木村文乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きむら ふみの
木村 文乃
本名 木村 文乃
生年月日 1987年10月19日(27歳)
出生地 日本の旗 日本東京都西東京市
身長 164 cm
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 2004年 -
事務所 トライストーン・エンタテイメント
公式サイト Fumino Kimura Official Site
主な作品
テレビドラマ
連続テレビ小説『だんだん
蜜の味〜A Taste Of Honey〜
祝女 SHUKUJO Season3

映画
風のダドゥ
アダン
極道めし

木村 文乃(きむら ふみの、1987年10月19日 - )は、日本の女優。本名同じ。東京都西東京市出身[注 1]トライストーン・エンタテイメント所属。身長164cm。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 趣味は映画鑑賞、写真、散歩で、特技は乗馬、スキー、剣道(初段)。また鉄道ファンでもあり、「笑っていいとも!」出演時には“同好の士”でもあるタモリに対してその「鉄子」ぶりを発揮していた[5]
  • 女優として演じる役は、おとなしい性格、気の弱い性格、お嬢様などが多く[6]、前述のコマーシャルや2012年のドラマ『梅ちゃん先生』などで演じるキャラクターでも、地味で控え目ながら芯の強いイメージがあるが[2]、本人は自分を「サバサバしたタイプ」と語っており[6]2012年のトーク番組『スタジオパークからこんにちは』出演時でも饒舌で明るいトークを披露しており、素顔は演じるキャラクターのイメージとまったく違うとの意見もある[2]
  • ある現場の撮影終了後に木村の片方の靴下が紛失している事が分かったが、木村はそのまま帰ったという。本人曰く「靴下は家に帰ったらまだあるので。現場の皆さんに気を使わせるより私が我慢すれば」と語っており、周りから見れば「不思議な子」[注 3]という一面もある。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

webドラマ[編集]

  • RUN60(ユニバーサルJ) - 真希 役[注 6]
  • 目を閉じてギラギラ(2011年10月1日 - 全12話、Bee TV) - 吉村みゆき 役

舞台[編集]

  • 不帰の初恋、海老名SA(2012年9月29日、DDD AOYAMA CROSS THEATER) - 三崎 役[注 7]
  • わたしを離さないで(2014年4月29日 - 6月3日、東京 / 地方) - 鈴 役[19]

DVD[編集]

写真集[編集]

その他のテレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

広告[編集]

  • ちふれ化粧品イメージキャラクター(2011年)
  • 象印ステンレスボトルイメージキャラクター(2012年)[22]
  • 大正製薬 リポビタンファインCMキャラクター(2012年)[23]
  • 中央労働災害防止協会 全国安全週間ポスター / 熱中症予防運動ポスター(2012年)
  • 日本行政書士会連合会 各都道府県行政書士会 行政書士制度広報ポスター(2013年8月1日 - 2014年7月31日)

新聞[編集]

  • 朝日新聞 TVフェイス「新しい私に自分も驚く」(2011年10月22日)

PV[編集]

