舘ひろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たち ひろし
舘 ひろし
本名 舘 廣
(たち ひろし)
生年月日 1950年3月31日(64歳)
出生地 日本の旗, 愛知県名古屋市中区
身長 181cm
血液型 A型
職業 俳優シンガーソングライター
活動期間 1975年-
配偶者 既婚
主な作品
西部警察』シリーズ
あぶない刑事』シリーズ
備考
石原プロモーション取締役(‐2011年3月28日)

舘 ひろし(たち ひろし、本名・舘 廣(読み同じ)、1950年3月31日 - )は、日本俳優シンガーソングライター愛知県名古屋市中区老松町(現・新栄)出身。ドラマでの役柄は、所属する石原プロモーション制作のものを中心に、刑事役が圧倒的に多かったが、近年は時代劇やコミカルな現代劇にも多数出演するようになっており、役柄の幅を拡げている。

来歴・人物[編集]

デビュー前[編集]

名古屋市立新栄小学校名古屋市立白山中学校愛知県立千種高等学校を経て千葉工業大学工学部建築学科中退。身長181cm・体重68kg・血液型はA型

先祖尾張藩武士で、旧士族の家柄。代々の住まいは徳川家から拝領した「徳川家の離れ」だった。実家は明治期に開業した舘医院(現在は、実弟が家業の医院を引き継いでいる。)で、父親は内科医。小学生時代は鈍臭かったため、当時は「どんくさ舘」と呼ばれていた。

祖父英国好きで、舘家にはミルクティーを飲む「ティータイム」があった。舘自身もその後英国好きになり、1996年8月、妻との結婚式は英国で行っている。舘の愛車はモーガンで、毎週の乗馬への往復時など自分で運転する時はモーガンに乗っている。また、仕事時など自分で運転しない時はジャガーに乗っている。どちらも英国自動車である。

中学在学中、被差別部落出身生徒による大規模な校内暴力事件である白山中学校事件が発生。当時の同級生に、のち名古屋女子大生誘拐殺人事件で死刑判決を受けた木村修治がいた。高校時代にはラグビー部の主将を務める。医学部を目指すが挫折し、千葉工業大学に入学。同大学の千種寮に入るがその厳しさに夜逃げし、学生の間で「夜逃げの四棟」と呼ばれる伝説となっている。大学生時代のバイト先の同僚にドン小西がいた。デビュー後も同大に長らく在籍したままだったが、中退した。

クールスから俳優へ[編集]

その後は岩城滉一とともに原宿表参道を拠点にした硬派バイクチーム「クールス」を総括。矢沢永吉がリーダーだったロックバンドキャロル」の親衛隊として有名となり、キャロルの解散コンサートのDVDにも登場している。

1975年、バイクチーム「クールス」からの選抜メンバーで結成されたロックバンド「クールス」のボーカルとして『紫のハイウェイ』矢沢永吉(五大洋光)作曲でデビュー。その後のソロデビュー時には"太ったブタが勝つか、しなやかな狼が勝つか"とのキャッチフレーズでプロモーションに打って出て、矢沢を挑発するものとして話題を呼んだ。

また松田優作主演の映画『暴力教室』にも出演。東映俳優センターに所属し、俳優としてのキャリアもスタートさせ、1978年には長谷部安春監督作品「皮ジャン反抗族」で初主演。暴走族のイメージがあるクールスを引きずり、また実際に本人の趣味でもあったため、オートバイを駆使する姿がトレードマークとなった。

西部警察』シリーズでの登場をきっかけに渡哲也と出会い、最初は、ハーレーダビッドソンを駆使する無頼漢的キャラクターの巽総太郎(愛称「タツ」)役で登場していたが、番組初回から半年間の出演契約となっていたために半年後の第30話で西部署で最初の殉職刑事となり一旦降板している。

西部警察の撮影初日、東映時代から愛用している黒いディレクターズチェアを石原、渡のディレクターズチェアの横に置いたところ、石原から「10年早いな」と言われ、周囲のフォローを無視して「時代が違いますよ」と反論すると、石原は「悪かったね。時代が違うんだ」と笑って理解を示した[1][2][3][4]

石原プロモーション入り[編集]

そして、後の第109話から、先に殉職した巽刑事役とは別人のスズキGSX1100Sカタナを愛機とする特別機動車両隊(略称・「特機隊」)隊長の鳩村英次(愛称「ハト」「ポッポ」)役で再登場し、後に自ら志願して石原プロモーションへの入社を果たし『西部警察 PART-III』の最終回まで出演していた。西部警察に出演して学んだ事は「共演する事で石原裕次郎、渡哲也という2人の映画スターを先生に持てた事で受けた影響は強い」と語っている[5]

