麒麟麦酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
麒麟麦酒株式会社
Kirin Brewery Company, Limited
Kirin logo.svg
Kirin Holdings (Nakano central park south building ).JPG
麒麟麦酒株式会社本社
種類 株式会社
市場情報 非上場(注)
略称 キリン、麒麟
本社所在地 日本の旗 日本
164-0001
東京都中野区中野4丁目10番2号
中野セントラルパークサウス
設立 1998年平成10年)3月2日(注)
業種 食料品
事業内容 ビール等酒類の製造
代表者 磯崎功典(代表取締役社長)
資本金 300億円
従業員数 3,501名(2008年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要株主 キリン(株) 100%
主要子会社 キリンビールマーケティング(株) 100%
関係する人物 ウィリアム・コープランド
T・グラバー
J・ドッズ
岩崎弥之助
米井源次郎
外部リンク http://www.kirin.co.jp/
特記事項:注:現在の麒麟麦酒株式会社は、2007年7月1日、持株会社「キリンホールディングス株式会社」へ移行した(旧)麒麟麦酒株式会社(1907年設立)より事業を承継した(旧麒麟麦酒の持株会社移行のための準備会社だった(旧)キリンホールディングス株式会社(1998年設立)が、商号を麒麟麦酒株式会社に変更した)。
テンプレートを表示

麒麟麦酒株式会社(きりんビール、Kirin Brewery Company, Limited)は、日本の酒造会社である。一般的な企業名表記として、カタカナのキリンビールが用いられることもある。

現在の法人は、持株会社であるキリンホールディングス株式会社(旧麒麟麦酒の改組により設立)の子会社で国内総合飲料事業を統括する中間持株会社・キリン株式会社の傘下にあり、ビール発泡酒を製造する事業子会社との位置付けである。企業グループは三菱グループに属する。

概要[編集]

1870年明治3年)にノルウェー系アメリカ人ウィリアム・コープランドが、日本で初めて大衆向けにビールを醸造・販売した企業「スプリング・バレー・ブルワリー(コープランドビール)」を起源とする、日本のビール事業の草分け的企業である。

幾多の変遷を経て、1907年(明治40年)に三菱財閥傘下の日本国籍会社「麒麟麦酒」として新発足し、第二次世界大戦後は徐々に生産量を増やし、1954年昭和29年)には、年間庫出量でトップシェアを獲得し、国内ビール企業の地位を確固たるものにし、アサヒビールの「アサヒスーパードライ」の台頭までは、継続的に首位を守った。2009年(平成21年)はアサヒビールがビール類(ビール発泡酒第三のビール)「販売数量」首位となっており、新商品の投入合戦で熾烈なシェア争奪戦を繰り広げているが、発泡酒と第三のビールでは、キリンがトップシェアを獲得していることもあって、2009年(平成21年)のビール類「出荷量」市場シェアは、キリンビールが37.7%とアサヒビールの37.5%をわずかに抑え9年ぶりに首位に返り咲いた[1]

ビールの商品構成は多品種で品揃えは業界一、2010年(平成22年)2月時点で定番ビール11銘柄(ライセンス品含む)を製造・発売している。

2007年(平成19年)7月1日、従来の事業持株会社の「麒麟麦酒(旧)」は「キリンホールディングス」と社名変更し、純粋持株会社となった。ビールなどのアルコール飲料の製造・販売事業については、1998年(平成10年)に設立されグループの共通業務を担当し、純粋持株会社制の準備に当たってきた「旧・キリンホールディングス」を改称した事業子会社「麒麟麦酒(新)」に移管された。2007年(平成19年)7月1日以降、この項目では事業会社の「麒麟麦酒(新)」について説明する。

2012年(平成24年)の到来とともに、さらなるグループ再編の一環として「製販分離」を実施。本社に残っていた営業部門を分割し、これにグループでマーチャンダイズ事業を行っていた会社を統合させ、新会社として切り離した[2]。これを一時統合検討相手とされたサントリーグループに当てはめると、この会社が製造を担う「サントリー酒類」に、分離された新会社が販売を担う「サントリービア&スピリッツ」に、それぞれ相当する[3]

2013年(平成25年)に入ると、グループ会社のキリンビバレッジ株式会社・メルシャン株式会社とともに、国内綜合飲料事業会社として、キリングループオフィス株式会社から商号変更したキリン株式会社の傘下に移行した。

沿革[編集]

創業[編集]

