豊川悦司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とよかわ えつし
豊川 悦司
別名義 トヨエツ
生年月日 1962年3月18日(52歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府八尾市
身長 186cm
血液型 O[要出典]
職業 俳優
活動期間 1989年 -
活動内容 1993年:『NIGHT HEAD
1995年:『愛していると言ってくれ
1996年:『八つ墓村
配偶者 一般女性(1997年 - 2005年)
著名な家族 2子あり
事務所 アルファエージェンシー
公式サイト 所属事務所公式プロフィール
主な作品
炎立つ
愛していると言ってくれ
八つ墓村
危険な関係
弁護士のくず
日本沈没
20世紀少年

豊川 悦司(とよかわ えつし、1962年3月18日 - )は、日本俳優大阪府八尾市出身。所属事務所アルファエージェンシー。愛称はトヨエツ血液型はO型[要出典]。身長186cm、体重79kg。以前は1959年生と公表していた。

来歴・人物[編集]

八尾市立志紀中学校大阪府立清水谷高等学校を経て、関西学院大学文学部中退。大学在学中は演劇部に所属。演劇集団 円の研究生を経て、渡辺えり子主宰の「劇団3○○」に入団する。1992年テレビドラマNIGHT HEAD』に武田真治と共に主演し、注目を浴びる。20代女性を中心にブレイクし、その後もフェロモン俳優として数々の作品に主演する。現在まで映画・テレビドラマを中心に第一線で活動している。

1995年TBS系ドラマ『愛していると言ってくれ』にて耳が不自由な青年画家を演じ、障害を乗り越えながら愛を深めていく姿を演じ、最高視聴率28.1%を記録した。

1997年の第20回日本アカデミー賞授賞式の優秀主演男優賞の発表の際、全出席者が正装の中、唯一人スーツを着ず、長袖のTシャツ姿で堂々と登場した。

俳優以外に、脚本や監督などの活動も行なっているが、バラエティ番組に登場することはほとんど無い。また、公私混同を非常に嫌がり、マスコミからの取材は断る等、ミステリアスなイメージを堅守している。[1]

1997年にドラマ『青い鳥』のヘアメイクを担当していた女性と結婚し、2子を儲けるが、2005年12月31日に離婚、子供は妻が引き取った。

2008年、自宅でカキ鍋を食していたところ、突然体調を崩して救急車で病院に搬送されるという事態が発生した。原因は鍋の中の具材(どの具材が症状を引き起こしたかは不明)によるアナフィラキシーショックだったが、症状は軽く済んだ。

2011年 第36回湯布院映画祭にて『必死剣鳥刺し』『犯人に告ぐ』『傷だらけの天使』『今度は愛妻家』の4作品が特集上映される。上映後は行定勲監督とのトークショーが開催された。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ゲーム[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • NHKスペシャル「昔 父は日本人を殺した〜ピュリツァー賞作家が見た沖縄戦〜」(2011年6月19日、NHK総合) - デール・マハリッジのモノローグを朗読
  • バルテュスと彼女たちの関係(2014年5月17日、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター

バラエティ[編集]

トーク番組[編集]

CM[編集]

原案・脚本・演出作品[編集]

テレビ演出家・豊川悦司の特徴[編集]

初期は、監督やテレビ演出家をあえて重要な役に配していた。例えば「父、帰る…」では清水千賀扮するヒロインの父親役には『この愛に生きて』『星になった少年』の河毛俊作、「冷やす女」では水野美紀扮するヒロインが冷凍する亡き恋人役に『千年旅人』の辻仁成、そして「退屈な部屋」「懐かしいひと」では主人公・津部役に『二十才の微熱』『ぐるりのこと。』の橋口亮輔を起用している。『夫婦漫才』では、ヒロイン・中山美穂の晩年役に、吉本新喜劇の女優・中山美保を起用する遊びをやっていた。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ INLIFE 男の履歴書 豊川悦司
  2. ^ 2013年9月の『ティザー篇』からCAR & More編集部:チーフエディター。菅野美穂綾野剛と共演

外部リンク[編集]