村田諒太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
村田 諒太
Replace this image JA.svg
基本情報
本名 村田 諒太
階級 ミドル級
身長 182cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1986年1月12日(28歳)
出身地 奈良県奈良市
スタイル 右ファイター
プロボクシング戦績
総試合数 5
勝ち 5
KO勝ち 4
敗け 0
テンプレートを表示
村田 諒太 Boxing pictogram.svg
個人情報
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1986年1月12日(28歳)[1]
出身地 奈良県奈良市[2]
身長 182cm[1]
体重 77kg[1]
スポーツ
競技

男子 ボクシング

階級 ミドル級[1]
所属 東洋大学[1]三迫
 
獲得メダル
オリンピック
2012 ロンドン ミドル級
世界ボクシング選手権
2011 バクー ミドル級
インドネシア大統領杯
2011 ジャカルタ ミドル級
アジア選手権
2005 ホーチミン ミドル級
テンプレートを表示

村田 諒太(むらた りょうた、1986年1月12日 - )は、日本プロボクサー。階級はミドル級2012年ロンドンオリンピック金メダリスト。奈良県奈良市出身。帝拳ボクシングジム所属。

マッチメイクは帝拳プロモーションとトップランク社が担当している。セコンドを務めるのは、トレーナーでユリオルキス・ガンボア井岡一翔などを指導したことがあるイスマエル・サラス、カットマン担当のミゲール・ディアス、アシスタントの葛西裕一の3名。

来歴[編集]

3人兄弟の末っ子として生まれる[3]。 小学校6年生の時に両親が離婚(両親は離婚後も同居中である)、村田は当時のことを崩壊した家庭環境が辛くて嫌でたまらなかったと振り返っている[3]

学生時代[編集]

5歳から水泳に親しみ、奈良市立伏見中学校では陸上部に所属、1500メートル走で奈良市大会4位の成績を残すが長続きしなかった[4]。家庭の事情もあり喧嘩をするなどすさんでいた村田が金髪で登校したところ、視聴覚室に連れ込まれ、その際、担任であった北出忠徳の「おまえ、なんかやりたいことはないんか」の問に村田が「ボクシングやったら、やるわ」と答えたことがボクシングを始めるきっかけとなった[3]。北出の手配で、その週末には地元奈良工業高等学校(現奈良県立奈良朱雀高等学校)のボクシング部(当時の主将は名城信男)が主催する週末ボクシング教室に通いはじめる[5][6]ロサンゼルスオリンピック日本代表で同校ボクシング部監督の高見公明によれば、当初から陸上競技仕込みのスピードがあったが、パワーは後の練習で身についたものだという[7]。しかし、練習が辛かったことで、わずか2週間ほどでいくのをやめてしまう。その後、再び奈良工業高等学校のボクシング練習に顔を出すようになるが、2ヶ月ほどで足首を負傷してしまい、それ以降二度と練習に顔を出すことは無くなる[3]。中学校3年生から大阪の進光ボクシングジムでトレーニングを始める。授業にほとんど出ていなかったこともあって勉強は不得意で中学3年生時の通信簿は「1」と「2」だけであった[3]

南京都高等学校に進学[6]、高校初戦は黒星スタートであったが、高校5冠を達成。粟生隆寛に次ぐ史上2人目の高校6冠も期待されたが、最後の国体に出場できず(村田自身の実力的な理由ではない)達成できなかった。全日本選手権にエントリーしたが、決勝で佐藤幸治に1回RSC負け。

東洋大学経営学部経営学科へ進学しボクシング部に所属。2004年に全日本選手権初優勝[8]

2005年にはキングスカップに出場、前年のアテネオリンピックミドル級銅メダリストでムエタイで魔裟斗と対戦したこともあるスリヤー・ソー・プルンチットに敗れ、銀メダルを獲得[3]。同年、ホーチミン市で開催されたアジア選手権にミドル級(75kg)で出場し銅メダルを獲得[9][8]。同年、中華人民共和国綿陽市で開催された2005年世界ボクシング選手権大会にミドル級(75kg)で出場するが1回戦で敗退した [10]

2006年にはドーハアジア大会代表に選ばれるが1回戦でアテネオリンピック、ウェルター級金メダリストのバクシャー・アルタエルに5-24で敗退する。アルタエフとは半年後のキングスカップで再戦するが再び敗退した[3]

2007年には世界選手権にミドル級(75kg)で出場するも2回戦でショーン・エストラーダに敗退した[11]。同年の全日本選手権では2度目の優勝を収めたが[8]、2008年1月のオリンピック・アジア1次予選で準決勝敗退、3月のオリンピック・アジア2次予選でも初戦敗退[12]して北京オリンピックの出場権を獲得できなかったことで現役生活からの引退を決めた。

