レギュラス (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レギュラス

レギュラス (Regulus) は、米ヴォート社によって開発されたアメリカ海軍艦対地ミサイルである。

レギュラスとは獅子座のα星であるレグルス(Regulus:スペルは同一)の英語読みである。

RGM-6 レギュラス[編集]

RGM-6 レギュラス はヴォート社によって開発された、アメリカ海軍最初の艦対地ミサイルである。

概要[編集]

第二次世界大戦後、アメリカ軍ナチス・ドイツV1飛行爆弾のコピー(JB-2 ルーン)から、その艦対地型(KGW-1 ルーン)を開発した。しかし、所詮はV-1のコピーでしかなく、能力的に不十分だということで、1946年、アメリカ海軍はヴォート社に新型の長距離艦対地巡航ミサイルの開発契約を与えた。それがRGM-6である。

レギュラスは1951年5月に初飛行し、1952年11月には水上艦から、1953年7月には潜水艦タニーからの発射に成功し、1954年には実戦配備された。1957年には、14隻の水上艦と、2隻の潜水艦に装備されていたが、1960年には水上艦からは姿を消し、逆にレギュラスを装備する潜水艦は5隻に増えていた。

しかし、ポラリス潜水艦発射弾道ミサイルの完成によって、レギュラスは完全に時代遅れになり、1964年には完全に退役した。全タイプ合わせておよそ500基ほどが生産された。

特徴[編集]

レギュラスは発射の際に二基の固体燃料ロケットブースターを使った後、アリソンJ33ターボジェットエンジンによって飛行する巡航ミサイルである。誘導方式はラジオ指令誘導。また、戦略兵器として開発されたため、弾頭は核弾頭のみである。

欠点として、発射の際に潜水艦が浮上しなければならないこと、ラジオ指令誘導は電波妨害を受けやすいこと、ミサイル自体の飛翔速度が低速なため、撃墜されやすいことなどがある。

スペック[編集]

  • 全長:10.1m
  • 直径:1.4m
  • 重量:4,670kg
  • 最大速度:M1.1
  • 射程:925km
  • 弾頭:W5核弾頭(40kT),W27核弾頭(2MT)

RGM-15 レギュラスII[編集]

レギュラスに代わる艦対地巡航ミサイルとして、1953年にアメリカ海軍がヴォート社に開発契約を与えた。1956年に初飛行に成功している。このミサイルは、レギュラスIと比べ最大速度(M1.1→M2),射程距離(925→1850km),電波妨害に対する耐性など、あらゆる面で優れていたが、やはりポラリスミサイルの完成によって時代遅れとなり、1958年にキャンセルされた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]