  • 1869年 - ローゼンフェルトとウィーガントが横浜山手46番に「ジャパン・ヨコハマ・ブルワリー(横浜ブルワリーまたはジャパン・ブルワリー(初代)とも呼ばれる)」を創設。居留地の外国人向けにビールの醸造を開始(後にいくつかの統廃合を経て横浜ブルワリーは閉鎖。1871 - 1872年頃、ウィーガントは山手68番の「ヘフト・ブルワリー(オランダ人の、ノールトフーク・へフトにより設立された醸造所)」に移った。ヘフト・ブルワリーはいったん閉鎖後、1874 - 1875年ごろ「ババリア(バーバリアン)・ブルワリー」として再興)。
  • 1870年 - ノルウェー系アメリカ人 ウィリアム・コープランドが横浜山手123番(天沼)に「スプリング・バレー・ブルワリー(コープランドビール)」開設。大衆向けビールとしては日本で初めて継続的に醸造・販売を開始。当時としては最新鋭のパストリゼーション低温殺菌法)を取り入れ、大量醸造・販売を開始。
  • 1875年 - コープランドが、工場隣接の自宅を改装して日本初のビアガーデンであるパブブルワリー「スプリング・バレー・ビヤ・ガーデン」を開設。
  • 1876年 - コープランドとウィーガントで、商事組合「コープランド・アンド・ヴィーガント商会」を結成(事実上、ウィーガントの「ババリア・ブルワリー」を合併)。コープランドが支配人、ヴィーガントが醸造担当となった。主たる醸造所を「スプリング・バレー・ブルワリー」とし、山手68番の旧「ババリア・ブルワリー」は、同組合の麦芽の発酵所「モルトハウス」として残された。この頃、品質の良さが評判となり、横浜のみならず、東京、長崎、神戸、函館、上海、サイゴンと販路を拡大。
  • 1880年 - コープランドとウィーガントの間で、工場経営の主導権をめぐって対立。両者は折り合うことができずに、裁判となり、商事組合は解散の上、工場が競売にかけられることとなる。即時、コープランド自身が落札し、醸造所は継続する。
  • 1884年 - 1880年の醸造所買収時の借金をきっかけに倒産。そのため、醸造所は一旦閉鎖され、醸造所と醸造設備が裁判所を通じて公売にかけられる。トーマス・ブレーク・グラバーやイギリスのビール会社バターフィールド社のジェームス・ドッズらがスプリング・バレー・ブルワリーの再建をすべく在日外国人を中心に、日本国内外の投資家に協力要請を開始。
※この頃、コープランドの弟子の浅田甚右衛門は、倒産したスプリング・バレー・ブルワリー社の醸造設備を購入し、同僚だった村田吉五郎とともに東京府下中野に浅田麦酒醸造所を開設。「浅田ビール」の醸造を開始。しかし、経営は振るわず、1912年自主廃業している。
  • 1885年 - T・グラバーやJ・ドッズらに三菱財閥の岩崎弥之助らが発起人として加わり、外国資本による香港国籍の新会社「ジャパン・ブルワリー(二代目)」を設立。スプリング・バレー・ブルワリーの醸造所を買収。その醸造所の技師や従業員の多くが新会社へ引き継がれる一方、既存の醸造設備は売却し、ドイツの最新鋭設備を導入し再建する。(後に株主として渋沢栄一も参加し、後に重役に就任。コープランドは「スプリング・バレー・ビヤ・ガーデン」の経営を継続する)
  • 1888年 - ジャパン・ブルワリーが明治屋と一手販売契約を締結、「麒麟ビール」を大瓶1本18銭で発売(明治屋は現在も出資している)。
  • 1889年 - 現在の瓶のデザインの元になる大きい麒麟のイラストを瓶のラベルに起用。

初代・麒麟麦酒[編集]