2008年3月に東洋大学を卒業。学校法人東洋大学に就職し大学職員 兼 ボクシング部コーチとして勤務。

2009年、2月に起きた 東洋大学ボクシング部元部員の不祥事 をきっかけに1年半ぶりの現役復帰を決意[13]。2009年から2011年にかけて全日本選手権で3連覇を果たす[8][14]

2010年、カザフスタン大統領杯にミドル級(75kg)で出場するが2回戦敗退[15]

2011年7月のインドネシア大統領杯にミドル級(75kg)で出場し初の国際大会優勝[映像 1][16]

2011年8月、アジア選手権で2回戦敗退。

同年10月の世界選手権にミドル級(75kg)で出場、過去にこの大会のライトヘビー級・ミドル級で金メダリストとなったアボス・アトエフ(ウズベキスタン)と2回戦で対戦。3回にアトエフから2度のスタンディングダウンを奪い、3回RSC勝ちを収めた。4回戦に勝利してロンドンオリンピック出場権を獲得した後、準決勝でエスキバ・ファルカンを破り、日本人として初めて決勝に進出したが、イエフゲン・フイトロフ(ウクライナ)に22-24の僅差判定負けを喫して銀メダル獲得となった[17][18]。しかし、同選手権での銀メダル獲得は日本人最高成績であり、メダリストは石井幸喜川内将嗣に次いで3人目であった。英国のボクシング専門誌『ボクシング・マンスリー』7月号は、ロンドンオリンピックにおける各階級最大の脅威を紹介する記事の中で、英国にとって「ミドル級最大の強敵は日本の村田」と評価した[19]

この後、試合をこなしながら調整した方がいいと思う気持ちもあり、全日本選手権には出場し、優勝したが[14]、「手の内を明かしたくない」と考えて国際試合からは離れた[20]。2012年5月にはワタナベジムへの出稽古で元日本・東洋太平洋スーパーウェルター級王者の柴田明雄スパーリングをし、高校3年時から交流がある同ジム所属の現役世界王者・内山高志から左ボディー打ちをアドバイスされた[21]。また、7月には帝拳ジムで日本スーパーミドル級1位の三浦広光とスパーリングをし、南京都高の先輩で同ジム所属の現役世界王者・山中慎介から激励を受けた[22]

ロンドンオリンピック[編集]

2012年のロンドンオリンピックで村田は第2シードとなり[23]、8月2日に行われた2回戦から出場。アブデルマレク・ラフー(アルジェリア)を21-12の判定で下し、準々決勝に進出した[24]

8月6日に行われた準々決勝の前日には、同い年で大学1年時からともに日本代表の清水聡が先に準々決勝を勝ち抜き、ボクシング競技では日本人として44年ぶりとなるメダル獲得を確定させていた[25][26]。村田は「どれだけプレッシャーかけてくれるんやろうって、回し蹴り食らわせたいぐらいだった」という状況の中、アデム・キリッチ(トルコ)に初回から1ポイントのリードを許した[26]。初回については想定内であったものの、2回のボディー攻撃で挽回できなかったことについては「追いついていると思っていたので少し焦った」と試合後に話しているが、3回には10-5の大差をつけて最終的に17-13の逆転ポイント勝ちを収め[27]、清水に続いてメダル獲得を確定させた[25]。ボクシングの日本代表がオリンピックの一大会で複数のメダルを獲得するのは初であった[28]。また、ミドル級での出場は1996年のアトランタオリンピックでの本博国に続いて16年ぶりで[29]、他に1964年の東京オリンピックに出場した天間一がいるが[30]バンタム級を超えた階級でのメダル獲得は日本初となった[29]

8月10日、準決勝で前年の世界選手権で勝利したウズベキスタンのアボス・アトエフと対戦、1回に3ポイントをリードされたものの[31]、後半に入り猛攻を見せ、ポイントで逆転、最終的に13-12で判定勝ちを収めて決勝に進出した[32][33]

8月11日の決勝戦ではブラジルのエスキバ・ファルカンを14-13で破り金メダルを獲得した[映像 2][映像 3][34]。日本人選手によるボクシング金メダル獲得は1964年東京オリンピックバンタム級桜井孝雄以来48年ぶりであった。この試合は初回を村田、2回をファルカンがとる接戦で、結果的に3回にファルカンのホールディングで村田に2ポイントが加点されたことが勝敗を分けた[35]。ブラジル五輪委員会 (COB) は8月17日になって国際ボクシング協会 (AIBA) に試合結果の見直しを求めたが[36]、この要請は退けられた[37]

博報堂DYメディアパートナーズが同月下旬に行った「アスリートイメージ評価調査」では、ロンドン五輪で期待以上の成績だったと思う選手の1位に選ばれた[38]