イベント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 瀬津真也 (2011年7月29日). “木村文乃、桑田のドコモCMで赤丸急上昇”. 日刊スポーツ. 2012年9月8日閲覧。
  2. ^ a b c 田幸和歌子 (2012年8月12日). “女優・木村文乃の“影”を消し去った、「天かすたっぷりの丼もの」という手料理”. サイゾーウーマン. サイゾー. 2012年9月8日閲覧。
  3. ^ 木村文乃 SpecialInterview”. オリコン. pp. 2 (2012年5月9日). 2012年9月9日閲覧。
  4. ^ エランドール賞歴代受賞者一覧”. 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会. 2014年1月21日閲覧。
  5. ^ 笑っていいとも!”. テレフォンショッキング. TVでた蔵(TV DATA ZOO) (2013年11月19日). 2013年11月20日閲覧。
  6. ^ a b インタビュー:木村文乃「人間にとって根本的に大事なもの」”. MOVIE ENTER. p. 2 (2012年5月11日). 2012年9月9日閲覧。
  7. ^ 青山テルマ、超新星など5アーティストが参加!映画「RUN60」公開決定! 2011年5月12日 朝日新聞社
  8. ^ テレビドカッチ (2013年6月22日). “玉木宏、高梨臨、木村文乃、東出昌大、本田翼ら豪華出演者で東京駅を舞台に綴る日本版“ラブ・アクチュアリー”映画『すべては君に逢えたから』 公開決定”. 2013年7月2日閲覧。
  9. ^ CiNEMA TRiBUNE (2013年6月24日). “玉木宏、高梨臨、木村文乃、東出昌宏 共演!東京駅が舞台のラブストーリー『すべては君に逢えたから』制作決定”. 2013年8月14日閲覧。
  10. ^ 映画.com (2013年7月29日). “竹野内豊、希代のモテ男に!井口奈己5年ぶり監督作「ニシノユキヒコの恋と冒険」に主演”. 2013年8月14日閲覧。
  11. ^ 映画.com (2013年12月25日). “水川あさみVS木村文乃 矢崎仁司監督「太陽の坐る場所」で共演”. 2013年12月30日閲覧。
  12. ^ CinemaCafe.net (2014年10月15日). “乾くるみ小説「イニシエーション・ラブ」映画化! 松田翔太×前田敦子×木村文乃で三角関係”. 2013年10月15日閲覧。
  13. ^ 映画.com (2014年10月13日). “松坂桃李、“オネエ”キャラに初挑戦!田口トモロヲ監督作に木村文乃、光宗薫ら”. 2013年10月13日閲覧。
  14. ^ 毎日新聞デジタル (2013年8月23日). “中丸雄一:老けメークでドラマ主演 変貌ぶりに木村文乃びっくり”. 2013年9月2日閲覧。
  15. ^ スポニチアネックス (2013年12月6日). “芦田愛菜の連ドラ単独初主演 謎だらけの共演者発表”. 2013年12月19日閲覧。
  16. ^ とれたてフジテレビ (2014年3月26日). “能年玲奈が空想癖のある歴女を好演!武将姿で初めての殺陣にも挑戦! 土曜プレミアム『世にも奇妙な物語'14春の特別編』”. 2014年3月26日閲覧。
  17. ^ CinemaCafe.net (2014年10月10日). “木村文乃、ドラマ「素敵な選TAXI」で“社長秘書”役に! 不倫&略奪愛に挑む”. 2014年10月13日閲覧。
  18. ^ CinemaCafe.net (2014年12月1日). “草なぎ剛、大島優子&木村文乃と複雑な“三角関係”に…復讐劇を描く「銭の戦争」”. 2014年12月1日閲覧。
  19. ^ 日本経済新聞 (2014年5月8日). “ホリプロ「わたしを離さないで」 ファンタジーあふれる青春物語”. 2014年6月11日閲覧。
  20. ^ お笑いナタリー (2013年1月25日). “内村映画公開記念でバカリズム主演DVD「ひとり交換日記」”. 2013年3月25日閲覧。
  21. ^ マイナビニュース (2013年11月11日). “東京ディズニーリゾート、"ココロの距離が近くなる"クリスマス新CMオンエア”. 2013年11月15日閲覧。
  22. ^ 象印マホービンプレスリリース(2012年2月8日)
  23. ^ 大正製薬 リポビタンファインニュースリリース(2012年3月26日)

注釈[編集]

  1. ^ 笑っていいとも!』テレフォンショッキング(2013年11月19日放送、フジテレビ)の発言から引用。
  2. ^ A-Studio(2012年9月14日放送、TBS)から引用。
  3. ^ A-Studio(2012年9月14日放送、TBS)の木村のヘアメイクアーティストへのインタビューから抜粋。
  4. ^ 2011年6月25日よりユナイテッド・シネマ豊洲他、1週間限定公開。
  5. ^ 2011年10月22日 - 11月11日、ヒューマントラストシネマ渋谷限定公開。
  6. ^ YouTube限定配信 2011年5月13日、SECTION 2 青山テルマ WITHOUT U feat. 4Minute / 2011年5月19日、SECTION 5 NERDHEAD どうして好きなんだろう feat. Mai.K
  7. ^ 朗読劇。
  8. ^ 2013年2月22日にDVDレンタル開始。TSUTAYA限定レンタル。
  9. ^ docomoCF映像の流用。

外部リンク[編集]