  • 1907年明治40年) - 三菱財閥と明治屋の出資による純粋日本国籍、日本資本の新会社「麒麟麦酒株式会社」を設立。ジャパン・ブルワリー社から組織や事業をそのままの状態で買収・継承(会社としてのジャパン・ブルワリー社は解散)。
  • 1923年大正12年) - 関東大震災で横浜にあったビール工場が全壊。東洋醸造を合併し、仙台工場とする。
  • 1928年(昭和3年) - 「キリンレモン」「キリンシトロン」「キリンサイダー」発売。
  • 1933年昭和8年) - 販売協定を結ぶため「麦酒共同販売会社」を設立。
  • 1943年(昭和18年) - ビールメーカー各社の商標が廃止され、各社ともラベルは「麦酒(家庭用・業務用)」に統一される。
  • 1949年(昭和24年) - ビールの配給制度が廃止され、直接販売が復活。出荷制限も解除され、本格的自由販売が再開、「キリンビール」の商標が復活する。
  • 1960年(昭和35年) - 「キリン缶ビール」発売。
  • 1965年(昭和40年) - 本店を横浜市から東京都中央区京橋に移転。
  • 1966年(昭和41年) - 日本国内のビール生産量の50%を突破する。
  • 1967年(昭和42年) - 宝酒造がビール事業より撤退したのに伴い、同社の京都工場を買収し、京都工場を開設。
  • 1972年(昭和47年) - キリン・シーグラム株式会社(現:キリンディスティラリー)設立。
  • 1976年(昭和51年)
  • 1985年(昭和60年) - 「キリン生ビール(瓶ビール)」(別名"青ラベル")発売。
  • 1986年(昭和61年) - 麦芽100パーセントの生ビール「ハートランドビール」発売。
  • 1988年(昭和63年) - ドライビールブームの全盛期、「キリンドライ」が発売される。また、麦芽100パーセントの生ビール「キリンファインモルト」も発売。
  • 1989年平成元年) - 「キリンビール」が「キリンラガービール」に名称変更、「キリン生ビール」が大幅に改良されて「キリンファインドラフト」に改名。また、麦芽100%のオールモルトドライビール「キリンモルトドライ〈生〉」や味わいにこだわった生ビール「キリンファインピルスナー〈生〉」も発売される。
  • 1990年(平成2年) - 一番搾り麦汁を使用した「キリン一番搾り生ビール」発売。また、「キリンファインドラフト」が「キリンドラフト」に改名。
  • 1991年(平成3年) -
    • 松任谷由実の「DAWN PURPLE TOUR 1991-1992」に協賛。以降10年間に渡り、松任谷のコンサートツアーに協賛。
    • 清涼飲料水部門を分割し「キリンレモン株式会社」に統合。「キリンビバレッジ株式会社」発足。
    • キリンプレミアムビール」発売。一番搾り麦汁を使用した熱処理ビール。
    • 秋季限定発売の熱処理ビール「キリン秋味」発売開始。
  • 1993年(平成5年) - アンハイザー・ブッシュ社からライセンスを受け、バドワイザーの生産・販売開始(これ以前はサントリーがライセンス契約をしていた。なお、北米では逆方向のライセンスで、アンハイザー・ブッシュ社が、キリン一番搾りなどのビールを製造・販売している)。
  • 1995年(平成7年) - 本社を東京都中央区新川に移転
  • 1996年(平成8年) - キリンラガービールが熱処理方式から熱処理しない「生ビール」に品質変更し、アルコール度数を4.5%から5%に引き上げた(ただし業務用の「キリンラガー樽詰」は1995年に一般向けに先行して生ビール化している)。味も従来より爽快感を高め、軽めに変更。しかし、ラガーは重さが特徴だったため、これまでのラガーユーザーは次々と離れてしまった。また、実質的な後継商品であるキリン一番搾り生ビールのヒット後も並行販売していた「キリンドラフト(旧キリン生ビール)」が販売終了となった。
  • 1998年(平成10年)
    • キリンラガービールが、生ビール化してからは初めての味の変更を行う。コクと苦味を高め、ラガーらしさを持ち直した。
    • キリン初の発泡酒「麒麟淡麗〈生〉」発売。この年の大ヒット商品となる。
    • キリングループ3社、サッカー日本代表のオフィシャルスポンサー単独契約。
  • 2000年(平成12年) - パッケージデザインに山本容子田中秀幸326を起用した数量限定ビール「キリン21世紀ビール」発売[4]
  • 2001年(平成13年)
    • キリンクラシックラガー」発売。ラガービール本来の熱処理方式であるオリジナルのキリンラガービールが5年ぶりに復活。当初は瓶ビールのみ。
    • 缶チューハイ「氷結果汁」(のちに「氷結」に改名)発売。
  • 2002年(平成14年)
    • 発泡酒「淡麗グリーンラベル」発売。サントリー・ダイエットとともに糖質オフ発泡酒の先駆け。
    • 発泡酒「キリン 極生」発売。翌年には黒い色をした発泡酒「キリン 生黒」を発売。
  • 2005年(平成17年) - ビール風味のアルコール飲料「キリン のどごし〈生〉」発売。
  • 2006年(平成18年)
    • 5月12日 - 持株会社化の一環として、キリンビバレッジのTOB6月15日まで実施し、キリンビバレッジの発行済株式総数(55,002,370株)の97.07%(53,392,016株)を取得。
    • 7月12日 - 出荷統計量の発表でキリンがビール関連飲料で一位になった。二位のアサヒビールとの差は0.3ポイント。「のどごし」が好調だったのが良かったと報じている。アサヒビールの「ぐびなま。」も好調だったがあと一歩で一位を逃してしまった。
    • 10月1日 -
    • 11月16日 - メルシャンと資本業務提携を発表。その上でメルシャンの発行済み株式の50.12%を友好的TOBによって取得すると発表。TOB成立後は子会社化し、ワインと加工用酒類をメルシャンに、焼酎とチューハイ・カクテル類をキリンに集約する予定とされた。ウイスキー、ブランデーなどの処遇はこの時点では未発表。
    • 12月26日 - TOBの成功により、メルシャンを連結子会社化。
  • 2007年(平成19年)
    • 創業100周年。3月の「キリン・ザ・ゴールド」を皮切りにビール系新商品を大量投入。また、「クラシックラガー」以来となる熱処理ビールの新商品を2点投入。発売されたビール・発泡酒・新ジャンル(すべて限定品は除く)は次の通り。
      • グランドエール(チルドビール、無濾過)
      • キリン・ザ・ゴールド(麦芽100%、熱処理ビール)
      • ニッポンプレミアム(麦芽100%、熱処理ビール)
      • 一番搾りスタウト(麦芽100%、生ビール)
      • 円熟黒(発泡酒)
      • 良質素材(新ジャンル、リキュール類)
      • スパークリングホップ(新ジャンル、リキュール類)
    • 1月1日 - 「キリン ウェルフーズ」の健康・機能性食品事業を「キリン ヤクルト ネクストステージ」へ会社分割により移管。キリンウエルフーズは商品の製造とプロモーター作用を持つ成分が含有されていることが厚生労働省から指摘され、自主回収することとなったアガリクス商品などの回収業務、事後対応のみを対応することになった。
    • 2月 - ハイネケン社および、同社との合弁会社ハイネケンジャパン社からライセンスを受け、缶ビールに限り国内生産開始。
    • 4月3日 - 三菱グループ内の食肉関連事業の再編として、グループ会社・米久の全株式を5月1日より順次三菱商事へ譲渡することを発表。

2代目・麒麟麦酒[編集]