ロンドンから帰国後間もなく、和歌山県立体育館で開催された国体近畿ブロック予選に参加。村田はミドル級のシード選手として大会最終日の8月26日に行われた決勝の1試合を行った。国体には南京都高1年時に初出場し、京都代表として過去に4度優勝してきた[39]。この予選に2回56秒RSC勝ちで優勝を収め、京都の岐阜国体出場権を確保すると[40]、自らは国体に出場せずに東洋大職員の業務に専念する意向を示し[41][42]、長期的な展望としては日本オリンピック委員会 (JOC) のスポーツ指導者海外研修員として[41]スポーツ科学スポーツマネジメント英語版を学びに[43][44][45]英国など英語圏の国へ留学する構想もあることを明かし[46]2020年東京五輪の招致活動を応援していた[47]

アマチュア引退勧告、プロ転向[編集]

ロンドン五輪終了後、村田は、AIBAが設立するプロ団体APBへの参加を名指しで要請されていたが[48]、現役を引退する可能性がある旨を記した公式文書を提出し、日本アマチュアボクシング連盟(現・日本ボクシング連盟。以下、日連)経由で辞退した[49]。その後、村田はアマチュアでの現役続行を選び、AIBAから再度APB参加を要請されたが、再び辞退[50]。その一方で、全日本社会人選手権への出場に意欲を示し、プロ転向に向けても独自に動くなど一貫性を欠いたと見られる行動をとっていた[51]。五輪終了後に東洋大学総監督の東郷武は、3年以内に監督を任せようと考えていたというが[52]、「スポーツ報知」によれば、2012年秋からはフジテレビ主導で、同局ボクシング中継の窓口である三迫ジム入り(プロ転向)を奨められていた[53]。日連会長の山根明は、2013年1月14日に大阪市内で村田からプロ転向の意思を伝えられ、数日後に同ジムの会長・三迫仁志とマネジャーから、経緯報告のための訪問を受けた[54]

日連幹部の中には、清水聡の不当判定への抗議をAIBAが受け入れ、五輪史上初めて結果が覆ったことも、山根がAIBA執行部と良好な関係を築き、維持してきたことによるものという見方があり、日連内では村田の動向をめぐってAIBAとの関係が悪化することへの懸念があった[48]。また山根によれば、村田が「『プロ転向を他には言ってない』と話しておきながら、東京では(その動きを)ほとんど知っていた」ことも不信感を募らせる一因となった。日連は村田に対して2013年2月2日、大阪市開催の理事会で、引退かアマチュア続行かプロ転向かの進路決定をめぐる信義則違反を理由として、同連盟初となるアマチュア選手としての引退勧告を満場一致で決議した[51]。山根は、村田の言動には一貫性がなく、AIBAに対する約束違反があったと説明し[50]、また一連の経過の中で、選手の意思は尊重するが、プロ側とは共存共栄を図れる関係で、日連強化選手の引き抜きなどはないものと認識していたが「裏切られた」と不快感を示した[48]

村田は同日夜に山根と会談し、報道が先行して迷惑をかけたことを全面謝罪。その後の会見で改めてプロ転向の意思を表明し、引退勧告については「愛情ある措置をいただいたと、僕のことをしっかり考えた上ですべてのことを進めて下さっていると感謝している。連盟の出された指示に従うだけ」、またプロ入りについては「僕がプロに行く以上、負けは許されない。東洋大学もまだこの話を知らないし、まず皆さんに応援していただける環境づくりをしたい」と話した[51][55]。三迫ジム関係者は、まだ何も決まっていないと言い、「村田君と連盟のこういう関係は望んでいなかった」と困惑した様子を見せた[56]。翌3日、日連は大阪市内で臨時総会を開き、村田への引退勧告を正式に承認した[57]。引退勧告から9日後の4月12日、プロ転向を宣言し、三迫ボクシングジムに所属することとなった。4月16日に後楽園ホールでフジテレビ「EXCITING TIME」で生中継もされたプロテストマッチを受け合格、プロボクサーへと転向した。

プロデビュー戦へ[編集]

プロテスト合格後、アメリカ合衆国で練習を積むなどした後、2013年7月3日、東京・有明コロシアムにて、8月25日に東洋太平洋ミドル級王者で日本スーパーウェルター級王者でもある柴田明雄ワタナベボクシングジム)を相手に73kg契約6回戦でデビュー戦を行うことが発表された[58]

2013年8月25日、有明コロシアムで柴田明雄と対戦し、2回2分24秒TKOで下し、圧勝でプロデビュー戦を飾った[59]。この勝利で東洋太平洋ミドル級1位[60]、日本ミドル級1位[61]WBC世界ミドル級19位にランクされた[62]

