スーパーフライ級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーパーフライ級: super fly weight)は、ボクシングで用いられる階級の1つである。「フライ」は「蝿(ハエ)」を意味する。

ボクシング[編集]

プロボクシングでの契約ウェートは、112 - 115ポンド (50.802 - 52.163kg) である。1980年創設のフライ級バンタム級の間の階級であり、全17階級中4番目に軽い階級である。日本のプロボクシングでの旧名は「ジュニアバンタム級」(英:junior bantam weight)。

アマチュアではライトバンタム級と呼ばれるが、ジュニアのみで設けられている(かつては女子シニアでも設けられていた)。契約ウェートは50 - 52kg。シニア部門ではバンタム級に属する。

初代スーパーフライ級世界王者はWBCラファエル・オロノベネズエラ)、WBAグスタボ・バリャスアルゼンチン)。

日本人として初めて同級世界王座を獲得したのはWBAの渡辺二郎大阪帝拳、1982年4月8日 - 1984年7月15日)。女子では天海ツナミ山木)が2009年に初となるWBAの王座をこの階級で獲得している。

この階級の世界王座最多防衛記録はカオサイ・ギャラクシータイ / WBA)の19度。日本の選手の最多防衛記録は、渡辺二郎(大阪帝拳 / WBC・WBA)の通算10度(WBAを6度、WBCを4度)。同連続防衛記録は徳山昌守金沢 / WBC)の8度連続。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]