  • 2007年
    • 7月1日 - 純粋持株会社制に移行し、それまでの麒麟麦酒株式会社は「キリンホールディングス株式会社」に社名変更。国内酒類事業を統括する(新)「麒麟麦酒株式会社」(旧・キリンホールディングス株式会社)、医薬事業を手がける「キリンファーマ株式会社」の2つの事業会社と、グループ間の業務サポートを担う「キリンビジネスエキスパート株式会社」に会社分割。持ち株会社の準備会社として運営されていた旧・キリンホールディングスを事業子会社の麒麟麦酒株式会社(新社)に商号変更し、6月末までの麒麟麦酒株式会社(旧社)の国内酒類事業(ビール系飲料、RTD)を新社に移管し、さらに、子会社のメルシャンからは、RTD、焼酎、梅酒、洋酒(一部商品を除く)、合成清酒の販売が新社に移管され、逆に旧社のワイン販売事業をメルシャンへ移管した。
    (※以降、麒麟麦酒株式会社(新社)の歴史のみを記載。そのほかグループ全体の歴史や各事業子会社の歴史は、キリンホールディングスなどを参照。)
    • 8月29日 - キリンカクテル スパークル発売。缶カクテル市場へ参入。
    • 10月17日 - 新ジャンル・スパークリングホップ発売。同時に新ジャンルとしては業界初となる瓶容器を発売。
  • 2008年
    • 2月20日 - 健康志向の発泡酒「麒麟ZERO」発売。
    • 4月2日 - メルシャンブランドで販売されていたRTD全商品(「本搾り」「ギュギュっと搾った。」)をリニューアルと同時にキリンブランドに移管。
    • 4月9日 - メルシャンブランドで販売されていた一部焼酎(「白水」の一部、「火唐」・「火の麦」全商品)をリニューアルと同時にキリンブランドに移管。
    • 6月24日 - 環境省の「エコファースト制度」に認定。
  • 2009年
    • 3月 - 「キリン一番搾り生ビール」を、麦芽100%のオールモルト生ビールにリニューアル。
    • 4月8日 - 世界初のアルコール0.00%を実現したノンアルコール・ビールテイスト飲料「キリンフリー」を発売。
    • 6月 - ギネスの販売を開始。
    • 8月31日 - 本社を東京都渋谷区神宮前の原宿本社ビルに再移転(登記上の所在地は変更せず)。
    • 10月1日 - ディアジオ・モエヘネシー社が行ってきた海外生産の洋酒ジョニー・ウォーカーホワイトホースなど13銘柄)の輸入販売を同社から譲受。
  • 2010年
    • 1月15日 - 2009年におけるビール類の出荷量(課税ベース)にて同社が2000年以来9年ぶりの首位と発表された[1][5]。ただし、販売数量ではアサヒビールが首位であり、統計によって順位が異なるという初の「珍現象」が発生[1][5]
    • 2月8日 - グループ会社のキリンビバレッジも原宿本社ビルへ本社機能を移転。
    • 2月中旬 - キリンラガービールが、生ビール化してからは2度目の味の変更を行う。よりホップを利かせ、苦味と飲み応えを高めた。
  • 2011年3月11日 - この日発生した東日本大震災により、宮城県仙台市宮城野区にあるキリンビール仙台工場が被災。屋外に設置されているビールタンク15基の内4基が倒壊するも、醸造設備など全体的に壊滅的な被害は免れたと発表。また茨城県取手市にあるキリンビール取手工場でも震災の影響で建物の一部損壊が確認された。
  • 2012年
    • 1月1日 - 営業部門を分割し、キリンマーチャンダイジング株式会社と統合させ新会社「キリンビールマーケティング株式会社」発足[2]
    • 7月1日 - ワイン・梅酒・焼酎の販売元をメルシャンに再移管。キリンブランドで販売されていた商品もメルシャンブランドで販売される。
  • 2013年
    • 1月1日 - キリンホールディングス株式会社が保有していた当社の全株式をこの日発足した国内綜合飲料事業会社(中間持株会社)であるキリン株式会社に譲渡され、同社の傘下に移行する。
    • 11月14日 - キリン株式会社のコーポレートサイトおよびキリンビバレッジ株式会社・メルシャン株式会社のウェブサイトが当社ウェブサイトに統合され、キリン株式会社のウェブサイトに集約される。
  • 2014年
    • 源流のウイリアム・コープランドの業績と理念を引き継ぎ運営されている横浜工場内のパブブルワリー(醸造所併設レストラン)「スプリングバレー」を母体にクラフトビールブランド「SPRING VALLEY BREWERY」を立ち上げ、その運営子会社である「スプリングバレーブルワリー」を設立。
  • 2015年
    • 3月25日 - パブブルワリー「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」を東京代官山を開設。かねてからあった横浜(横浜工場)のパブブルワリーは改装再オープン[6]

ブランド名とラベルデザインの由来[編集]

ブランド名[編集]

「麒麟(キリン)」という名前の由来については諸説あるが、当時の記録によると、幹部の荘田平五郎の提案によるものであることが分かっている。

麒麟」は、空想の古代中国の聖獣(霊獣)で、縁起が良いとされており、命名当時、海外のビールで、動物名が多く用いられていたことにちなみ、かつ日本人に受け入れられやすい名称として導入したという説がある。

また、創業者コープランドの親しい友人の名前である「カリン」から来ているという説もある。

ラベルデザイン[編集]

瓶製品の麒麟(クラシックラガーの瓶とキリンの隠し文字の拡大)
缶製品の麒麟(キリンラガーの缶とキリンの隠し文字の拡大)
1998年以前の缶製品の麒麟(1988年のキリンドライの缶と一部の拡大)
1995~1997年のラガー缶の麒麟(1996年 - 1997年の缶とキリンの隠し文字の拡大)
  • 「麒麟ビール」発売時に導入された初代ラベルは、朝陽を浴びて、駆け出そうとしている麒麟であった。スプリング・バレー・ブルワリー社時代に製造したボックビール(果実のような芳香や麦芽の風味を重視した高濃度のビール)のシンボルマークの山羊をヒントに、中国の聖獣「麒麟」を組み合わせたという説がある。
  • その後採用されたデザインは、1889年(明治22年)にグラバーの提案(彼は太宰府天満宮にある麒麟像を気に入っていた)でデザインされたと言われているもので、現在のラガービールやクラシックラガーのラベルデザインの原型となった。戦中を除いて現在まで受け継がれている。
  • ビールや一部の清涼飲料のラベルに用いられている麒麟の絵の中には隠し文字、カタカナの「キ」、「リ」、「ン」の文字がデザインされている。同社によると隠し文字の発祥は「当時のデザイナーが遊び心でデザインしたという説」と「偽造防止説」があるが明確な理由は関東大震災で資料を紛失したため不明であり、導入された時期も不明瞭であるが大正時代の商品ラベルの一部には導入が確認されている[7][8]
※麒麟のひげは、創業に関わったグラバーのひげがモチーフだと言われている。
なお、これは、フジテレビトリビアの泉」でも、取り上げられたことがある。
  • 現在使用されている麒麟にも、良く見ると少しずつ違いがある。ここでは、シルエットではなく、体に模様が描かれている麒麟の模様について触れる。
    • 瓶製品の麒麟には、毛の模様がしっかり描かれている。「キ」「リ」「ン」の隠し文字もはっきり書かれている。(ビヤ樽や、缶製品の一部にも、これが採用されている)
    • 缶製品の麒麟は、瓶製品と比べ、毛の模様が簡略化されているが、1998年(平成10年)以降のほとんどの缶製品の麒麟には、隠し文字もちゃんと書かれている。炭酸飲料のNUDAの麒麟は、これである。(瓶製品の場合でも、麒麟が小さい場合などに、これが採用される場合がある)
    • 1998年(平成10年)以前の缶製品は、模様がさらに簡略化されており、隠し文字が入っていない。現在も、麒麟がかなり小さい場合は、これが採用される場合がある(これも当時の瓶製品の一部でも採用されていた)。
    • それ以外には、1995年(1994年と同デザインであるが、側面の能書きを変更した際に、麒麟も変更した) - 1997年までの缶のキリンラガーには、毛の模様が、1998年以前の缶製品と同程度まで簡略化されているが、隠し文字の入っている麒麟が採用されていた。
  • 麒麟のデザインは、1889年(明治22年)に広島県出身の漆工芸家である六角紫水が制作[8]