2013年12月6日、両国国技館でデイブ・ピーターソン(アメリカ合衆国)と73kg契約8回戦を行い、8回1分20秒TKO勝ちを収めた[63]

2014年2月22日、中華人民共和国マカオにあるザ・ベネチアン・マカオコタイ・アリーナでカルロス・ナシメント(ブラジル)と73.4kg契約8回戦を行い、4回43秒TKO勝ちを収めた[64]

2014年5月22日、島津アリーナ京都でヘスス・アンヘル・ネリオ(メキシコ)と73.4kg契約10回戦を行い、6回2分35秒KO勝ちを収めた[65]。この勝利でWBC世界ミドル級13位にランクされた[66]

2014年7月10日、アメリカ合衆国のカリフォルニア州WBA世界ミドル級スーパー王者ゲンナジー・ゴロフキンとスパーリングを行い[67]、15日にWBC世界ミドル級11位にランクされた[68]

2014年9月5日、国立代々木第二体育館でWBC世界ミドル級22位でメキシコ・ミドル級王者でもあるアドリアン・ルナ(メキシコ)と73.4kg契約10回戦を行い、3-0(98-92、99-91、100-90)の判定勝ちを収めた[69]。この試合から村田は帝拳ボクシングジムの所属選手になることが発表された[70]。この勝利でWBC世界ミドル級8位にランクされた[71]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:138戦 119勝 (89KO・RSC) 19敗
  • プロボクシング:5戦 5勝 (4KO) 無敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2013年8月24日 2R 2:24 TKO 柴田明雄ワタナベ 日本の旗 日本 プロデビュー戦
2 2013年12月6日 8R 1:20 TKO デイブ・ピーターソン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
3 2014年2月22日 4R 0:43 TKO カルロス・ナシメント ブラジルの旗 ブラジル
4 2014年5月22日 6R 2:35 KO ヘスス・アンヘル・ネリオ メキシコの旗 メキシコ
5 2014年9月5日 10R 判定3-0 アドリアン・ルナ メキシコの旗 メキシコ

人物[編集]

  • 南京都高等学校ボクシング部で指導を受けた同校監督の武元前川を恩師として挙げている。2010年2月に武元は急死したが、村田は「先生の夢は五輪選手を育てたい、だった」と話している[13]
  • 2008年北京五輪出場を逃しボクシング界から引退する。東洋大学職員兼ボクシング部コーチとして大学に勤務し後進の指導を担当していたが、2009年2月 東洋大学ボクシング部の元部員覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、東洋大学ボクシング部は活動自粛となり、関東大学リーグ1部から3部へ降格処分が下される。村田はコーチであったのに不祥事を止められなかった自戒の念と、全日本選手権で優勝することが出来れば東洋大学ボクシング部の名誉回復につながるのではと判断し現役に復帰した[3]
  • 2010年5月、東洋大学に勤務する4歳年上の女性と結婚。翌年5月に長男、2014年5月に長女が誕生。ロンドンオリンピック準々決勝直前には携帯電話で日本にいる長男の映像を見て気持ちを落ち着かせた[72]
  • ロンドンオリンピック準々決勝に出発する前、前日にメダル獲得を確定させた清水聡からは「村田は変に『頑張れよ』という方が緊張するだろうから」と考えて「負けろよ」とエールを送られた。村田のほうでも清水と互いにいいライバル関係にあることを認めた上で[73]、後に東日本大震災の被災地を勇気づけるために訪問したいと語った際に公開スパーリングの計画に話が及ぶと、「清水とやるなら、ボコボコにしてやりますよ」と話している[74][75]
  • アマチュアボクシングに誇りを持っているため「アマチュア」という言葉を嫌い、その理由を「プロに負ける要素がないから」と説明している。プロボクサーとのスパーリングで実際には村田が相手を翻弄していても「引けを取らない」などとマスメディアが報じることも好まない[76]。ロンドンオリンピックを控えた2012年中ごろには「世界チャンピオンが今、プロで何人もいますけど、僕らの世界ではそうはいかないですよ」と話している[映像 4]
  • 好きな選手は、フェリックス・トリニダード[3]
  • 憧れのアスリートとして魔裟斗室伏広治をあげている[3]
  • アマ時代の一時期ウェイトトレーニングを取り入れていたが、2012年の自著ではスピードが鈍り、故障も増えたことからやめたと記している[3]
  • 試合前、試合後は飲まないが、それ以外の日には飲酒をすることがある[3]
  • 勝負曲はSuperflyの「Beep!!」である[3]
  • CTスキャン撮影の際、医者に「頭蓋骨が厚いね。一般の人より1.5倍くらい厚い」と言われたことがある[3]
  • 2013年9月、女性向けファッションショー「神戸コレクション」にゲストモデルとして出演[77]

