オーティスがエレベータ工場設立(1861年にオーチス・エレベータとなる)し、ニューヨーク万国博覧会でエレベータの安全装置を発表
  • 1857年 - オーチスが初の乗用エレベータをニューヨークの小売店に設置
  • 1862年 - オーチスが初めてアメリカ以外の国(カナダニューファンドランド)にエレベータを販売
  • 1900年 - オーチスがエスカレータを発表
  • 1902年 - ウィリス・キャリアが、近代的なエア・コンディショナーを開発
  • 1903年 - オーチスがギアレス駆動の電気エレベータを発表
  • 1915年 - ウィリス・キャリアがキヤリア・エンジニアリングを設立
  • 1919年 - スタンダード・スチール・プロペラ(Standard Steal Propeller) 設立(ハミルトン・スタンダードの前身)
  • 1920年 - ハミルトン・エアロ・マニュファクチュアリング(Hamilton Aero Manufacturing) 設立(ハミルトン・スタンダードの前身)
  • 1922年 - キヤリアがロサンゼルスの映画館に最初のエア・コンディショナーを設置
  • 1923年 - イーゴリ・シコールスキイシコルスキー・エアロ・エンジニアリングを設立
  • 1924年 - オーチスが初の押しボタンによる自動制御エレベータを発表
  • 1925年 - プラット・アンド・ホイットニー・エアクラフト(Pratt & Whitney Aircraft) 設立
  • 1928年 - キヤリアがアメリカ合衆国上院および下院の議場にエア・コンディショナーを設置
  • 1929年 - ボーイング、プラット・アンド・ホイットニー、ハミルトン・スタンダード(Hamilton Standard)、シコルスキー・エアクラフトチャンス・ヴォート(Chance Vought) 等が統合しユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポート(United Aircraft and Transport Corporation) 設立
  • 1929年 - 研究所設立
  • 1931年 - オーチスが初のダブルデッキ・エレベータを発表
  • 1934年 - ユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポートがユナイテッド・エアクラフト(United Aircraft) 、ボーイング・エアプレーン(Boeing Airplane Company) 、ユナイテッド・エアラインズ・トランスポート(United Airlines Transport Company、後のユナイテッド航空)に分割
  • 1938年 - ハミルトン・スタンダードがハイドロマティック(油圧式)可変プロペラを発表
  • 1939年 - シコルスキーが最初の近代的なヘリコプターVS-300の飛行テスト
  • 1939年 - シコルスキーとチャンス・ヴォートが統合しヴォート・シコルスキーを組織
  • 1944年 - キヤリアが冷凍食品研究店舗を開く
  • 1942年 - 第二次世界大戦の3年間で、シコルスキーは150機のヘリコプター、プラット・アンド・ホイットニーは30万台の航空機用エンジン、ハミルトンスタンダードは50万枚のプロペラを製造した
  • 1948年 - プラット・アンド・ホイットニーがジェットエンジンを製造
  • 1949年 - ハミルトン・スタンダード、航空機の燃料制御の開発を開始
  • 1950年 - オーチスが最初のオペレータがいらない自動エレベータを設置
  • 1950年 - キヤリアが一般需要家向けウィンドウ・エア・コンディショナー・ユニットを販売開始
  • 1952年 - プラット・アンド・ホイットニーがカナダでピストンエンジンを製造開始
  • 1952年 - キヤリアが初の家庭用エア・コンディショナーを量産
  • 1954年 - チャンス・ヴォート(現在のヴォート・エアクラフト・インダストリーズ)を独立分社化
  • 1957年 - シコルスキーが初のタービンエンジンによるヘリコプターをテスト
  • 1958年 - プラット・アンド・ホイットニーのJT3エンジンを搭載したジェット旅客機ボーイング707が営業運航を開始。
  • 1958年 - ユナイテッド・エアクラフトが固体ロケットや新型推進システムの分野に参入。
  • 1963年 - プラット・アンド・ホイットニー・JT8D エンジンがボーイング727に搭載され運航開始。
  • 1964年 - プラット・アンド・ホイットニー・PT6 ターボプロップエンジンが運用開始。
  • 1966年 - ハミルトン・スタンダードが初の電子コントロールによるキャビンの圧力調整システムを発表
  • 1969年 - アポロ11号が月面着陸。ハミルトン・スタンダードの宇宙服、プラット・アンド・ホイットニーの燃料電池採用
  • 1970年 - プラット・アンド・ホイットニーJT9D エンジンを搭載した初のジャンボジェット・ボーイング747が就航。
  • 1971年 - 研究所が航空力学ノイズ研究のための初の高速風洞を建設
  • 1975年 - ユナイテッド・エアクラフトがユナイテッド・テクノロジーズに社名変更
  • 1976年 - ユナイテッド・テクノロジーズがオーチス・エレベータを買収
  • 1978年 - シコルスキーが軍用ヘリコプター・ブラックホークを製造開始
  • 1979年 - ユナイテッド・テクノロジーズがキヤリアを買収
  • 1979年 - オーチスが最初の完全なマイクロプロセッサ制御エレベータを発表
  • 1981年 - スペースシャトル・コロンビア初飛行。UTCフュエルセルズ(UTC FuelCells)の燃料電池、ハミルトン・スタンダードの宇宙服と環境制御システムが採用される
  • 1984年 - インテリジェントビルのコンセプトを発表、今日の「高度情報化建築物」の原型となる。
  • 1989年 - オーチスが最初のリニアモーター駆動エレベータを発表
  • 1993年 - ハミルトン・スタンダードの宇宙服と生命補助システムがハッブル宇宙望遠鏡の修理において宇宙遊泳状態で使用されるが問題起きず
  • 1995 - プラット・アンド・ホイットニーのエンジンを搭載したボーイング777就航。
  • 1999 - ユナイテッド・テクノロジーズがサンドストランド(Sundstrand Corporation) を買収。ハミルトン・スタンダードと合併させハミルトン・サンドストランド設立。
  • 2001 - ユナイテッド・テクノロジーズが分散電源市場に参入するためUTCパワー(UTC Power)を設立。

ユナイテッド・テクノロジーズの歴史(公式ウェブサイト、英語)

外部リンク[編集]