五十嵐俊幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
五十嵐 俊幸
Replace this image JA.svg
基本情報
本名 五十嵐 俊幸
通称 スーパーソニック
階級 フライ級
身長 166cm [1]
リーチ 169cm [1]
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1984年1月17日(30歳)
出身地 秋田県由利本荘市
スタイル ボクサーファイター
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 19
KO勝ち 11
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示

五十嵐 俊幸(いがらし としゆき、1984年1月17日 - )は、日本プロボクサー秋田県由利本荘市出身。第39代WBC世界フライ級王者。第52代日本フライ級王者。帝拳ボクシングジム所属。

来歴[編集]

アマチュア[編集]

秋田県立西目高等学校ボクシングを始め、2000年2年時とやま国体少年ライトフライ級3位になり由利本荘市栄光賞を授与され[要出典]、2001年3年時にインターハイライトフライ級・新世紀・みやぎ国体少年ライトフライ級の2冠を達成。これにより由利本荘市体育協会特別栄光賞を授与される[2]

高校時代は西目高監督の佐々木学の指導を受けた[3]。また、大場政夫が新人だった頃に帝拳ジムでトレーナーを務めた由利本荘市出身の尾形荘二と知り合い、支援を受けた[4][5]

高校卒業後、東京農業大学造園科学科に進学し、2003・2004年全日本選手権ライトフライ級を連覇。アテネオリンピックにも唯一の日本代表として出場。しかし1回戦で敗退。アマチュア戦績は95戦77勝18敗である。

大学卒業後の2006年帝拳ボクシングジムに入門しプロ転向。オリンピック代表のプロデビューは1988年ソウルオリンピックの東悟瀬川設男以来18年ぶり20人目となった。

プロ[編集]

2006年8月12日、後楽園ホールにて金然兩(韓国)に3回KO勝ちを収めてプロデビュー戦を白星で飾る。

2006年11月13日、日本武道館にて明在成(韓国)と対戦し、6回TKO勝ち。

2007年2月3日、後楽園ホールにてマナチャイ・シッサイトーン(タイ)と対戦し、初回KO勝ち。

2007年5月3日、有明コロシアムにて半田友章(宇都宮)と対戦し、3-0(60-55、60-56、59-55)の判定勝ち。

2007年8月4日、後楽園ホールにて岡田正継(グリーンツダ)と対戦し、7回TKO勝ち。

2007年12月1日、後楽園ホールにて斎藤直人(角海老宝石)と対戦するも、0-1(2者が77-77、76-77)のドロー。

2008年4月19日、後楽園ホールにてアレクサンデル・ブッキー(インドネシア)と対戦し、6回KO勝ち。

2008年8月2日、日本フライ級王者清水智信(金子)が日本王座を保持したままWBC世界フライ級王者内藤大助(宮田)への挑戦を優先させたために設置された、日本フライ級暫定王座決定戦に出場。後楽園ホールにて金城智哉(ワタナベ)と対戦し、2-1(97-95、96-95、95-96)の判定勝ちを収めて王座を獲得した。

2008年12月23日、両国国技館にて日本フライ級正規王者清水智信(金子)との王座統一戦を行うも、0-3(92-98、93-98が2者)の判定負けとなりプロ初黒星を喫するとともに王座から陥落した。ちなみに同日には、内藤大助(宮田)VS山口真吾(渡嘉敷)の「WBC世界フライ級タイトルマッチ」・大久保雅史(青木)VSジョジョ・バルドン(フィリピン)の「OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ」の2試合も同会場で行われ、3大フライ級タイトルマッチという興行となった。

2009年7月4日、後楽園ホールにて再起戦としてOPBF同級15位ユーチ・キャリーボーイ(タイ)と対戦し、6回TKO勝ちを収めて再起に成功した。

2009年11月7日、後楽園ホールにて元IBA(インドネシアボクシング協会)フライ級王者エリック・ディアス・シレガー(インドネシア)と対戦し、5回終了TKO勝ち。

2010年3月6日、後楽園ホールにてアベル・オチョア(メキシコ)と対戦し、6回TKO勝ち。

2010年7月3日、後楽園ホールにてWBC世界フライ級13位としてオマール・ナルバエス(アルゼンチン)の持つWBO世界フライ級王座に挑戦した経験もあるレクソン・フローレス(フィリピン)と対戦し、初回KO勝ち。

2010年11月6日、後楽園ホールにてアルマンド・サントス(メキシコ)と対戦し、3-0(80-73、79-74、78-75)の判定勝ち。

2011年2月5日、後楽園ホールにて清水智信の王座返上により空位となっていた日本フライ級王座を小林タカヤス(川島)と争い、3回TKO勝ちを収めて王座返り咲きに成功した。