獲得タイトル[編集]

アマチュア

主な受賞歴[編集]

ボクシング競技
その他

スポンサー[編集]

メディア出演[編集]

CM[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ロンドンオリンピック2012 村田 諒太(ボクシング)プロフィール”. 日本オリンピック委員会 (2012年). 2012年8月3日閲覧。
  2. ^ 山口大介 (2012年5月22日). “日本勢48年ぶりの頂点めざす ボクシング 村田諒太”. 日本経済新聞. 2012年7月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 村田諒太 『101%のプライド』 幻冬舎、2012年ISBN 978-4344023093
  4. ^ 【インタビュー】村田諒太(ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリスト)前編(2012.10.23)”. dime.jp. p. 2 (2012年10月23日). 2012年11月10日閲覧。
  5. ^ 名城3度目世界奪取へ村田に見に来て〜…WBA世界Sフライ級”. スポーツ報知大阪版 (2012年8月21日). 2012年8月25日閲覧。
  6. ^ a b "金の拳 宿った金言 ボクシング村田" 2012年8月13日付朝日新聞朝刊(大阪本社13版)29面
  7. ^ “五輪ボクシング・村田準決勝へ 恩師「金必ず取れる」”. 読売新聞奈良版. (2012年8月8日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/nara/news/20120807-OYT8T01526.htm 2012年8月9日閲覧。 
  8. ^ a b c d ASBC(アジアボクシング連盟)による主な試合結果 (英語)
  9. ^ 23.Asian Championships - Ho Chi Minh City, Vietnam - August 29 - September 4 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  10. ^ 13.World Championships Mianyang, China November 13-20, 2005”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年1月5日閲覧。
  11. ^ 14.World Championships - Chicago, USA - October 23 - November 3 2007”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  12. ^ Asian Olympic Qualifications - Astana, Kazakhstan - March 17-23 2008”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  13. ^ a b “村田メダル確定! 金もいける”. 日刊スポーツ. (2012年8月8日). http://london2012.nikkansports.com/boxing/news/p-sp-tp0-20120808-997141.html 2012年8月9日閲覧。 
  14. ^ a b 世界「銀」村田V3/ボクシング”. 日刊スポーツ (2011年11月20日). 2012年7月13日閲覧。
  15. ^ 2.Presidents Cup - Astana, Kazakhstan - June 28 - July 2 2010”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  16. ^ 21.President's Cup - Jakarta, Indonesia - July 3-9 2011”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  17. ^ MACC出版「村田が銀&五輪切符獲得」、『アイアンマン』11月号増刊(『ボクシング・ビート』11月号)、フィットネススポーツ、2011年10月15日、 108–109頁。
  18. ^ 16.AIBA World Championships - Baku, Azerbaijan - September 26 - October 8 2011”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  19. ^ 草野克己 (2012年7月17日). “ミドル級で高い評価 五輪ボクシング、村田”. 福井新聞. 2012年7月17日閲覧。
  20. ^ 村田メダル王手! 44年ぶり快挙へ「自分を信じる」…男子ミドル級”. スポーツ報知大阪版 (2012年8月4日). 2012年8月9日閲覧。
  21. ^ 五輪内定・村田、内山直伝の左ボディー披露”. スポーツ報知 (2012年5月18日). 2012年8月9日閲覧。
  22. ^ 五輪=村田が五輪へ最終スパー、44年ぶりメダル誓う”. スポーツ報知 (2012年7月14日). 2012年8月9日閲覧。
  23. ^ 村田は2回戦から! ボク組み合わせ決定”. 日刊スポーツ (2012年7月28日). 2012年8月3日閲覧。
  24. ^ 五輪=ミドル級の村田が準々決勝へ、優勝候補敗れる波乱も”. ロイター (2012年8月3日). 2012年8月3日閲覧。
  25. ^ a b 五輪ボクシング:村田諒太、銅メダル以上が決定 ミドル級”. 毎日新聞 (2012年8月6日). 2012年8月6日閲覧。
  26. ^ a b “村田“1日ぶり”決めた! 史上初の複数メダル確定”. スポーツニッポン. (2012年8月8日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/08/08/kiji/K20120808003855781.html 2012年8月9日閲覧。 
  27. ^ “五輪ボクシング:村田、クールに強打…ミドル級メダル確定”. 毎日新聞. (2012年8月7日). http://mainichi.jp/sports/news/20120807k0000e050143000c.html 2012年8月9日閲覧。 
  28. ^ 五輪=ミドル級村田、メダル確定”. 日刊スポーツ (2012年8月6日). 2012年8月6日閲覧。
  29. ^ a b “村田1勝でも凄い! 体格勝る欧米人が断然有利…ボクシング・ミドル級事情”. スポーツ報知. (2012年8月8日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20120808-OHT1T00003.htm 2012年8月9日閲覧。 
  30. ^ “オリンピック競技大会 青森県関係出場選手一覧 – 東京オリンピック(1964年・日本)”. 青森県教育委員会. (2012年7月20日). http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kyoiku/e-sports/files/1964.pdf 2012年8月9日閲覧。 
  31. ^ Jake Donovan (2012年8月10日). “Olympics Men's Middleweight Semifinals Live Results” (英語). BoxingScene.com. 2012年8月10日閲覧。
  32. ^ “ボクシング村田、「銀」以上確定 逆転で決勝進出”. 日本経済新聞. (2012年8月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK10050_Q2A810C1000000/ 
  33. ^ “48年ぶり決勝進出の村田「目標まであと一歩」”. スポーツナビ. (2012年8月10日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20120811-00000000-spnavi-spo.html 2012年8月10日閲覧。 
  34. ^ 30.Olympic Games - London, Great Britain - July 28 - August 12 2012”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2014年5月18日閲覧。
