ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ社Vought Aircraft Industries, Inc. )は、アメリカ合衆国航空機メーカー。旧チャンス・ヴォートChance Vought )。

歴史[編集]

1917年、チャンス・ミルトン・ヴォート(Chance Milton Vought ) とバーズアイ・ルイス(Birdseye Lewis )がルイス・アンド・ヴォート社(Lewis and Vought Corporation )をニューヨーク州アストリアに設立。1919年ロングアイランドに移転。1922年、ルイスが社を離れ、チャンス・ヴォート社(Chance Vought Corporation )と名を変えた。

1928年、ユナイテッド・エアクラフト・アンド・トランスポート社(United Aircraft and Transport Corporation )に買収され、1部門となった。1939年コネチカット州ストラトフォードへ移転し、ユナイテッド・エアクラフトの1部門だったシコルスキーと合併しヴォート・シコルスキー・エアクラフト(Vought-Sikorsky Aircraft )となった。1954年、ユナイテッド・エアクラフトから独立し、チャンス・ヴォート・エアクラフト社(Chance Vought Aircraft Inc. )となった。

1962年、ジェームズ・リング(James Ling )に買収され、リング・エレクトリック社(Ling Electric Company )と合併し、リング・テムコ・ヴォートLing-Temco-VoughtLTV)となった。1964年、LTVは持株会社となり、航空機・ミサイル部門(旧チャンス・ヴォート)はLTVエアロスペース(LTV Aerospace )に分社された。1976年、LTVエアロスペースはヴォート社(Vought Corporation )に改名。1983年、ヴォート社はLTVから独立した。

1992年、航空機部門がノースロップカーライル・グループに持株比率50:50で売却された。なお、ミサイル部門はローラル社(Loral Corporation )に売却された。1994年、ノースロップの継承会社であるノースロップ・グラマンは、カーライルからヴォートの株式を購入。2000年、カーライルはノースロップグラマンからヴォートの全株式を購入し、ヴォート・エアクラフト・インダストリーズ社(Vought Aircraft Industries, Inc. )とした。現在はトライアンフグループの傘下となり、トライアンフアエロストラクチャーズのヴォートエアクラフト部門となっている。

主な製品[編集]

飛行機[編集]

  • O2U コルセア(Corsair
  • F4U コルセア
  • A-7 コルセアII
  • F6U パイレート(Pirate
  • F7U カットラス(Cutlass
  • F-8 クルセイダー(Crusader ) (旧 F8U)
  • F8U-3 クルセイダーIII
  • OS2U キングフィッシャー
  • SB2U ヴィンディケーター(Vindicator
  • TBY シーウルフ(Sea Wolf )(ヴォートが設計(設計時TBU)、コンソリデーテッドが生産)
  • XF5U フライングフラップジャック(Flying Flapjack
  • LTV XC-142

ミサイル[編集]

ワークシェア[編集]