Thule

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

THULEスーリー)は、スウェーデンカーキャリアメーカー。ヤキマ・モンブランと並ぶ世界三大カーキャリアメーカーの一つ。世界最大のカーキャリアメーカー。THULEは「テューレー」または「トゥーレ」と発音する。「スーリー」という読み方は、初めて日本国内で展開する際にFET極東が命名したもの。

概要[編集]

1980年代初頭より日本に輸入され始めた。日本おけるカーキャリアシステムの元祖。 カーキャリアシステムは大別すると、土台となる「ベースキャリア」部分と「キャリア」部分に分かれ、スーリーは「キャリア」部分のことを「アタッチメント」と呼ぶ。

「アタッチメント」の中でも最もポピュラーな商品は車の天井部分に取り付けるボックスで、これは一般には「ルーフボックス」などと呼ばれるものであるがスーリーは「ジェットバッグ」と呼ぶ。これはドイツで操業していたジェットバック社をスーリーが買収した際に「ジェットバッグ」という名称を継続して使用していることに由来している。ジェットバック社は「システムキャリア」、「ジェットバック」、「スキーアタッチメント」を製造・販売していたメーカーだったが、現在でも「システムキャリア」を「ジェットラック」というブランド名にして欧州各地で販売継続されている。

取付[編集]

車のルーフ上に「バー」「フット」「キット」から構成される「ベースキャリア」、言わばシステムの土台となる部分を取り付ける。しかし「ルーフレール」や「Tトラック」や「レインガター」が標準装備されている車はキットを取り付ける必要がない。キットは車ごとにルーフの形状が違うので車種別に用意されており、ルーフの前後左右4箇所に装着する。 キットもしくはルーフレール・Tトラック・レインガターの上に、いわゆる脚となるフットを装着しバー2本を左右に取り付けることでベースキャリアは完成する。

バーにはベーシックな「スクエアバー」「アルミエアロバー」、横にスライドし積み降ろしを楽にする「スライドバー」、空力を考慮した翼形状の「ウィングバー」がある。ウィングバーは2012年から投入され、他のバーに比べ幅広であるため古いアタッチメントは使用できない場合がある。

ベースキャリアのバーに各種アタッチメントを取り付けて使用する。アタッチメントにはボックスタイプのジェットバッグや平置きタイプのルーフラックのほかに、スキー・スノーボード・自転車・サーフボード・カヤック・カヌーなどの積載対象が明確な製品がある。

2013年現在のTHULEのジェットバッグラインナップ(Excellence XT、Dynamic、Motion、Pacific2)は全て、バーの上に乗せたあとはボックス内部のダイヤルを締め込むだけの工具不要な装着方式を採用している。

年表[編集]

  • 1985年 - FET極東が日本国内総代理店となる(1999年7月まで)その間、マツダ三菱いすゞなどの純正キャリアのOEM供給を開始。
  • 1992年 - ドイツ・ジェットバック社を買収。ベストセラーモデルのジェットバック、「クラシック・シリーズ」発売
  • 1998年 - スーリージャパン社設立。同年「ラピッドシステム」発売。
  • 1999年 - 8月、スーリージャパン社が日本国内にてアフターセールスを開始。
  • 2000年 - 日本ルーフラック社がトヨタの純正キャリアのOEM供給を開始。
  • 2004年 - 「SPIRIT(スピリット)シリーズ」発売開始
  • 2005年 - 日本ルーフラック社がキットを検索可能な「スーリー検索」完成・運用開始
  • 2005年 - 「ATLANTIS(アトランティス)シリーズ」発売開始
  • 2006年 - ソフトトップボックス「レンジャー90」発売
  • 2007年 - 4月、阿部商会が日本国内のアフターマーケットの総代理店となる
  • 2007年 - 「パシフィック・シリーズ」発売
  • 2007年 - 12月「レンジャー500」発売

ジェットバック一覧[編集]

  • コンビ・ボックス
  • クラシック・シリーズ
  • マジック・シリーズ
  • アルパイン・シリーズ
  • ポーラー・シリーズ
  • ビジョン・シリーズ
  • エボルーション・シリーズ
  • X1
  • ノースケープ
  • オーシャン・シリーズ
  • スピリット・シリーズ
  • アトランティス・シリーズ
  • パシフィック・シリーズ

外部リンク[編集]