2011年6月4日、後楽園ホールにて同級1位の元日本フライ級王者吉田拳畤(ワタナベ)を迎えて初防衛戦を行い、8回負傷判定(78-77が2者、76-76)勝ちを収めて初防衛に成功した。

2011年11月6日、代々木第二体育館にてWBC世界フライ級王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)の持つ王座への指名挑戦権を懸けたWBC世界フライ級挑戦者決定戦に出場。同級3位として同級2位のWBC世界フライ級シルバー王者ウィルベルト・ウィカブ(メキシコ)と対戦し、3-0(116-111、116-112、114-113)の判定勝ちを収めて指名挑戦権を獲得した[6]。試合後に保持していた日本王座を返上した。

2012年7月16日、ウィングハット春日部にて同年3月にポンサクレックを破り王座を獲得していたWBC世界フライ級王者ソニー・ボーイ・ハロ(フィリピン)に挑戦し、2-1(116-112、115-113、112-116)の判定勝ちを収めて王座の獲得に成功した[7]。そしてWBC王座と同時にハロが保持していたリングマガジン世界フライ級王座も獲得し[8]、選定基準が整備された2002年以降に同誌が日本人を王者として認定したのは初であった。

2012年11月3日、ゼビオアリーナ仙台にてWBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)の実弟である同級7位ネストール・ナルバエス(アルゼンチン)を迎えて初防衛戦を行い、2-0(114-112が2者、113-113)の判定勝ちを収めて初防衛に成功した[9]。尚、この勝利によりオリンピアンとしてプロで世界王者となり防衛を果たした初の日本人世界王者となった(過去のオリンピアンであるロイヤル小林平仲明信はともに初防衛戦で王座陥落)。

2013年4月8日、両国国技館にてトリプル世界戦のセミファイナルとして登場。アマチュア時代には四戦四勝を収めている[10]、元WBA世界ミニマム級王者で同級6位八重樫東(大橋)と対戦。この試合は五十嵐自らが志願し実現した試合で[11]、帝拳ジム所属選手としては1972年3月に行われた大場政夫花形進以来41年ぶりの日本人同士の世界戦であった[12]。試合は序盤から挑戦者に主導権を握られ4回の公開採点では(37-39、36-40が2者)と完全に八重樫ペースで試合が進んでいき11回には右フックでダウン寸前まで追い込まれ五十嵐も必死に応戦するも終始不利な状況は変わらず判定へ。0-3(110-115、109-116、108-117)の最大9点差が付く判定負けで2度目の防衛に失敗し王座から陥落した[13]

2013年9月7日、後楽園ホールにてWBO世界フライ級15位のオマール・ソトと再起戦を行い、9回2分32秒KO勝ちで再起に成功した[14]

2014年9月6日、後楽園ホールにてフィリピン・ライトフライ級4位のレンレン・テソリオと1年振りの復帰戦を行い、3-0(86-85、87-85、88-86)の9回1分3秒負傷判定勝ちを収めた[15]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:88戦77勝(16KO・RSC)11敗
  • プロボクシング:22戦19勝 (11KO) 2敗1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2006年8月12日 3R 1:07 KO 金然雨 韓国の旗 韓国 プロデビュー戦
2 2006年11月13日 6R 0:19 TKO 明在成 韓国の旗 韓国
3 2007年2月3日 1R 1:29 KO マナチャイ・シッサイトーン タイ王国の旗 タイ
4 2007年5月3日 6R 判定3-0 半田友章 (宇都宮) 日本の旗 日本
5 2007年8月4日 7R 1:20 TKO 岡田正継 (グリーンツダ) 日本の旗 日本
6 2007年12月1日 8R 判定0-1 斎藤直人 (角海老宝石) 日本の旗 日本
7 2008年4月19日 6R 1:30 KO アレクサンデル・ブッキー インドネシアの旗 インドネシア
8 2008年8月2日 10R 判定2-1 金城智哉 (ワタナベ) 日本の旗 日本 日本フライ級暫定王座決定戦
9 2008年12月23日 10R 判定0-3 清水智信 (金子) 日本の旗 日本 日本フライ級王座統一戦
10 2009年7月4日 6R 0:15 TKO ユーチ・キャリーボーイ タイ王国の旗 タイ
11 2009年11月7日 5R 終了 TKO エリック・ディアス・シレガー インドネシアの旗 インドネシア
12 2010年3月6日 6R 2:38 TKO アベル・オチョア メキシコの旗 メキシコ
13 2010年7月3日 7R 1:46 TKO レクソン・フローレス フィリピンの旗 フィリピン
14 2010年11月6日 8R 判定3-0 アルマンド・サントス メキシコの旗 メキシコ
15 2011年2月5日 3R 2:07 TKO 小林タカヤス (川島) 日本の旗 日本 日本フライ級王座決定戦
16 2011年6月4日 8R 1:14 負傷判定2-0 吉田拳畤(ワタナベ) 日本の旗 日本 日本王座防衛1
17 2011年11月6日 12R 判定3-0 ウィルベルト・ウイカブ メキシコの旗 メキシコ WBC世界フライ級指名挑戦者決定戦
18 2012年7月16日 12R 判定2-1 ソニー・ボーイ・ハロ フィリピンの旗 フィリピン WBC世界フライ級タイトルマッチ
19 2012年11月3日 12R 判定2-0 ネストール・ナルバエス アルゼンチンの旗 アルゼンチン WBC防衛1
20 2013年4月8日 12R 判定0-3 八重樫東(大橋) 日本の旗 日本 WBC王座陥落
21 2013年9月7日 9R 2:32 KO オマール・ソト メキシコの旗 メキシコ
22 2014年9月6日 9R 1:03 負傷判定
3-0
レンレン・テソリオ フィリピンの旗 フィリピン

