ロッキード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロッキード・コーポレーション
Lockheed Corporation
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州バーバンク
設立 1912年
特記事項:1995年合併でロッキード・マーティン
テンプレートを表示
ロッキード トライスター

ロッキードLockheed Corporation)はアメリカ合衆国の航空機メーカーで、主に軍用機を製造していた。マーティン・マリエッタ社と合併し、現在はロッキード・マーティンである。

沿革[編集]

飛行機の製作をはじめたアイルランド系のアメリカ人、アラン・ロクヒードとマルコム・ロクヒード兄弟(Allan and Malcom Loughhead )によって1913年に「Alco Hydro-Aeroplane Company」が創設された。1926年には社名を「Lockheed Aircraft Corporation」に変更した。誰も彼らの名前を正しく発音してくれなかった為である[1](なお、日本に於いても当初ローグヒード社などと紹介されていた)。1920年代ジャック・ノースロップらの設計により、ベガなどの民間機で成功を収めたが、ノースロップがノースロップ社を設立して独立した後、アラン・ロクヒードはこのロッキード航空機会社をデトロイト航空機(Detroit Aircraft Corporation )に売却した。大恐慌によりデトロイト航空機が破綻すると、1932年にロッキード社も倒産した。数日後に新しい投資家ロバート・グロスによってロッキードは買収され、すでにロクヒードは会社との関係はなくなっていたが、ロッキードがふたたび社名になった。その後の第二次世界大戦で大躍進した。

第二次世界大戦後はL-749 コンステレーションL-1049 スーパー・コンステレーションダグラス社と旅客機の分野で覇を競うが、ジェット機への対応に乗り遅れ、1970年代にようやくL1011トライスター(エルテンイレブン・トライスター)を投入する。トライスターは先進的な装備を持つ優れた旅客機だったが、同時期に登場した同クラスのマクドネル・ダグラスDC-10と販売競争を行った挙句に経営が悪化する。1976年にこの機の売り込みに関するロッキード事件が明るみに出たこともあり、1981年に民間機事業から撤退した。

1993年ジェネラル・ダイナミクスの航空宇宙事業部を買収して戦闘機部門を強化し、1995年にはマーチン・マリエッタ社とも合併して社名を「ロッキード・マーチン」と改名し、宇宙開発やミサイル、電子システムの分野にも進出した。

スカンクワークス[編集]

少数精鋭の開発チーム「スカンクワークス」がU-2偵察機SR-71F-117ステルス攻撃機等の独創的な航空機を設計・開発した。

ロッキード・モノレール[編集]

ロッキード・モノレール
小田急向ヶ丘遊園モノレール線

1962年川崎航空機工業川崎車輌日本電気西松建設などが出資したロッキードの日本法人である日本ロッキード・モノレール社が設立された。航空機技術を応用した「ロッキード式モノレール」を開発・製造した。しかし需要は小田急電鉄向ヶ丘遊園モノレール姫路市営の2社局だけで、今後の事業展開は見込めないと判断されたため1974年に同社は解散。影響を受けて姫路市営は1974年に車両維持困難を理由に運行を休止した後に正式廃止。小田急向ヶ丘線も2000年に老朽化で運行休止、翌2001年に正式廃止された。

製品[編集]

軍用機[編集]

ロッキード F-22
ロッキード C-130

旅客機[編集]

ロッキード コンステレーション
ロッキード L-188

船舶[編集]

シー・シャドウ (実験艦)

ミサイル[編集]

出典[編集]

  1. ^ 野木恵一著 「軍事研究 2007年9月号」『グローバル軍需産業の世界戦略』 (株)ジャパン・ミリタリー・レビュー発行 p.28-p.39

関連項目[編集]