キリン原宿旧本社ビル[編集]

キリン原宿旧本社ビル

キリン原宿旧本社ビルは、東京都渋谷区神宮前6丁目26-1に所在した、麒麟麦酒株式会社の本社社屋である。ビルは明治通り山手線に挟まれた高台の、かつては穏田と呼ばれた地区にあり、約1,800坪の敷地に対して建坪は500坪に過ぎず、残りは日本庭園となっている[9]

このビルが竣工して麒麟麦酒の本社となったのは1976年昭和51年)で、当時創立70周年を迎えた麒麟麦酒は、他社によって建築中だったこのビルを土地ごと購入、改装して本社社屋としたものである[9]。このビルはもともと高級マンション仕様として設計・建築されており、余裕のある建物配置や内部構造はこの事情に由来している[9]

1995年平成7年)には一旦本社機能が中央区新川に移され、このビルは麒麟麦酒の医薬事業の事務所として使用されることになった。

しかしながら2009年(平成21年)8月には麒麟麦酒株式会社の本社はここに再移転、翌2010年(平成22年)2月にはキリンビバレッジ社の本社もこのビルに移転された[10]。これは、キリングループ内における飲料グループ同士のシナジー効果を図るという経営戦略に基づいたもので、この2社本社機能隣接の際には、キリン原宿旧本社ビル内の設備・設計も大幅に改装された[10]

ただキリングループの国内主要子会社の本社を一箇所に集約することになり、同ビルはその目的にはやや手狭であることなどから、2013年(平成25年)に本社機能を中野区中野セントラルパークサウスに移転した[11]。これに伴い当ビルは新川のキリンホールディングス本社などと共に売却される予定[12]

コーポレート・スローガン、キャッチフレーズ[編集]

  • 「衆議一決!ビールはキリン」(1949年) - 戦時中から中断していたビールの銘柄商標復活に伴い、社員募集によって選ばれたキャッチコピー。
  • 「品質本位のキリンビール」(1950年頃 - 1984年)
  • 「家中みんなキリン・キリン」(1960年代)
  • 「どういうわけかキリンです」(1971年頃)
  • 「生きてる限りキリンビール」(1970年代)
  • 「中位もいいさ(キリンビール中瓶)」(1970年代)
  • 「ビールの世界も、いろいろで」(1977年)
  • 「基本だな、キリンビール」(1980年代)
  • 「気分を洗う時間です、キリンビール」(1980年代)
  • 「21世紀へ乾杯 KIRIN」(1984年~1989年)
  • 「一枚のラベルにロマンがある。キリンビール」(1985年)
  • 「BEER'S NEW 〜どこまでおいしくなれるだろう〜」(1989年)
  • 「ラガーには味がある。キリンラガービール」(1989年) - 「キリンビール」の商品名だったラガービールが「キリンラガービール」に名称変更した際のキャッチコピー。
  • 「うまいが一番。」(1990年) - 「キリン一番搾り」発売当初のキャッチコピー。
  • 「新鮮な明日へ KIRIN」(1993年 - 2002年) - サウンドロゴでは、1997年4月~7月までの企業CM[13]、7月~8月の「キリンラガービール」、同年12月の「キリン一番搾り」は、長野オリンピックのロゴマークとの併用バージョン。
  • 「キレ味、だいご味。キリンラガービール」(1994年)
  • 「ラガーは生へ。味のある生へ。キリンラガービール」(1996年) - キリンラガーが熱処理しない方式のラガービールに品質改良する際のキャッチコピー。
  • 「ビールにも21世紀はやってくる」(1997年)-「うまい!キリン」は1997年12月17日朝刊にも使われていた。
  • 「この国には、キリンラガービールがあります。」(1998年)
  • 「うまい!キリン」(1999年 - 2002年) - 2000年以降は、サウンドロゴを表示しなくなった。
  • 「うれしいを、つぎつぎと。KIRIN」(2003年 - 2006年) - サウンドロゴは、どの商品にも公表している。
  • 「時代は変わる、ラガーは変わるな、キリンラガービール」(2006年 - )
  • 「おいしさを笑顔に KIRIN」(2007年 - ) - スポンサークレジットは『KIRIN キリンビール』に変更。キリンビバレッジなどグループ各社もこのスローガンに統一。サウンドロゴは2008年まではCMの最後に表示されていたが、2009年からは「キリン![14]」のサウンドロゴへのリニューアルと同時にCM冒頭に表示されるようになった(新聞などの広告では、バドワイザー・ハイネケン・アルカリイオンの水・小岩井・トロピカーナ・ボルヴィックでは使用されていない)。
  • 「親。子。人は続く。キリンビール」(2008年 - )
  • 「NIPPON ICHIBAN ニッポンを楽しもう。」(2009年 - ) - 一番搾りのキャッチコピー。
  • 「ガツン!とくる。それがビール。キリンラガービール。」(2010年)
※なお、コーポレート・スローガンやキャッチフレーズではないが、2006年10月から、すべての酒類系飲料のCMにおいて、『飲酒運転は法律で禁止されています。』という字幕がサウンドロゴに併記されるようになった。ただし、2007年から共通のサウンドロゴをキリンビバレッジ(アルカリイオンの水・小岩井・トロピカーナ・ボルヴィックの各ブランドを除く)でも使用する関係で字幕を外すことになり、代わってCM本編内に字幕を表示している。[15]