石原プロモーションに入ったきっかけは、社長の石原裕次郎ではなく渡哲也への憧れからであった。渡には『西部警察』放映時の頃から気に入られており、同番組の地方ロケで宿泊したホテルでの飲み会で、他の皆が御開きにした後も渡に勧められるままに、明け方まで一緒に杯を交わしたという[5]。石原プロモーションでは同い年の神田正輝と共に同社取締役を務めていた。入社の際に渡から、「お前は、渡プロに入ったんじゃない!石原プロに入ったんだから!」と訓告を受けた。渡を心から尊敬しているゆえのエピソードである。

一方で石原裕次郎との間には距離があった。だがある時、石原に対し「俺は渡哲也という男に憧れて石原プロに入りました。その渡さんは社長(石原)の背中を見て生きてきました。俺は渡さんの背中しか見ていませんから、社長の背中は見えません。横に立って斜めから見ると2人の背中を見ることができますが、それでは社長の背中を見たことにはなりません。」という旨を面と向かって告白したところ、感銘を受けた石原が舘をいたく気に入り、それ以後はなにかにつけて可愛がるようになったという。

『西部警察』シリーズ終了後のドラマでは、バイク使いとしての積極的な登場は少なくなったものの、『あぶない刑事』シリーズでは、ハーレーなど大型バイクに乗りショットガンを構えるシーンがもはや「十八番」となっており、還暦になった現在でも、アクションぶりを時折見せる。

俳優を始めた頃は撮影所に対するイメージのギャップや、カメラの前に立つ事の違和感、嘘の世界である仕事に納得できなかった。ただ、物を作っていくという過程は楽しかったと述べている[6]。『大都会』の出演依頼を受けていたが、当時は「刑事役はやりたくない」と断っている[5][7]。刑事ドラマにおける銃の扱い方にはこだわりが強く、「西部警察」の頃は撮影が終わってから、プロップガンを借りて、自宅でプロっぽい仕草を練習していたと当時を語っている[5]。さらに銃撃シーンで、右手で銃を構える際に左手を胸に添える形を取るが、「(試行錯誤の末に)最終的にこの形に落ち着いた」と語るが[8]、あぶない刑事などの技斗を担当する高瀬将嗣によると、「添えた左手は『心臓の上をガードする』という意味」で、大変勉強になったと後に語っている[9]

1995年 - 1997年には、全日本F3000フォーミュラ・ニッポンに参戦していた「NAVI CONNECTION Racing Team」の監督を務めた[10]。「女の子を口説くつもりで(2ndドライバーを探しに)鈴鹿へ行ったのに、逆にマッチに口説かれた」と近藤真彦の全日本F3000デビューを後押ししている[11]

2011年3月28日、石原プロモーション取締役を辞任し、一所属俳優となる。

2012年40年来のヘビースモーカーだったが、禁煙のCMへの出演が契機となって禁煙に成功する。当時、肺年齢が95歳と診断された。[12]

作品[編集]

石原プロの俳優で歌手をも兼任しているのは、石原裕次郎と渡哲也、そして舘ひろしであるが、前記の2人の発表してきた楽曲はどちらかというと歌謡曲または演歌としての色合いが強い。だが舘はロックバンド出身であるためか、50代半ばにリリースした『貴女と…』もJ-POPのジャンルに入る。

舘は、自身が出演するドラマのテーマを手掛けることが多く、TV版『あぶない刑事』のオープニングテーマ、『ゴリラ・警視庁捜査第8班』のオープニングテーマも彼の作曲である。

シングル[編集]

KING RECORDS

  • ロックン・ロール・ライダー(1977年)*舘ひろしとセクシー・ダイナマイツ名義
  • 朝まで踊ろう(1977年)*舘ひろしとセクシー・ダイナマイツ名義、C/Wは「マンハッタン・ブルース」
Being長戸大幸作曲。後に、宇徳敬子のユニット『Mi-Ke』、高橋ジョージのバンド『トラブル』がカバー。(どちらもBeingの制作)
  • ミスター・センチメンタル・ロンリー・ボーイ(1978年)*舘ひろしとセクシー・ダイナマイト名義
  • ミッドナイト(1978年)*舘ひろしとセクシー・ダイナマイト名義
  • 一晩だけなら(1979年)*舘ひろしとセクシー・ダイナマイト名義
  • 紫のハイウェイ(1980年)*クールス名義
  • 朝まで踊ろう(1980年)*C/Wは「流れる時を止めて」
  • 今宵シャンペンで(1980年)
  • 朝まで踊ろう(1983年)*ジャケット写真を変更して再リリース