  35. ^ “村田、狙って奪った金=歴史刻んだ壮絶ファイト-ボクシング〔五輪・ハイライト〕”. 時事通信社. (2012年8月12日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201208/2012081200163 2012年8月20日閲覧。 
  36. ^ “村田金に見直し要請 ブラジル五輪委”. 日刊スポーツ. (2012年8月18日). http://london2012.nikkansports.com/boxing/news/f-sp-tp0-20120818-1002584.html 2012年8月18日閲覧。 
  37. ^ “村田「金」獲得試合、ブラジルの判定再考要請退けられる”. スポーツ報知. AP共同通信社. (2012年8月22日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20120822-OHT1T00101.htm 2012年8月22日閲覧。 
  38. ^ “「アスリートイメージ評価調査」ロンドンオリンピック事後特別調査を実施”. 博報堂DYメディアパートナーズ. (2012年9月10日). http://www.hakuhodody-media.co.jp/newsrelease/report/20120910_6488.html 2012年9月11日閲覧。 
  39. ^ “村田選手、国体予選に出場 金メダリスト京都に力”. 京都新聞. (2012年8月24日). http://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20120824000021 2012年8月26日閲覧。 
  40. ^ “村田 現役引退を表明 指導者転向へ「これで一区切りに」”. スポーツニッポン. (2012年8月27日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/08/27/kiji/K20120827003985131.html 2012年8月27日閲覧。 
  41. ^ a b 森合正範 (2012年8月27日). “村田諒太が“引退”示唆”. 中日スポーツ. http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2012082702000128.html 2012年8月27日閲覧。 
  42. ^ “村田 金メダルは「ちょっとの才能とちょっとの努力」”. スポーツニッポン. (2012年8月27日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/08/27/kiji/K20120827003988071.html 2012年8月27日閲覧。 
  43. ^ “村田、引退も視野に長期休養へ「これで一区切り」”. サンケイスポーツ. 共同通信社. (2012年8月26日). http://www.sanspo.com/sports/news/20120826/box12082617410002-n1.html 2012年8月26日閲覧。 
  44. ^ 近間康隆 (2012年8月27日). “引退か ボクシング金の村田が衝撃発言”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20120827-1007131.html 2012年8月27日閲覧。 
  45. ^ 【インタビュー】村田諒太(ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリスト)後編(2012.10.24)”. dime.jp. p. 3 (2012年10月24日). 2012年11月10日閲覧。
  46. ^ a b 村田 留学先に英国希望「グローバルに自分を展開したい」”. サンケイスポーツ (2012年12月19日). 2012年12月19日閲覧。
  47. ^ “村田諒太、2013年は再出発を宣言”. デイリースポーツ. (2013年1月7日). http://www.daily.co.jp/general/2013/01/07/0005651373.shtml 2013年2月3日閲覧。 
  48. ^ a b c 来住哲司 (2013年2月2日). “村田「アマ追放」 背景にプロ側への不信感”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/sports/news/20130203k0000m050068000c.html 2013年2月3日閲覧。 
  49. ^ “引退勧告を受けた村田、プロ転向示唆”. デイリースポーツ. (2013年2月3日). p. 2. http://www.daily.co.jp/ring/2013/02/03/1p_0005715129.shtml 2013年2月3日閲覧。 
  50. ^ a b “アマ連盟“裏切り行為”の村田に引退勧告も会長“心変わり””. スポーツニッポン. (2013年2月3日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2013/02/03/kiji/K20130203005116990.html 2013年2月3日閲覧。 
  51. ^ a b c 木村有三 (2013年2月3日). “村田に史上初の引退勧告→謝罪→プロ転向”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20130203-1080377.html 2013年2月3日閲覧。 
  52. ^ “村田諒太“プロ転向”に恩師が大困惑”. 東京スポーツ. (2012年8月19日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/32047/ 2013年2月3日閲覧。 
  53. ^ “村田、プロ転向へ! 48年ぶり桜井氏以来2人目!”. スポーツ報知. (2013年2月2日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20130202-OHT1T00050.htm 
  54. ^ “引退勧告を受けた村田、プロ転向示唆”. デイリースポーツ. (2013年2月3日). p. 2. http://www.daily.co.jp/ring/2013/02/03/1p_0005715129.shtml 2013年2月3日閲覧。 
  55. ^ “村田に聞く「愛情ある措置、引退勧告に感謝」”. スポーツ報知. (2013年2月3日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20130203-OHT1T00066.htm 2013年2月3日閲覧。 
  56. ^ “三迫ジム関係者困惑「まだ何も」”. デイリースポーツ. (2013年2月3日). http://www.daily.co.jp/ring/2013/02/03/0005715131.shtml 2013年2月3日閲覧。 
  57. ^ “ボクシング村田に引退勧告 正式承認”. デイリースポーツ. (2013年2月3日). http://daily.co.jp/newsflash/ring/2013/02/03/0005715671.shtml 2013年2月3日閲覧。 
  58. ^ 村田諒太、8.25柴田明雄とデビュー戦 日刊スポーツ 2013年7月3日閲覧
  59. ^ 村田、デビュー戦でOPBF王者を2回TKO ボクシングニュース「Box-on!」 2013年8月25日
  60. ^ OPBF最新ランキング、村田がミドル級1位に Boxing News(ボクシングニュース) 2013年9月6日
  61. ^ 村田いきなり1位に 最新日本ランキング ボクシングニュース「Box-on!」 2013年8月27日
  62. ^ 村田WBC19位に初ランク 日刊スポーツ 2013年9月13日閲覧
  63. ^ 村田、プロ2戦目は最終8回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2013年12月6日
  64. ^ 村田、4回TKO勝ちで海外デビュー Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月22日
  65. ^ 村田が4連続KO勝ち、メキシカンを6回で撃沈 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年5月22日