各地域のキャッチコピー[編集]

キリンビールは全国各地に統括支社を設置し、その地域に合わせたキャンペーン活動を展開している。

  • 北海道 - 「北海道のヨロコビール。」
  • 東北6県青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県) - 「東北の恵みに感謝!」
  • 茨城県 - 「茨城のうまい!に乾杯」
  • 栃木県 - 「おいしさ栃木産」
  • 群馬県 - 「はばたくぐんまに乾杯!」
  • 埼玉県 - 「さいたまの楽しいに感謝」
  • 千葉県 - 「元気な千葉に乾杯!」
  • 神奈川県 - 「横浜生まれのキリンビール」
  • 新潟県 - 「元気発信。にいがた」
  • 山梨県 - 「元気な甲斐にキリンで乾杯」
  • 長野県 - 「信州のうまいにカンパイ!」
  • 富山県 - 「キトキト。」
  • 石川県 - 「やっぱり、じわもん!」
  • 福井県 - 「つるつるいっぱい、キリンビール。」
  • 静岡県 - 「さすが静岡、ビール通!」
  • 東海3県 - 「昔ッから、決まッとる。」
    • 愛知県 - 「ナゴヤに感謝、ナゴヤに乾杯。」
    • 愛知県三河地方 - 「三河に感謝、三河に乾杯。」
    • 岐阜県 - 「岐阜に感謝、岐阜に乾杯。」
    • 三重県 - 「三重に感謝、三重に乾杯。」
  • 滋賀県 - 「滋賀のええもんに乾杯!」
  • 京都府 - 「京都が好き!京都に乾杯!」
  • 大阪府 - 「おおきに大阪!キリンで元気!」
  • 兵庫県 - 「ありがとうひょうご!」
  • 奈良県 - 「奈良の『ほんもの』キリンで乾杯!」
  • 和歌山県 - 「つれもて飲むらキリン!」(紀州弁、意訳:「一緒に飲もう」)
  • 鳥取県島根県 - 「カンパイ!おいしさ山陰産」
  • 岡山県 - 「岡山産がえ~じゃないか!」
  • 広島県 - 「ひろしまのみなさまに、ありがとう!」
  • 山口県 - 「やまぐちの恵みにかんぱい!」
  • 徳島県 - 「キリンは徳島を応援します。」
  • 香川県 - 「楽しく香川を盛りあげ隊!」
  • 愛媛県 - 「広げよう!“愛”ある想い“愛”ラブ愛媛」
  • 高知県 - 「たっすいがは、いかん!」(土佐弁、意訳:「(味や生き方など、いろいろと)薄いのは駄目だ!」)
  • 福岡県 - 「すいとー!福岡」
  • 佐賀県 - 「うまSAGA際立つ」
  • 長崎県 - 「ふるさと長崎に乾杯!」
  • 熊本県 - 「元気で明るいくまもとに乾杯!」
  • 鹿児島県 - 「ありがとう鹿児島、南の風に乾杯!」
  • 沖縄県 - 「島のごちそう時間」

企業活動[編集]

スポーツ[編集]

1995年よりサッカー日本代表公式スポンサーを務める。元々は前述のキリン原宿本社ビルが、山手線の線路を挟んで当時日本サッカー協会(JFA)が入居していた岸記念体育会館と向かい合わせだったという縁から、1978年にJFAが開催した「ジャパンカップ」に協賛したことがきっかけ。ジャパンカップは1985年に「キリンカップサッカー」と大会名を改め、現在に至るまで協賛を続けている。また2001年からはサッカー日本女子代表2007年からはフットサル・ビーチサッカー日本代表の公式スポンサーも務め、フルカテゴリースポンサーとなっている[16]

日本オリンピック委員会のオフィシャルパートナーでもあったが、サッカーの国内プロ化以前から支援していたサッカーへのサポートに専念するため、2008年度(平成20年度)いっぱいで契約を打ち切った[17]。また2007年(平成19年)まではバスケットボール男子日本代表のスポンサーでもあった。

芸術[編集]

キリンアートアワード開催やKPOキリンプラザ大阪での展示会など、現代アートへの寄与を行っていた。2007年(平成19年)11月1日以降の芸術文化支援はキリンホールディングス株式会社が主体となっている[18]

パフォーミングアートのイベント協賛として、静岡県静岡市で毎年秋に開催される「大道芸ワールドカップin静岡」に、静岡支社(旧静岡統括支社)が第二回目から協賛している。

商品[編集]

事業所[編集]

本部機能[編集]

本社
東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパークサウス

工場[編集]

☆は工場見学者向けの施設「キリンビアパーク」が併設されている。
大型の工場見学者向けの施設「キリンビアビレッジ」が併設。
かつては清涼飲料専門工場であり、社内では「レモン工場」と呼ばれていた。
尼崎工場(後述)の後継工場として操業。

かつて存在した旧原宿本社は、もともと医薬品事業の統括を行っていた事務所であり、持株会社制移行で新麒麟麦酒が酒類に専念することとなったため、キリンファーマ本社を経て、現在は協和発酵キリンの事業部などグループ企業が入居しているが、2009年平成21年)8月、麒麟麦酒本体の営業本部が原宿に再移転した(登記簿上の本店は中央区新川に残る)。