EPICソニー

  • 都会の風に(1980年)
  • ベイビー・ドール(1980年)
  • ブルージーン・ベイビー(1981年)
  • ワンモア・チャンス(1981年)

FUN HOUSE

  • 泣かないで(1984年)
第35回NHK紅白歌合戦出場曲。1991年12月21日にCD発売。C/Wは同カラオケ・ヴァージョンが追加されている。
  • 今夜はオールライト(1985年)
『ただいま絶好調!』主題歌。
  • 絹の夜(1985年)
『ただいま絶好調!』挿入歌。スズキ・カルタスCMソング。
  • 冷たい太陽(1986年)
『あぶない刑事』のテレビシリーズ及び劇場映画第1作の主題歌。4ヴァージョン:同じ曲調のままアウトロになるSINGLE VERSION(映画あぶない刑事オリジナルサウンドトラック)、アウトロがアコースティックギターになるALBUM VERSION(TACHI THE BEST)・それを編集したEXTENDED VERSION(Single Collection)、ANOTER VERSION(GOLDEN SHADOW)が存在する。
  • 翼を拡げて~open your heart~(1988年4月1日)
『またまたあぶない刑事』及びテレビシリーズ『もっとあぶない刑事』の主題歌で、アルバム『GOLDEN SHADOW』からのシングルカット盤。映画公開(1988年7月)以前に発売されているため、ジャケットには『またまたあぶない刑事』エンディングテーマなどの印刷はされていない。2ヴァージョンが存在し、テレビシリーズ第2作目の『もっとあぶない刑事』の『翼を拡げて~open your heart~』は、いきなりドラムから始まっているヴァージョンで、シングルカット盤で発売されたのはこの版である。イントロ部分のギターとパーカッションがあるヴァージョンは、劇場公開版映画第2作『またまたあぶない刑事』のオリジナルサウンドトラックの10曲目とアルバム『GOLDEN SHADOW』の1曲目に収録されている。
  • Single Collection (1988年6月25日)
『泣かないで』『今夜はオールライト』『絹の夜』『冷たい太陽』を収録したもの。
  • 青い山脈~エンディング・ヴァージョン~(1988年10月16日)
カバーバージョン。オリジナルは藤山一郎(共唱 奈良光枝)。自身の主演映画『青い山脈'88』主題歌、同オリジナルサウンドトラック及びImpressions -Tachi the Best-に収録されている。
  • 夜を抱きしめて(1989年5月1日)
劇場映画『もっともあぶない刑事』の主題歌で、アルバム『GOLDEN SHADOW』からのシングルカット盤。
  • 抱きしめて(1990年4月25日)
刑事貴族』エンディングテーマ。
  • いとしのマックス~マックス ア ゴーゴー~(1991年8月1日)
代表取締役刑事』挿入歌。オリコンチャート最高位は21位。曲中の「GO」という掛け声にこだわり、何テイクも取り直しをした。オリジナルは荒木一郎
  • 濡れた瞳にくちづけを(1992年11月1日)
『愛しの刑事』エンディングテーマ。
  • 何故~I DON'T WANNA SAY "Good-Bye"~(1994年2月2日)
C/Wの夜を駆ける想い~THE ONLY ONE~は自身の主演映画『免許がない!』の主題歌。

(BMG VICTOR-FUN HOUSE)

  • 冷たい太陽 (NEW BLOOD VERSION)(1996年8月21日)
劇場映画『あぶない刑事リターンズ』主題歌。

(BMG JAPAN-FUN HOUSE)

  • NO NO BOY(1997年2月5日)
オリジナルは、ザ・スパイダース。作曲はかまやつひろし
  • CRY OUT~泣いていいよ~(1998年7月23日) - “舘ひろし with THE COLTS”名義
劇場映画『あぶない刑事フォーエヴァーTHE MOVIE』主題歌。C/Wに『翼を拡げて~open your heart~』のwith THE COLTS VERSIONが収録されている。なお、『泣かないで』をリリースした一方で、『CRY OUT~泣いていいよ~』という曲を唄っていたことがフジテレビの番組『トリビアの泉』で紹介された。

BMG JAPAN

  • 貴女と…(2005年10月19日)
劇場映画『まだまだあぶない刑事』主題歌。C/Wに『冷たい太陽』のEXTENDED VERSIONが収録されている。

アルバム[編集]

