スーパーライト級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーパーライト級: super light weight)は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つである。

ボクシング[編集]

プロボクシングでの契約ウェートは、135 - 140ポンド (61.235 - 63.503kg) である。ライト級ウェルター級の間の階級で、全17階級中8番目に重い階級である。日本のプロボクシングでの旧名は「ジュニアウェルター級」(英:junior welter weight)。

アマチュアではライトウェルター級 (60 - 64kg) と呼ばれる。

初代世界王者は1922年に当時の米国の専門誌『ボクシング・ブレード』の人気投票で選ばれた[1][2]ピンキー・ミッチェルアメリカ合衆国)。1930年代にはトニー・カンゾネリジャック・キッド・バーグバーニー・ロスなどの王者を輩出したが、以降消滅。カルロス・オルティスがライト級で世界王者ジョー・ブラウンに挑戦しようとして難航していた時、マディソン・スクエア・ガーデンのマッチメイカーだったテディ・ブレンナーがスーパーライト級王座の復活を提案。オルティスはそれが権威のあるものとは思えないと言いながらも提案に同意し、1959年6月に決定戦を制してこの階級の世界王者になった。オルティスの他にドゥイリオ・ロイエディ・パーキンスらの名王者が生まれ、階級の価値は高められていった[3]

この階級で日本ジム所属選手として初めて世界王座を獲得したのは藤猛(リキ)。続いてWBC浜田剛史帝拳、1986年7月24日 - 1987年7月22日)、WBA平仲明信沖縄、1992年4月10日 - 1992年9月9日)が世界王座を獲得している。女子ではJBC公認前に風神ライカ(当時のリングネームはライカ)がIFBA王座を獲得している。

この階級の世界王座最多防衛記録はフリオ・セサール・チャベスメキシコ / WBC)の12度。日本の選手の最多防衛記録は、藤猛(リキ / WBA・WBC)および浜田剛史(帝拳 / WBC)の1度。2010年現在、2008年まで認められていなかったスーパーミドル級以上と世界王者が出ていないウェルター級を除いて日本のジムのボクサーが世界王者になっていない期間がもっとも長い階級である。

アマチュアでは川内将嗣がこの階級で2007年世界選手権に出場し銅メダルを獲得している。

プロレス[編集]

かつて存在した全日本女子プロレスには軽量級としてスーパーライト級が設置されていた。ただし、ボクシングにおけるものとは由来が異なり、設置に関わったロッシー小川がタバコの銘柄にある「スーパーライト」から思いついたとコメントしている。

脚注[編集]

  1. ^ The Lineal Junior Welterweight Champions” (英語). Cyber Boxing Zone. 2012年7月20日閲覧。
  2. ^ Cliff Rold (2009年2月25日). “The Top 20 Junior Welterweights of All-Time” (英語). BoxingScene.com. 2012年7月20日閲覧。
  3. ^ 『日本プロボクシングチャンピオン大鑑』 ボクシング・マガジン編集部、ベースボール・マガジン社2004年3月1日、p. 312。ISBN 978-4-583-03784-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]