麒麟麦酒は鉄道貨物との繋がりが深く、1984年(昭和59年)2月の「59・2」ダイヤ改正まではほとんどの工場で専用線を所有し、製品や私有貨車による原料の鉄道貨物輸送を行っていたが、現在では仙台工場のみとなっている。

営業関係の拠点は分社実施により全て新会社「キリンビールマーケティング」に移され、現在麒麟麦酒本体に残るのは商品の開発・製造に関係する拠点のみである。なお、両社とも本部機能は原宿本社ビルに置く。

旧本社工場(現在の横浜工場)について[編集]

  • 現在の横浜工場は、関東大震災で崩壊した旧本社工場(旧スプリング・バレー・ブルワリー、横浜市山手天沼=現在の中区千代崎町)を移転する形で開設された[21]。そのため、キリンビール関係者は横浜工場を「現存するビール工場としては日本で一番伝統がある工場である」「日本で最初のビール工場を引き継いでいる」と説明している。
  • 旧本社工場跡は、今は「キリン園」という公園と横浜市立北方小学校になっており、キリン園には「麒麟麦酒開源記念碑」と「文化遺跡 日本最初麦酒工場(横浜市建立)」の記念碑が建っており、小学校の校庭にはビール井戸が二つ残っている。
  • コープランドが旧本社工場用地を天沼に決定した理由は、山腹からわき出る清水の味からだと言われている[21]。スプリング・バレーの語源もそこから来ている。
  • 旧スプリング・バレー・ブルワリーで造られたビールは、当時の広告からは、上面発酵の 3種(ペールエール、ポーター、ジンジャエール)と下面発酵の3種(ラガービール、ババリアンビール、ボックビール)の計6種類であったことが確認されている。商品名としては、「ババリアンビール」、「ラガービール」、「横浜ビール」などとつけられていたが、当時の日本人には外国語はなじまなかった。そのため、「麒麟」ブランドが誕生するまでは、工場の地名にちなみ「天沼ビアザケ」と呼ばれていた。また、工場の横の道路は「ビアザケ通り」と呼ばれていた。
  • 旧スプリング・バレー・ブルワリーには、冷凍機がなかった。そのため、発酵温度を低く保たなければならないラガービールは10月から3月までの寒い時期に仕込みが行われ、夏季は醸造所敷地内の横穴で貯蔵し、主に夏から秋にかけて出荷された。
  • 横浜工場には旧スプリング・バレー・ブルワリーを再現した建物があり、当時の資料を参考に作られた地ビール醸造設備がある。また、そこで醸造した地ビールを提供するビアレストランが併設されている。
  • 2005年(平成17年)秋に現在の麒麟麦酒創立100周年記念として、コープランド醸造の「ラガービール」(天沼ビアザケ)が約135年ぶりに横浜工場で復元され、2006年(平成18年)に横浜工場見学者限定の試飲キャンペーンを実施。2007年(平成19年)春季に非売品ながら瓶詰めとしてキャンペーンの当選者にプレゼントされた。
  • 横浜工場・横浜支社では、創業者のコープランドの命日(2月11日)と6月[22]に彼の墓前(横浜の外国人墓地)で、最新のビールを供え、会社の発展を祈る墓前祭を行っている[21]。2006年(平成18年)からは、コープランドが醸造したものを復元したラガービールも供えられている。なお、1902年(明治35年)のコープランドの葬儀の一切は、スプリング・バレー・ブルワリー社の後身で麒麟麦酒の前身であるジャパン・ブルワリー社が取り仕切った。

歴代キャンペーンガール[編集]

1990年(平成2年)から2003年(平成15年)まで、自社のキャンペーンガールを選出していた。


CMキャラクター[編集]

テレビ提供番組[編集]

提供クレジットは2006年(平成18年)まで「KIRIN」だったが、2007年(平成19年)から「KIRIN キリンビール」と表示されるようになった。提供案内は「キリンビール・キリンビバレッジの提供でお送りします・しました」と言う。また、希にグループ会社のメルシャンの製品CMも流れることもある。

2015年(平成27年)現在、23時台を中心に放送されているニュース番組3番組(「NEWS ZERO」、「NEWS23」、「あしたのニュース(土曜日のニュース&すぽると!も含む)」)においてカウキャッチャーでCMを各15秒×2本ずつ放送している。

2013年10月以降、一社提供・大筆頭番組を除き常時提供する番組は報道番組のみになり、その他の番組には不定期スポンサーとして幅広く提供している。

現在[編集]

1社提供
提供枠が1分以上
提供枠が30秒

過去[編集]

ほか多数

ラジオ提供番組[編集]

一方のラジオでの番組提供はほとんどプロ野球中継の曜日別スポンサーでの提供契約が多かったため10月-翌年3月はスポットでの広告展開になっていたが、いつかは不明だが、FMでも広告を出稿する様になってからは通年通しでラジオCMが流れるようになった。しかし、未成年の飲酒やドライバーの飲酒運転が社会問題へ発展し、テレビ同様ビール・酒造組合からビールCMの広告展開の見直しが現在要求されている。それを見越して、一部の放送局では提供番組をプロ野球中継から音楽番組へ切り替えている。また、かつて地ビールのラジオCMが地域ごとに流されていたこともあった。

現在[編集]

過去[編集]

  • JRNナイター(主にTBSラジオ制作のプロ野球中継、ただし大阪地区はABCラジオネットの曜日に流れていた。)
  • NRNナイター(主にニッポン放送制作のプロ野球中継)

など

その他[編集]

