平仲明信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平仲 明信
Replace this image JA.svg
基本情報
本名 平仲 信明
階級 ジュニアウェルター級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1963年11月14日(50歳)
出身地 沖縄県島尻郡具志頭村
(現・八重瀬町
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 20
KO勝ち 18
敗け 2
テンプレートを表示

平仲 明信(ひらなか あきのぶ、男性、1963年11月14日 - )は、日本の元プロボクサー。戸籍上の姓名は平仲 信明(ひらなか のぶあき)、一時期のリングネーム平仲 伸章沖縄県島尻郡具志頭村(現・八重瀬町)出身。元WBA世界ジュニアウェルター級王者。

テレビや大手ジムなどの背景がない個人の力で世界戦の交渉を行い、ボクサーである彼自身が外国語を交えて相手と向き合い、リングの上と下とで汗を流した結果、世界挑戦実現にこぎつけた珍しいタイプのボクサー。その不思議な体験は『ボクサー回流 平仲明信と「沖縄」の10年』(1997年 山岡淳一郎/文藝春秋)に詳しい。

沖縄ボクサーの系譜では初めて、地元沖縄のジム(沖縄ジム。現琉球ボクシングジム)から世界王者となった。

元日本フェザー級王者の平仲信敏は5人兄弟の末弟。ロス・ソウルオリンピック代表の東悟は日大の同期であり、平仲を頼って沖縄ジムに入門した。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

南部農林高校2年生の終わりにボクシングを始め、数か月後に同じ沖縄県代表の新垣諭と共にインターハイで優勝。またライバル校たる興南高校の監督でありながら高校の大先輩でもある金城真吉からも指導を受けたという。

日本大学農獣医学部時代の1984年にはロサンゼルス五輪ボクシングウェルター級に出場(初戦=2回戦敗退)。

プロ時代[編集]

1985年3月24日、特例のA級としてプロデビュー(初回KO勝ち)。

プロデビューから10ヵ月弱の1986年1月9日、4戦目で日本王座初挑戦。日本ジュニアウェルター級(現:スーパーライト級)王者田名部雅寛を6回KOに降し、王座獲得に成功。4戦目での日本王座奪取はジェームス・キャラハン友伸ナプニと並ぶ最短タイ記録(後に辰吉丈一郎井上尚弥も並ぶ)。その後、1988年まで9度の防衛に成功し、王座返上。

1989年4月29日、18戦目で世界初挑戦。イタリアWBA世界ジュニアウェルター級王者ファン・マルチン・コッジアルゼンチン)に挑む(イタリアはコッジの祖父母の母国)。3回に2度のダウンを奪い、王座奪取寸前にまで迫るも、レフェリーの露骨な地元贔屓にも見舞われ[1]、12回判定負け。王座獲得ならず。

その後は地方ジムの不利も手伝い、ノンタイトル戦すらまともに行えない状況に陥り、1990年は1試合も行えず。翌1991年も1試合しか行えなかった。

1992年4月10日、3年ぶりの世界再挑戦。メキシコでWBA世界ジュニアウェルター級王者エドウィン・ロサリオプエルトリコ)に挑む。初回開始のゴングと同時に平仲が王者をラッシュでロープに詰めると、怒涛の連打で王者を圧倒。立ったまま白目をむいて失神したロサリオを見てレフェリーは即座に試合を止める。初回1分32秒TKO勝ちで王座奪取を果たした。このKOタイムは同階級の世界戦における最短KOタイムとして今も残っている。また、この試合以降日本人男子選手による海外での世界王座挑戦は2013年3月30日に高山勝成(当時はJBC管轄外)がメキシコでIBFミニマム級王座を獲得するまで37戦連続で失敗が続いた(女子を含めれば2008年7月に富樫直美が韓国でWBCライトフライ級暫定(当時)王座を奪取)。さらにオリンピック日本代表経験者の世界王座奪取はロイヤル小林に次いで2人目となった。

1992年9月9日、初防衛戦。東京日本武道館で19歳の新鋭モーリス・イーストフィリピン)と対戦。序盤から優位に試合を進めるも、11回、挑戦者の左ストレートをカウンターでまともに浴びダウン。立ち上がったものの、レフェリーストップが掛かりTKO負け。5ヵ月で世界王座を手放す。試合後の検査でごく少量ではあったが脳内出血が確認され、引退を余儀なくされた。

引退後[編集]

引退後は、沖縄県豊見城市で株式会社平仲の代表取締役および平仲ボクシングスクールジム(1995年10月10日オープン)を経営し、後進の育成に励んでいる。株式会社MUGENの総合プロデューサーとしても、ボクシング興行・スポーツイベントの企画運営などを通して人材育成や環境保護に取り組み、この具体的な活動の一環として「青少年育成チャリティー・プロボクシング大会 MUGEN」の開催がある。

また日本プロボクシング界では異例の他の格闘技関係者との交流を積極的に取り組み、ジムオープン以前は正道会館にてボクシング指導も行っていた。1998年アントニオ猪木引退試合前のキャンプに協力、2000年に亡くなったK-1選手アンディ・フグが生前、K-1グランプリ開幕前に沖縄合宿をしていたことでも知られている。階級差があるにもかかわらずスパーリングで勝ち、アンディに土下座させたことでも有名[要出典]。同じくK-1選手だったアンディ・オロゴンもボクシング転向後、平仲ジム所属選手となったがデビューから半年程度で引退(アンディの実兄ボビー・オロゴンが平仲ジム所属でセコンドライセンス受給していたがJBCルール違反で他の格闘技参戦した事が問題となりライセンス剥奪が大きな要因)。

戦績[編集]

  • アマチュア76戦67勝(64RSC・KO)9敗[2]
  • プロ22戦20勝(18KO)2敗[2]

脚注[編集]

  1. ^ ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年、257頁。
  2. ^ a b 平仲ボクシングスクールジム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
田名部雅寛
第19代JBCジュニアウェルター級王者

1986年1月9日 - 1988年7月21日(返上)

次王者
北島義文
前王者
エドウィン・ロサリオ
第32代WBA世界ジュニアウェルター級王者

1992年4月10日 - 1992年9月9日

次王者
モーリス・イースト