ビール瓶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
典型的なビール瓶の例

ビール瓶(ビールびん)とは、ビールの包装容器とするのことである。

概要[編集]

ビール瓶の素材としては、主にガラスが用いられる。ホップ成分の光酸化による品質の劣化を軽減するために、茶色あるいは黒色に着色されているものがほとんどであるが、一部では緑色に着色したものや無色透明なもの、さらには陶器製のものも用いられている。茶色や緑色のガラスは光酸化を引き起こす波長をカットするとされるが、程度問題であるため、品質保持のためにはビールを直射日光などに晒さない方が良い事には変わりない。無色の瓶を用いる銘柄では、コロナビールのように、光酸化を起こす成分をカットしたホップエキスを用いていることもある。

1970年代以降、冷却や運搬に便利なアルミ缶のシェアが増加している。近年では缶の内側をポリマーでコートすることによって「缶臭さ」を消した缶ビールが売られている[1]が、需要は依然として根強い。特に、クラフトビールには小瓶のみを一般向け販売する銘柄が多い。一方で上述の光酸化の問題から、小売り商品では缶のみを用いる醸造者もある。

2004年には、アサヒビールペットボトル入りビールの発売を発表したが、環境面での影響を考慮し、発売を中止している[2]ワインのペットボトル商品が普及した後も、ビールではワインほどペットボトルは使われていない。

ビール瓶の容量[編集]

500mlを超える大容量のビール瓶が流通している国はごく少数である。日本では1940年に戦費調達のため酒税法を導入することにした際、製造各社が輸入ビールのまねでビンを作っていたために瓶のサイズ・内容量がまちまちであった。会社によって一本あたりの税金が異なってしまうのでは徴収が複雑になることから大瓶の量の規格を統一するようにした。各社から集めた瓶の内容量を比べたところ最大643ml、最小633mlであり、容量の少ない633ml瓶を規格とすればそれより容量の大きい瓶も使用でき、再作成のコストが無く円滑な税制導入が図られるとの考えから中途半端な大瓶の容量(633ml)が定められた。現在の国産ビールでは他に中瓶(500ml)、スタイニーボトル、または小瓶(334ml)等が存在する。

リユース[編集]

日本の大手メーカーが取り扱うビール瓶の多くはデポジット制であり、回収後に洗浄され再利用(リユース)される。同容量でも数種類の瓶が流通しており、大瓶はアサヒビールサッポロビールサントリーが共同利用している瓶、キリンビールの独自仕様瓶、主に沖縄県内で流通するオリオンビールの瓶などがあり、各々異なる回収ルートで再利用される。キリンのハートランドビールや、サントリーの小瓶、アサヒのスタイニーボトルなどの専用瓶にもリターナブル扱いのものがある。結婚式場やホテルなど慶事を催す事業体に向けては、特に新品の瓶を使用した商品を配送する場合もある。クラフトビールはほとんどが売り切り制である。

ビールを封入する瓶としての再利用ではないが、その強度を生かし、相撲土俵を作る際にも用いられる[3][4]

ビール瓶の運搬[編集]

ビールケース

ビール瓶の運搬には専用のビールケースや運び溜などが使用される。

ビール瓶による殴打[編集]

映画プロレスなどの乱闘シーンでは、ビール瓶で殴る様子がよく見られるが、多くはガラスではなく飴ガラスロジンなどの樹脂でできている偽の瓶を使用しているので、簡単に割れ、怪我をしにくいようになっている。本物のビール瓶で人を殴打する事は極めて危険な行為であり、傷害事件などの犯行において凶器として用いられるというケースもある。2007年には時津風部屋力士暴行死事件の凶器となった。

なお、スイスのベルン大学において、中身の入ったビール瓶と空のビール瓶のどちらが危険かを検証する研究が行われたが、いずれも人間の頭蓋骨を叩き潰す威力があることを実験で証明[5]。研究チームは2009年のイグノーベル賞平和賞を受賞した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 知っておいしい 読むビール サッポロビール 2011年8月1日閲覧
  2. ^ 7月8日発表のPETボトル容器入りビール新商品に関するお知らせ アサヒビール ニュースリリース 2004年9月30日付 (2011年8月22日閲覧)
  3. ^ 平成16年秋の土俵築 荒汐部屋、2004年10月6日(2011年6月13日閲覧)。
  4. ^ 相撲の土俵 2011年6月13日閲覧。
  5. ^ "Are Full or Empty Beer Bottles Sturdier and Does Their Fracture-Threshold Suffice to Break the Human Skull?" Stephan A. Bolliger, Steffen Ross, Lars Oesterhelweg, Michael J. Thali and Beat P. Kneubuehl, Journal of Forensic and Legal Medicine, vol. 16, no. 3, April 2009, pp. 138-42