  66. ^ 村田がWBCミドル級13位にランクイン Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月11日
  67. ^ 村田、ゴロフキンのパンチに脱帽 日刊スポーツ 2014年7月12日
  68. ^ 江藤兄弟がWBCランキング入り Boxing News(ボクシングニュース) 2014年7月15日
  69. ^ 村田諒太3-0判定勝ち、松本亮はデンカオに快勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月5日
  70. ^ 村田諒太が帝拳に移籍、近づく世界挑戦に向け新体制 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年8月29日
  71. ^ 村田諒太が世界ランク8位 日刊スポーツ 2014年10月15日
  72. ^ “村田は変わった! 家族の存在で“ポジティブ”に”. スポーツニッポン. (2012年8月8日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/08/08/kiji/K20120808003855791.html 2012年8月9日閲覧。 
  73. ^ “五輪ボクシング:狙うは金 いいライバルの清水と村田”. 毎日新聞. (2012年8月7日). http://mainichi.jp/sports/news/20120808k0000m050051000c.html 2012年8月9日閲覧。 
  74. ^ “五輪金村田「被災地スパー」に前向き”. 日刊スポーツ. (2012年9月15日). http://www.nikkansports.com/sports/news/p-sp-tp0-20120915-1017226.html 2012年9月15日閲覧。 
  75. ^ “村田 被災地で清水と公開スパー熱望「メダリストの役目」”. スポーツニッポン. (2012年9月15日). http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2012/09/15/kiji/K20120915004115771.html 2012年9月15日閲覧。 
  76. ^ 善理俊哉 村田株、1億円超えのバブル期へ せりしゅんや的アマボク通信 2012年8月17日。
  77. ^ “プロデビュー戦の次はモデル?! 五輪金・村田選手登場に大歓声 神戸コレクション開催”. MSN産経WEST. (2013年9月1日). http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130901/wlf13090120390021-n1.htm 
  78. ^ 長谷川初のMVP”. boxing.jp (2005年12月). 2012年6月26日閲覧。
  79. ^ 2006年度年間優秀選手表彰式開催”. 日本ボクシングコミッション (2007年1月23日). 2012年6月26日閲覧。
  80. ^ 2007年度年間優秀選手表彰式開催”. 日本ボクシングコミッション (2008年1月23日). 2012年6月26日閲覧。
  81. ^ MACC出版「「44年ぶり五輪メダル狙う」MVP村田が宣言」、『アイアンマン』3月号増刊(『ボクシング・ビート』3月号)、フィットネススポーツ、2012年2月15日、 109頁。
  82. ^ “ボクシング井岡は初、村田3度目”. デイリースポーツ. (2013年1月7日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2013/01/07/0005652840.shtml 2013年1月18日閲覧。 
  83. ^ 山中がMVP、KO賞の2冠獲得 技能・内山、殊勲・三浦 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年1月7日
  84. ^ 「メダルで感謝」ボクシング村田”. 日刊スポーツ (2012年6月26日). 2012年6月26日閲覧。
  85. ^ “フェンシング太田ら11人に京都府スポーツ賞”. 京都新聞. (2012年8月8日). http://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20120808000144 2012年8月9日閲覧。 
  86. ^ “竹田JOC会長、熱戦終え「誇りや一体感」=五輪日本選手団が解団式”. 時事通信社. (2012年8月14日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201208/2012081400848 2012年8月18日閲覧。 
  87. ^ a b “内村選手らメダリスト27人表彰=石原知事「招致の追い風に」-東京都”. 時事通信社. (2012年8月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012081700850 2012年8月18日閲覧。 
  88. ^ “村田選手に県民栄誉賞 五輪ボクシング金「大きな感動与えた」 奈良”. MSN産経ニュース. (2012年8月24日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/120824/nar12082402130001-n1.htm 2012年8月25日閲覧。 
  89. ^ “五輪ボクシング金・村田選手、奈良市も市民栄誉賞 創設決定”. MSN産経ニュース. (2012年8月25日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/120825/nar12082502070003-n1.htm 2012年8月25日閲覧。 
  90. ^ “由紀さおり、三浦友和らに紫綬褒章”. 日刊スポーツ. (2012年11月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20121102-1041154.html 2012年11月2日閲覧。 
  91. ^ OCAが五輪金の村田、松本ら表彰”. スポーツ報知 (2012年11月8日). 2012年11月10日閲覧。
  92. ^ 村田 ひそかな夢告白「英国で学んでアマ界に恩返し」”. スポーツニッポン (2012年12月7日). 2012年12月19日閲覧。
  93. ^ “吉田、伊調ら金メダリスト7人が受賞”. 日刊スポーツ. (2012年12月20日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20121220-1062142.html 2012年12月29日閲覧。 
  94. ^ “村田、試合見据え本格始動を明かす…日本スポーツ賞表彰式”. スポーツ報知. (2013年1月19日). http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/feature/sports/20101117-736646/news/20130119-OHO1T00025.htm 2013年2月21日閲覧。 
  95. ^ “ボクシング「金」村田ホワイトベア受賞”. デイリースポーツ. (2013年2月8日). http://www.daily.co.jp/general/2013/02/08/0005726371.shtml 2013年2月21日閲覧。 
  96. ^ 中島耕太郎 (2012年10月4日). “ボクシング金の村田選手、ベストジーニストに”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/culture/update/1004/TKY201210040406.html 2012年11月30日閲覧。 
  97. ^ “「GQ Men of the Year 2012」豪華な顔ぶれ一堂に、草間彌生も受賞”. AFPBB News. (2012年11月19日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/fashion/fashion-mp/2912627/9864593 2012年11月30日閲覧。 
  98. ^ 村田がベスト・ファーザー賞&ベストネクタイスト賞 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年6月4日

