飴ガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

飴ガラス(あめガラス、英語:sugar glass)は、ガラスに似た外観を持つ、砂糖澱粉の加工品。主に映画ドラマ特殊効果に使われる。

利用[編集]

映画やドラマの格闘シーン、アクションシーンでは、ビール瓶で殴ったり、ガラスのテーブルに倒れ込むという動作が散見されるが、本物のガラスで作られたものを使うと大怪我をするか下手をすると死亡するので、割れやすく切り傷をつけにくい素材で作られたものを使用することが多い。そのひとつとして用いられるのが、飴ガラスである。砂糖コーンスターチなどの澱粉に少量の水を加えたものを熱して液状にし、必要に応じてカラメルなどで着色してから型に流し込んで冷やすことで完成する。

材料がすべて食品のために食べても支障はないが、というほどには甘くない。

欠点[編集]

材料が吸湿しやすく、熱による変形もしやすいため、製造後は長時間の保存はできない。映画の撮影には照明が多く使われて熱を受けることが多いため、使用直前まで冷蔵しておくことが求められる。また、割れやすいために輸送途中での破損も生じやすい。このような特性から、大量生産や作り置きができないため、手作りで高価なものとなる。そういった理由から、ロジンなど樹脂製のものへ置き換えられつつある。

また、本物のガラスよりも細かく砕けるので思わぬ怪我をする場合もある。ジャッキー・チェンのスタントチームではほとんどのガラスを本物で撮影している。ジャッキーは「偽物のガラスは危険なんだ。何故か本物だと怪我をしない。」と語っており、『レッド・ブロンクス』での瓶攻めシーンでも本物が使われた。しかし、『ポリス・ストーリー2/九龍の眼』ではガラスに飛び込んだ瞬間に顔面を切ってしまったあげく、骨が見えるほど腕を切ってしまった(このシーンは飴ガラスに飛び込む予定だった)。