獲得タイトル[編集]

アマチュア[編集]

  • 第55回インターハイ ライトフライ級 優勝
  • 第56回国体少年の部 ライトフライ級 優勝
  • 第58回国体成年の部 ライトフライ級 優勝
  • 第73回全日本選手権 ライトフライ級 優勝
  • 第74回全日本選手権 ライトフライ級 優勝

プロ[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 仙台ダブル世界戦予備検診ボクシングニュース「Box-on!」 2012年10月31日
  2. ^ a b 広報ゆりほんじょう No.177”. 由利本荘市オフィシャルウェブサイト (2012年8月1日). 2012年8月5日閲覧。
  3. ^ 村田の金、活性化後押し=進むプロ、アマの交流-ボクシング〔五輪・ボクシング〕”. 時事通信社 (2012年8月12日). 2012年8月12日閲覧。
  4. ^ 原動力は「家族の存在」 苦難乗り越え新たな闘いへ”. 秋田魁新報 (2012年7月20日). 2012年8月5日閲覧。
  5. ^ 北斗星(7月18日付)”. 秋田魁新報 (2012年7月18日). 2012年8月5日閲覧。
  6. ^ “五十嵐俊幸が世界挑戦キップ獲得/BOX”. サンケイスポーツ. (2011年11月7日). http://www.sanspo.com/fight/news/111107/fgb1111070500000-n1.htm 
  7. ^ 五十嵐、判定勝ちで世界王者/ボクシング 日刊スポーツ 2012年7月16日
  8. ^ Igarashi wins RING flyweight title with split-decision victory over Jaro RingTV.com 2012年7月16日 (英語)
  9. ^ 山中戦慄KO防衛 五十嵐は僅差V1 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月4日
  10. ^ 五十嵐、ず太く勝つ!相性抜群4戦4勝 サンケイスポーツ 2013年4月8日
  11. ^ 4・8トリプル世界戦!五十嵐“不純な動機”で八重樫指名 スポニチアネックス 2013年4月8日
  12. ^ 伊藤隆 五十嵐、八重樫倒して人気アップだ サンケイスポーツ 2013年1月24日
  13. ^ 【BOX】五十嵐、八重樫に完敗も「すっきり」流血V2失敗 スポーツ報知 2013年4月9日
  14. ^ 五十嵐、再起戦でソトにKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2013年9月7日
  15. ^ 五十嵐俊幸、復帰戦は負傷判定勝ち 岩佐亮佑は快勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月6日
  16. ^ 五十嵐選手に市民栄誉賞授与へ 由利本荘市、2例目”. 秋田魁新報 (2012年7月19日). 2012年8月5日閲覧。
  17. ^ 界王者・五十嵐選手に県民栄誉章 県が方針”. 秋田魁新報 (2012年8月1日). 2012年8月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

暫定王座決定戦 対戦者
金城智哉
日本フライ級暫定王者

2008年8月2日 - 2008年12月23日

次暫定王者
王座統一戦により消滅
空位
前タイトル保持者
清水智信
第52代日本フライ級王者

2011年2月5日 - 2011年11月(返上)

空位
次タイトル獲得者
粉川拓也
前王者
ソニー・ボーイ・ハロ
第39代WBC世界フライ級王者

2012年7月16日 - 2013年4月8日

次王者
八重樫東