KING RECORDS

  • Love Letter From The U.S.A.(1977年)*舘ひろしとセクシー・ダイナマイツ名義※1994年12月2日CD発売。
  • SCANDAL(1978年)※1994年12月2日CD発売。
  • THE TOUR <LIVE>(1978年)*舘ひろしとセクシー・ダイナマイト名義
  • JUST ONE NIGHT(1979年)
  • クールス & 舘ひろし(1980年)
  • ベスト・アルバム Rock'n Roll Hero(1980年)
  • TACHI,TOUCH ME(1982年)
  • ベスト・アルバム 朝まで踊ろう(1982年)
  • ON THE HIGHWAY(1983年)
  • I LOVE EXCITING MINI(1984年)
  • “THE”HIROSHI・TACHI(1991年1月21日)※2007年9月5日に再発売。
  • 全曲集(1999年12月23日)※2001年12月5日(ジャケット変更)、2003年11月6日に再発売。
  • 決定版 舘ひろし(2005年12月7日)※2007年11月21日、2009年11月6日、2011年11月9日に再発売。その度にジャケットが変更されている。

EPICソニー

  • BABY DOLL(1980年)
  • Rock’n’Roll 1981(1981年)
  • ROLL OVER THE NIGHT <LIVE>(1981年)

FUN HOUSE

  • IN THE MOOD(1984年)※1991年12月21日CD発売、1994年11月26日CD選書Q盤として再発売。
  • 舞踏会イン武道館 <LIVE>(1985年3月1日)
  • 君故に - My love's gone -(12インチ)(1986年11月29日)
  • GOLDEN SHADOW(1988年4月1日)
  • Impressions -Tachi the Best-(1988年12月21日)
  • TACHI THE BEST(1993年5月12日)
  • 異邦人(1994年3月2日)

(BMG JAPAN-FUN HOUSE)

  • Strangers in the Night(1997年10月22日)

BMG JAPAN

  • Tachi the best collection(2005年11月2日)※DVD付初回生産限定盤とCDのみ通常盤の2種類ある。

DefSTAR RecordsSony Music DistributionSME

  • HIROSHI TACHI sings YUJIRO(2012年9月26日)石原裕次郎の曲を唄う。自身の未発表曲「甘い生活」も収録。第54回日本レコード大賞企画賞受賞。「嵐を呼ぶ男」で第63回NHK紅白歌合戦出場。
  • あぶない刑事 TAKA THE BEST(2012年10月24日)あぶない刑事シリーズで使用された自身の楽曲を収めたベスト盤。追加収録として使用曲のANOTHER VERSIONが収録されている。尚、『冷たい太陽』のEXTENDED VERSIONは収録時間の都合上、やむなく収録されなかった。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

ゲーム[編集]

イベント[編集]

CM[編集]

バラエティ[編集]

  • とんねるずの生でダラダラいかせて!!(日本テレビ系)
  • 石原裕次郎二十三回忌特別企画「裕次郎が遺したもの」〜スーパースター伝説〜(ナレーション)(2009年7月4日、テレビ朝日系)
  • 石原裕次郎二十三回忌特別企画・独占生中継!裕次郎二十三回忌法要in国立競技場(2009年7月5日、テレビ朝日系)
  • SONGS(2012年10月6日、NHK)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2010年12月24日放送のNHK『あさイチ』ゲスト出演時
  2. ^ 2006年6月14日テレビ東京『レディス4』ゲスト出演時。
  3. ^ 2012年9月29日放送の日本テレビ『嵐にしやがれ』史上最強ダンディーアニキと女性人気NO.1モテアスリート!あぶない私生活取り調べるぞ!秋の90分スペシャル!! ゲスト出演時。
  4. ^ 2012年10月6日放送のNHK『SONGS』ゲスト出演時。
  5. ^ a b c d 2004年10月30日放送「西部警察復活記念!!あの場面をもう一度…舘ひろしが語る伝説の舞台裏」
  6. ^ 2011年3月19日放送「スタジオパークからこんにちは」出演時より
  7. ^ 2005年発売「まだまだ刑事マガジン」インタビューより
  8. ^ 2004年10月31日放送の西部警察スペシャル放送当日直前番組より
  9. ^ 2005年発売「まだまだ刑事マガジン」P32 高瀬将嗣インタビューより
  10. ^ オートスポーツ 1995年4/15号33頁「ナビコネクションレーシング、俳優の舘ひろし氏を監督に迎える」より。
  11. ^ オートスポーツNO.681 1995年7/1号159頁「近藤真彦、ナビコネクションから全日本F3000参戦決定」より。
  12. ^ INLIFE 男の履歴書 舘ひろし
  13. ^ ワープロ初!指で画面をさわって操作できるラップトップワープロ『OASYS LX-3000/2000』新発売 新キャラクターに人気タレントの「舘ひろし」を起用神田泰典ウェブサイトより

外部リンク[編集]