スポーツ新聞の1頁目題字の段に、遅くとも1980年代の初め頃まで、キリンビールのビンの王冠の写真をデザインし、その上に「品質本位」という広告が掲載されてあった。

ビール瓶アルミ缶・流通用段ボール箱等の形について、国内の同業他社(アサヒ・サッポロ・サントリー)が基本的に共通規格のものを用いているのに対し、キリンビールは独自規格品を使用している。理由としては軽量化やコスト削減の他、ビール瓶については「伝統の『なで肩』を守る」という目的もあるという[25]。なお、一般的な太さのアルミ缶は、1990年代中頃から上部の直径が狭い「204径缶」を日本で初めて採用[26]している他、飲み口の幅が広い広口缶(キリンでの名称は「飲み口ワイド缶」)も、他社では2000年代に入ってから採用されたのに対し、キリンでは1997年より「ビール工場」と「LA2.5」で日本で初めて採用し、1998年には135ml缶を除く全商品で採用している。このように独自規格のパッケージを開発するため、社内には「パッケージング技術開発センター」が設けられており、瓶・缶の軽量化やCO2排出量削減を継続的に行っている[27]

グループ会社[編集]

外縁・関係会社[編集]

  • 三菱グループ
  • 米久(ハムメーカー。パンなども手がける。三菱グループ内再編にともない三菱商事に移管)

出身著名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 09年ビール日本一 キリンなのかアサヒなのか J-CAST 2010年1月21日
  2. ^ a b 植木宏(代表取締役社長). “会社情報_社長メッセージ”. キリンビールマーケティング. 2012年4月13日閲覧。
  3. ^ サントリーは、2009年の持株会社制移行と同時にこの再編を実施。グループ内で完全独立させたワイン以外の酒類について「製販分離」に踏み切ったが、商品ではキリン同様引き続き製造元のサントリー酒類が発売元となっている。アサヒビールは本業こそ「製販一体」であるが、琉球・奄美外におけるオリオンビールを含めたグループの酒造メーカーについて「製販分離」を導入し、こちらはより踏み込んでアサヒビールが販売を行うことを商品に明示している。サッポロビールは持株会社制移行後も引き続き「製販一体」を維持。
  4. ^ KIRIN 平成12年10月11日 〜21世紀の幕開けを祝い、斬新なパッケージデザインで限定醸造〜「キリン21世紀ビール」新発売
  5. ^ a b キリンビール出荷首位…09年 YOMIURI ONLINE(読売新聞)2010年1月15日
  6. ^ 2015春、キリンの「スプリングバレーブルワリー」が東京と横浜に誕生!
  7. ^ KIRIN「カンパ〜イ!!ラガー」History -歴史- (インターネット・アーカイブ)」
  8. ^ a b 2002年11月25日放送『トリビアの泉』トリビアNo.044「キリンビールの麒麟の絵には「キ」「リ」「ン」の文字が隠されている」
  9. ^ a b c 神宮前六丁目 『原宿 1995』 コム・プロジェクト 穏田表参道商店会1994年12月25日発行 p70
  10. ^ a b キリンビール社およびキリンビバレッジ社の本社事務所移転について :グループシナジーの最大化に向けてキリン原宿本社に本社機能が集合! 麒麟麦酒株式会社のプレスリリース 2009年6月17日
  11. ^ グループ本社移転と国内グループ会社の本社組織拠点集約について - キリンホールディングス・2012年2月10日
  12. ^ 会社は絶対潰れないという前提で働いていないか? -キリンビール社長 磯崎功典氏 - PRESIDENT Online・2013年1月4日
  13. ^ 花見編と野球編の2パターンで使用
  14. ^ 30秒バージョンではコーポレートスローガンと同一で「おいしさを笑顔に キリン!」となる。なお、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響で同年3月末まで一切の広告活動を自粛していたが、4月1日に再開してからは「キリン!」の部分を無音にしたバージョンに差し替えられた。
  15. ^ その後2014年1月1日深夜放送の「NNNニュース&スポーツ」(「NEWSZERO」の年末年始休止による代替最終ニュース)のカウキャッチャーよりサウンドロゴが後ろに繰り下がってCM素材もそれに合わせてリニューアルされた。その後三が日明けより他局でも順次CMがリニューアルされている。なお、ラジオの提供番組では2014年1月よりサウンドロゴが消滅している。
  16. ^ キリングループのサッカー支援 ~日本サッカー界のさらなる発展とサッカー文化の創造に向けて~ - キリンビバレッジ・2011年12月20日
  17. ^ キリン、JOC協賛契約更新せず 19年間支援 - 47News・2009年2月16日
  18. ^ KIRIN 地域情報:KPOキリンプラザ大阪閉館のお知らせ 20年間ご愛顧いただき誠にありがとうございました。(インターネット・アーカイブ)
  19. ^ キリン栃木工場最終ビール 「感謝を力に」ラベルで県内限定 - 下野新聞、2010年7月24日
  20. ^ 北陸工場閉鎖は9月末 キリンビール - 富山新聞、2010年7月13日
  21. ^ a b c 社団法人 横浜中法人会「横浜とキリンビールの縁(えにし)」
  22. ^ 6月のものはレストラン山手十番館のビアガーデンがオープンすることに合わせて、行われている。墓前祭の後にはコープランドビール祭りという懇親会が行われており、これは、キリンビールは後援者となっている。
  23. ^ 本番組のみ上述の提供クレジット・読みの例外で、オープニングは赤地に白の「KIRIN Presents」が提供読みの代わりになり、エンディング読みは「世界一の九州を作ろう キリンビールがお送りしました」となる。(ロゴの下には「キリンビールは、九州の食・旅・人を応援します。」と表示されている。)
  24. ^ 番組の性質上、作品・放送内容等によっては提供クレジットを自粛することがある。
  25. ^ 実はスゴイ入れ物 - がっちりマンデー!!(TBSテレビ)2007年10月21日放送分
  26. ^ サッポロビールは2008年、サントリーは2009年から「204径缶」を採用しているが、アサヒビールは現在でも「206径缶(2008年2月より缶蓋が薄い「206径スーパーエンド」に移行)」を使用している
  27. ^ ビールびん「国内最軽量」に込めた思い - alterna・2012年7月17日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]