竹野内豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たけのうち ゆたか
竹野内 豊
本名 竹野内 豊
生年月日 1971年1月2日(43歳)
出生地 日本の旗 東京都
身長 179cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 1994年 -
配偶者 未婚
事務所 研音
主な作品
映画
冷静と情熱のあいだ
あの空をおぼえてる
ドラマ
ヤンキー母校に帰る
星の金貨』/『理想の結婚
ビーチボーイズ』/『WITH LOVE
氷の世界
真夏のメリークリスマス
できちゃった結婚』/『輪舞曲
流転の王妃・最後の皇弟
家族〜妻の不在・夫の存在〜
流れ星

竹野内 豊(たけのうち ゆたか、1971年1月2日 - )は、日本俳優である。

東京都出身。研音所属。身長179 cm[1]、体重63 kg。

経歴[編集]

人物[編集]

  • 母と姉が雑誌社に履歴書を送ったことがきっかけで高校生でモデルデビュー。しかし俳優として開花するまで赤貧生活を営んでおり、自動販売機の底に落ちた小銭を探し漁る・捨てられた煙草の吸殻で喫煙をすることもあったという[2]
  • モデルとしての仕事は順調で、俳優に転身する際は抵抗があったのだとか。なかなか俳優としての仕事が自分の思い通りに行かず、悔しくてスタジオの壁を殴ったこともあったと、以前出演したトーク番組で語っている。 [3]
  • 90年代後期や一部ドラマでは役作りのためにヒゲを剃っていたこともあるが、ロングバケーション出演時よりヒゲをはやすようになり、以来もみ上げから顎に繋がるヒゲがトレードマークとなる。
  • 極めてシリアスな医師や熱血漢の教師、おちゃらけた性格の弁護士、さらには世間に広く知られる歴史上の人物まで幅広く演じ、賞も数多く受賞(詳しくは後述)。特に『流転の王妃・最後の皇弟』に臨むにあたっては、髪を切り北京語をマスターしてから愛新覚羅溥傑役を演じている。
  • 中学生時代にバイクに興味を持ち始め、高校生時代にバイクを購入、以来バイク・車好き。
  • グレイハウンドという種類の犬(詳しい犬種は不明)を家の中で飼っていて、体重が45キロある大きめの犬だが性格は甘えん坊[4]
  • 一人暮らしが長いので家事全般はある程度できるとのこと[4]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

  • 地球創世ミステリー マザー・プラネット〜奇跡の島・ガラパゴス -命の遺産-(2008年、TBS) - ナビゲーター
  • 密着!300日 実録「太平洋の奇跡」竹野内豊が見た、サイパン戦の真実(2011年、日本テレビ)
  • NHKスペシャル『終戦決断~なぜもっと早くできなかったのか~』(2012年、NHK) - ナビゲーター
  • 『裸にしたい男 竹野内豊』(2012年、NHK)

受賞歴[編集]

  • 1996年 第33回ゴールデン・アロー賞・放送新人賞(『星の金貨』)
  • 2002年 第25回日本アカデミー賞・優秀主演男優賞(『冷静と情熱のあいだ』)
  • 2003年 月間ギャラクシー賞・個人賞(『ヤンキー母校に帰る』)
  • 2003年 ギャラクシー賞・年間個人賞(『タイムリミット』『ヤンキー母校に帰る』『流転の王妃・最後の皇弟』)
  • 2004年 第12回橋田賞・個人賞(『ヤンキー母校に帰る』『流転の王妃・最後の皇弟』)
  • 2012年 第54回ブルーリボン賞・主演男優賞(『太平洋の奇跡』)

脚注[編集]

  1. ^ DON!』(2011年2月10日放送)より。
  2. ^ JUNON(1995年10月号)より。
  3. ^ INLIFE 男の履歴書DX 「竹野内 豊」
  4. ^ a b SMAP×SMAP』より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]