ゼビオアリーナ仙台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼビオアリーナ仙台
Xebio arena sendai 20121005.jpg
施設情報
愛称 ゼビオアリーナ
用途 多目的アリーナ
収容人数 4,002人
設計者 佐藤工業・アーキボックス設計共同企業体[1]
施工 佐藤工業・仙建工業建設工事共同企業体[1]
六興電気[1]
大成温調[1]
事業主体 ゼビオ[1]
敷地面積 7,930m2
建築面積 6,115.33m2[1]
延床面積 11,707.7m2[1]
着工 2011年7月[1]
竣工 2012年9月[1]
所在地 982-0007
宮城県仙台市太白区あすと長町1-4-10[1]
位置
テンプレートを表示

ゼビオアリーナ仙台(ゼビオアリーナせんだい、英語: Xebio Arena Sendai)は、宮城県仙台市太白区にある屋内スポーツ施設である。

概要[編集]

2010年10月、仙台市は太白区あすと長町にゼビオアリーナが設置されることを発表[2]。同市は広域集客型産業を誘致するために助成制度を設けており、その適用第1号となった。2012年10月5日に開業[3]。年間利用者数25万人を見込んでいる[4]

施設[編集]

  • メインアリーナ
    • 面積 - 2,170m2、アリーナ高さ 約20m
    • 観客席数: 1階可動席 1,232席、2階 2,393席、3階 273席、3階VIP席 104席
    • 大型映像装置
    • 6面センターマルチディスプレイ
    • 360°LED帯状映像装置(リボンビジョン) - 全長213m

主な大会・イベント[編集]

仙台開催の世界戦は1996年6月15日の仙台市体育館におけるWBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ、ロセンド・アルバレス×佐藤健太(エリック・チャベス)以来16年ぶりとなった。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 「ゼビオアリーナ仙台」、『月刊体育施設』、体育施設出版、2012年12月
  2. ^ 仙台市. “あすと長町に(仮称)ゼビオアリーナが立地することが決まりました”. 2012年4月12日閲覧。
  3. ^ 仙台商工会議所. “今後の仙台圏関連の動向について”. 2012年4月12日閲覧。
  4. ^ 福島中央テレビ. “FCTニュース”. 2012年4月12日閲覧。
  5. ^ ゼビオアリーナ仙台. “~ゼビオアリーナ仙台オープン記念~ ゼビオグループプレゼンツ スポーツ&ミュージックフェスティバル2012”. 2012年10月5日閲覧。
  6. ^ “山中、五十嵐ダブルタイトル戦発表”. 日刊スポーツ. (2012年9月11日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20120911-1015134.html 2012年9月11日閲覧。 
  7. ^ 日本バレーボールリーグ機構. “女子 2012/13 Vチャレンジリーグスケジュール”. 2012年8月6日閲覧。

外部リンク[編集]