コンソリデーテッド・エアクラフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンソリデーテッド・エアクラフトConsolidated Aircraft )はかつて存在したアメリカの航空機メーカー。飛行艇PBYカタリナ、爆撃機B-24を製作した。バルティと合併してコンベアになり、後年ジェネラル・ダイナミクスを経て、現在のロッキード・マーティンの一部となる会社である。

コンソリデーテッドは、1923年5月29日にアメリカ陸軍のパイロットからギャローデット・エアクラフトGallaudet Aircraft Company )のマネージャになったルーベン・フリート(Reuben Fleet )元少佐によって設立された。フリートはギャローデット・エアクラフトのビジネスを引き継ぎ、航空機ビジネスから撤退したゼネラルモーターズからデイトン・ライトの設計の権利を得た。最初は初等練習機PT-1およびNY練習機で成功した。1929年にはトーマス・モースも買収した。1941年後半にフリートは引退し、株式をバルティに売却してコンベアになった。

コンソリデーテッドの航空機[編集]

関連項目[編集]