船山基紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

船山 基紀(ふなやま もとき、1951年1月13日 - )は、東京都出身の作曲家編曲家キーボーディスト音楽プロデューサー

略歴[編集]

早稲田大学政経学部中退。大学時代は、ビッグバンドサックスを担当。大学時代から、先輩が勤務していたヤマハ音楽振興会に口利きで出入りし、色々な書籍やスコアを参考に独学で編曲法を習得。その後、ヤマハ振興会に勤務、1974年から、作・編曲家として活動開始。デビュー作は中島みゆきアザミ嬢のララバイ」。

1977年沢田研二勝手にしやがれ」が、第19回日本レコード大賞を受賞。フェアライトをいち早く導入したことは有名である。その後フリーとなり、渡辺真知子を始め、多くの歌手の楽曲のアレンジャーを務める。

1980年代後半、Wink森川由加里等のジャパニーズ・ユーロビートカバー曲を手がけ、当時のブームをリードする。

近年はTOKIO宙船」などを始めとするアーティストの楽曲の作曲・編曲をメインに、アニメソング、CM音楽、ジャニーズミュージカルなどの舞台音楽制作を手がける。

編曲作品[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行以降[編集]

外部リンク[編集]