ライト級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ライト級: light weight)は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つである。

ボクシング[編集]

プロボクシングでの契約ウェートは、130 - 135ポンド (58.967 - 61.235kg) である。スーパーフェザー級スーパーライト級の間の階級で、全17階級中、ちょうど真ん中である。成人男子の平均体重に最も近い階級ということから、「世界的に最も選手層が厚い階級」とも言われる。

アマチュアボクシングでは、男子が56 - 60kg(2010年春にフェザー級廃止以前は57-60)、女子が57 - 60kgである。

1886年創設。ヘビー級に次いで2番目に古い階級で、初代世界王者はジャック・マカリーフェアイルランド)。

1906年のネバダ州ゴールドフィールドはボクシングブームを迎えていた。若く大胆なギャンブラーのテックス・リカードが率いる地元の市民団体は、ゴールドフィールドを地域外にアピールするためにボクシング興行を主催することになる。そして1906年から1908年にかけて、リカードはジョー・ガンスとバトリング・ネルソンの3度にわたる世界ライト級タイトルマッチをプロモート。その初戦がゴールドフィールドのカジノで開催されると、ボクシングブームは頂点に達し、ゴールドフィールドは世界的に注目されるようになった。1905年のメインストリートはほとんど何もなく閑散としていたが、翌年には音楽ホールや店舗が建ち並んで人通りが増え、急激に活気づいた。リカードはそれまでのライト級の試合では最高額となる34,000ドルのファイトマネーを支払い、トッププロモーターとなる。69,715ドルのゲート収入も当時としては驚嘆に値する額であった[1]

日本のボクシングの父・渡辺勇次郎はヤング・ワタナベのリングネームでリングネームで1910年1月にはカリフォルニア州ライト級王者ウィリー・ハッパーに挑戦。善戦したものの惜しくも判定負けで初敗北を喫する。負けじ魂に火がついた渡辺は、同年7月に再びハッパーに挑戦し、判定勝利で見事雪辱。異国の地でボクシングのタイトルを手に入れることに成功した。 日本人として初めて同級世界王座を獲得したのはWBCガッツ石松ヨネクラ、1974年4月11日 - 1976年5月8日)。女子ではJBC公認前に風神ライカ(当時のリングネームはライカ)がWIBA王座を獲得しており、公認後もOPBF東洋太平洋王座を獲得し、日本人女子がタイトルを獲得した最も重い階級となっている。日本王座ではリック吉村がこの階級で全階級を通じて最多となる22度の防衛に成功している。

この階級の世界王座最多防衛記録はアルツール・グレゴリアンウズベキスタン / WBO)の17度。日本の選手の最多防衛記録は、オルズベック・ナザロフ協栄 / WBA)の6度。

レスリング[編集]

レスリングでかつてライト級と呼ばれたものは、現在の66kg級に当たる。女子では55kg級をライト級と呼ぶ場合もある。

総合格闘技[編集]

総合格闘技では団体によって差違がある。よってここではいくつかの団体の定める体重分けを例として挙げる。

  • UFCなど北米の多くの団体が準拠するネバダ州アスレチック・コミッション (NSAC) では145 - 155ポンド (65.8 - 70.3kg) と規定している。
  • 国際修斗コミッションは、60 - 65kgと規定している。
  • パンクラスは、2007年までは64 - 69kgと規定していた。2008年の階級再編成により、現在はNSACに準拠。
  • DEEP事務局は、2007年までは65 - 70kgと規定していた。2008年の階級再編成により、現在はNSACに準拠。
  • PRIDEルールでは、73kg以下と規定していた。
  • DREAMは、70kg以下と規定している。

出典[編集]

  1. ^ Andre, Sam; Fleischer, Nat; Rafael, Don (2001-12). “The lightweights” (英語). An Illustrated History of Boxing (2001: 6th ed.). 米国・ニューヨーク市: Citadel Press. p. 292. ISBN 978-0-8065-2201-2. 

外部リンク[編集]