有明コロシアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
有明コロシアム
有明コロシアム
施設情報
所在地 東京都江東区有明2丁目2番22号
位置 北緯35度38分10.8秒
東経139度47分24.6秒
座標: 北緯35度38分10.8秒 東経139度47分24.6秒
開場 1987年
所有者 東京都
グラウンド セミハードコートテニス
ピッチサイズ 1,153.1m²
照明 最大2,000ルクス
設計者 東京都港湾局建築モード研究所
使用チーム、大会
ジャパンオープンテニス(1987年-現在)
全日本テニス選手権(1987年-現在)
ニチレイ・レディース(1990年-1996年)
全日本フットサル選手権大会(1996年-1999年)
トヨタ・プリンセス・カップ(1997年-2002年)
東京アパッチbjリーグ)(2005年-2009年)
FIVBワールドグランプリ(2006年-2007年)
bjリーグファイナル4(2006年-現在)
FIVBワールドリーグ(2008年-2009年)
東レ パン・パシフィックテニス(2008年-現在)
収容能力
10,000人
アクセス
りんかい線国際展示場駅下車徒歩5分

有明コロシアム(ありあけコロシアム)は、東京都江東区有明二丁目にあり、東京都港湾局が所管する「有明テニスの森公園」の敷地内にあるスタジアムである。

施設概要[編集]

  • 設計:東京都港湾局建築モード研究所
  • 観客席:10,000席
    • 1階:3,892席
    • 2階:3,824席 
    • 3階:1,936席
    • 貴賓席:220席
    • 記者席:128席
  • アリーナ全天候型テニスコート(セミハードコート1面・1,153.1m²)

歴史[編集]

昭和時代の日本テニスの殿堂と言われた田園コロシアム東京都大田区)の施設の老朽化や、田園コロシアム周辺の宅地化などの影響を考慮して、国際大会を開催できるテニスコートを新たに整備することが求められ、1987年、現在地にオープンした。

1991年には、日本初の開閉式屋根を備えるスタジアムとなった。杮落とし米米CLUBコンサートツアー「ANTI SHARISHARISM」の東京公演であった。オープンの年には尾崎豊がコンサートを行い、2日間で2万人を動員した。

使用状況[編集]

テニス競技場として[編集]

2010年ジャパンオープン

テニスの国際大会である「ジャパン・オープン」「東レパンパシフィック」(2008年より)、および日本の大会である「全日本選手権」といった規模の大きな大会ではセンターコートとして、有明テニスの森公園の複数のコートと共に使用され、日本におけるテニスの中心的施設となっている。国別対抗戦「デビスカップ」および「フェドカップ」の日本での開催時においても使用されることがある。屋根を閉じて競技を行う場合もある。

2020年に開催が予定される東京オリンピックではテニス競技のメインコートとして使用される計画となっている[1]

格闘技会場として[編集]

田園コロシアム同様、格闘技の試合会場としても使用されており、まだ屋根がなかった時代より興行が行われていた。

プロレスでは、1988年5月8日新日本プロレスが初使用(メインは藤波辰巳 VS ビッグバン・ベイダーIWGPヘビー級選手権)。新日本は1987年12月27日に起こった暴動騒ぎで使用禁止にされた両国国技館に代わるビッグマッチの会場として当てており、7月29日にも使用し闘魂三銃士として初の6人タッグなどが組まれたが、国技館使用禁止が翌年に解除されたこともありこの2回のみで終わった。

8月13日にはUWFも興行を開き(メインは前田日明 VS ジェラルド・ゴルドー)、その後前田らがUWFから分かれる形で旗揚げされたリングスが常打ちとして使用した。FMW闘龍門JAPAN、みちのくプロレスもビッグマッチで使用した。

2000年に旗揚げされて事務所を有明に置くNOAHが12月23日に初のビッグマッチを開催(メインは小橋建太 VS 秋山準)。以来、特別な興行を主に当地で行っていおり、日本テレビ矢島学アナウンサーはNOAHの最高王位であるGHCヘビー級の聖地と称した。

女子プロレスでも主に1990年代の団体対抗戦が行われ、全日本女子プロレスから分かれたアルシオンAtoZもビッグマッチで使用した。

ファイティング・オペラ「ハッスル」最大のイベントである「ハッスルマニア」は通常横浜アリーナで開催していたが、2008年に限り有明コロシアムを使用した。

アメリカの団体であるWWEの公演で使用されたこともある。

プロボクシングでは1992年12月11日の鬼塚勝也 VS アルマンド・カストロのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチを皮切りにダブル世界戦・トリプル世界戦などの国際タイトルマッチで使用されている。タイトルマッチ以外でもロンドン五輪金メダリスト村田諒太のプロデビュー戦が2013年8月25日に行われた。

その他格闘技では「K-1」「戦極」が行われている。漫画「キン肉マンII世」にも登場している。

屋内アリーナとして[編集]

bjリーグ 2012-13 ファイナル

プロバスケットボールbjリーグでは、プレイオフである「ファイナル4」の会場として使用されており、以前は同リーグに所属する東京アパッチが本拠地として使用していた。また、旧日本リーグ時代のオールスターゲームも開催されたことがある。

バレーボールでは、国際大会である「ワールドグランプリ」および「ワールドリーグ」、またVリーグ1部である「プレミアリーグ」のセミファイナルラウンドが現在までに開催されている。

その他球技ではこれまで全日本フットサル選手権大会が開催されている。冬季にはアイスリンクが設置され、アイスショーが開催されている。また、スポーツ以外にもコンサートなど各種イベントに利用されている。

交通[編集]

なお、有明テニスの森公園の駐車場は台数が限られている。稀に関係者駐車場を一般開放する場合があるが、開放は各イベント主催者の判断に任されており、収容台数も少ない。周辺には臨時駐車場や国道357号南側に各ビルの駐車場が存在する。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]