映像資料[編集]

  1. ^ インドネシア大統領杯2011 村田決勝 (試合全容). 善理俊哉(格闘技ライター)のYouTubeチャンネル.. (2011年9月2日). https://www.youtube.com/watch?v=9GsGd5ZU6rE&list=UUXEgculW38TdNvZvQFFw1Eg 2012年6月24日閲覧。 
  2. ^ (英語) Boxing Men's Middle (75kg) - Gold Medal Final - Brazil v Japan Full Replay - London 2012 Olympics (試合全容). IOC(国際オリンピック委員会)の公式YouTubeチャンネル.. (2012年8月11日). http://www.youtube.com/watch?v=h29uO1J78uo 2012年8月19日閲覧。 
  3. ^ (英語) Boxing Men's Middle (75kg) Finals Bout - Japan GOLD - London 2012 Olympic Games Highlights (試合・表彰式抜粋、インタビュー). IOCの公式YouTubeチャンネル.. (2012年8月12日). http://www.youtube.com/watch?v=NbubzW06SCQ 2012年8月19日閲覧。 
  4. ^ 半世紀ぶりの金メダルへ 村田諒太〈東洋大学ボクシング部コーチ〉. 大学スポーツ総合サイトCSParkのYouTubeチャンネル.. (2012年7月6日). 該当時間: 2:25. http://www.youtube.com/watch?v=_fuMlOG7_1Y 2012年8月19日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]