DREAM (格闘技イベント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

DREAM(ドリーム)は、日本総合格闘技イベント2008年発足。主催は当初はFEG2011年リアルエンターテインメントに変更)だったが、FEGの倒産に伴い、2013年よりGLORYを主催するグローリー・スポーツ・インターナショナルに移管されたが1度も開催されていない。

概要[編集]

2007年まで総合格闘技イベントHERO'Sを運営してきたFEGが、総合格闘技イベントPRIDEを運営してきたドリームステージエンターテインメントの元スタッフらと立ち上げた新たなイベントである[1]。K-1のFEGと旧PRIDEは2003年以来敵対関係にあったが、2007年のPRIDE活動停止を受けて、2007年大晦日に総合格闘技イベント「やれんのか! 大晦日! 2007」を共催し[2]、この関係を発展させてDREAMの誕生に繋げた。

DREAMのイベントプロデューサーには元ドリームステージエンターテインメントの元広報で、やれんのか! 大晦日! 2007の実行委員でもあった笹原圭一が就任[3]。これまでHERO'Sを運営してきたFEGの谷川貞治社長は主催者としてテレビとスポンサーの折衝にあたるものの、イベントの運営には直接関与せず、立ち技格闘技イベントのK-1に専念する意向を表明しているが、実際にはマッチメイクや運営の最終判断の際は直接関与していると海外のメディアにコメントしている[4]。旧HERO'Sスーパーバイザーの前田日明および旧PRIDE統括本部長の高田延彦はDREAMの運営には加わらない[5]

発足時に旧HERO'Sの日本人選手はDREAMへ全面参加しているものの、旧PRIDEの日本人選手は同時期に発足してPRIDEの継承を謳った戦極(後のSRC)とDREAM、そしてPRIDEを実質的に吸収したUFCに分かれる格好となった。選手層は中軽量級が中心。テレビ放送は、スカイパーフェクTV!PPVとTBSでの地上波放送がされているが、地上波は深夜放送が主である。

総合格闘技大会DEEP佐伯繁代表がDREAM広報を務め[6]、DEEPを登龍門的な位置づけの大会として、DREAMと連動させている[7][8]。アメリカの総合格闘技大会Strikeforceとも2009年より提携関係を結んだ。大晦日に開催されているDynamite!!とも連動し、DREAMの常連選手が出場して、DREAMルールの試合が行なわれている。

2008年と2009年はトーナメントを主軸として年間6大会を開催。6階級が創設され、2008年はミドル級とライト級の初代王座を決定。2009年はフェザー級で16人制トーナメントをウェルター級では8人制トーナメントを開催し、チャンピオンを決定した。「スーパーハルクトーナメント 〜世界超人選手権〜」と題した無差別級トーナメントも開催した。2010年はワンマッチ中心の年間4大会となり、ライトヘビー級の王座決定トーナメントが開催された。

2009年までパチンコパチスロを手掛ける石原ホールディングスが特別協賛を務め、回毎に平和オリンピアが交互に冠スポンサーとなっていた。オリンピアは旧HERO'Sの冠スポンサーでもあった。2010年ならびに2011年も冠スポンサーはない。

2011年に入りFEGの経営難が表面化したことから、以後の興行はFEGの手を離れ、笹原が代表を務めるリアルエンターテイメントが他団体(IGFONE FC等)の協力を得つつ開催したが、2012年5月にFEGが破産したことでリアルエンターテイメントも連鎖的に清算せざるを得なくなった。このため興行の継承先を探した結果、グローリー・スポーツ・インターナショナル(GSI)ホワイトナイトとなりDREAMの運営を引き継ぐことになった(詳細は後述)が2012年12月31日のDREAM.18 & GLORY 4を最後に2013年は活動を停止している

歴史[編集]

2007年12月31日、PRIDEのけじめの大会として開催された「やれんのか! 大晦日! 2007」のイベント終了時に割られたくす玉から「桜咲くころ、夢の続きを……」という垂れ幕のメッセージが現れ、新たなイベントの開催が示唆された[9]

2008年2月13日に東京のホテルメトロポリタンで、正式にDREAMの発足の記者発表がなされ、大会名と概要が発表される[1]

2008年3月15日、さいたまスーパーアリーナにおいて、旗揚げ戦DREAM.1が開催され、UFCを離脱したミルコ・クロコップが参戦した[10]。4月5日にはイベント会社「リアルエンターテインメント」が設立され、笹原が社長に就任。DREAM.2以降の制作に当たっている[11]

2008年は、DREAM.1からDREAM.6の年間6大会を開催。6階級が創設され、奇数大会ではライト級グランプリが、偶数大会ではミドル級グランプリが行なわれ、トーナメントの優勝者をライト級とミドル級の初代王座に決定した。初代ライト級王者はヨアキム・ハンセン、初代ミドル級王者はゲガール・ムサシ。プライムタイムでの地上波放送は2大会で行なわれた。大晦日のDynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜には、DREAMの選手も参戦。DREAMのルールの試合を行った他、DREAM選手の川尻達也とゲガール・ムサシがK-1ルールの試合に挑戦し、勝利を収めた。2008年5月にHERO'Sと提携していたPro Elite社のElite Xtreme Combat(エリートXC)と引き続き提携関係を結び、DREAM.3にエリートXCからジェイソン・ミラーニック・ディアスが参戦[12]。しかしエリートXCは同年11月で活動停止した[13]

2009年は、DREAM.7からDREAM.11の6大会を開催。奇数大会のフェザー級で16人制トーナメントを、偶数大会のウェルター級では8人制トーナメントを開催。優勝者のマリウス・ザロムスキーが初代ウェルター級王者、ビビアーノ・フェルナンデスが初代フェザー級王者に認定された。2009年8月にはアメリカのStrikeforceと提携を結び、交互に選手の派遣がなされることになった。10月のDREAM.12で六角形のヘキサゴンケージが使用され、今後、年に1度のケージ大会がDREAMで行なわれる。DREAMはこれまで視聴率がふるわず、一般層への訴求力のある企画として[14]、元大リーガーのホセ・カンセコボブ・サップら8名参加の無差別級トーナメント「スーパーハルクトーナメント 〜世界超人選手権〜」が企画されて、プライムタイムの地上波放送のあるDREAM.9とDREAM.11で実施された。同トーナメントは大晦日のDynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜で決勝戦が行なわれ、ミノワマンが優勝した。Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜では、SRCとの対抗戦も行なわれ、DREAM勢は5勝4敗で勝ち越した。2009年の地上波中継のプライムタイムでの放送は2大会だったが、うち1回はプロボクシング世界戦中継と抱き合わせなり、90分枠に縮小された。HERO'Sで中心選手だった秋山成勲、宇野薫がDREAMを離脱、UFCに参戦[15][16]

2010年は、初の海外大会となる韓国大会を含めて、年間6大会を予定していた[17]。しかし4月下旬に予定され、スカパー!でも4月24日の放送が告知されていた韓国大会は[18][19]、秋に延期となり後に正式に中止となった。理由は韓国のスポンサーの降板と説明されている[20]。これに伴い、年間大会はこれまでの6大会から4大会に減少し、TBSの中継番組のプライムタイム放送も1大会にとどまった。7月には主催会社のFEGが資金調達のために中国のPUJI CAPITALとの業務提携を発表[21]

2010年は、これまで戦極を主戦場にしていた吉田道場勢の中村和裕小見川道大DREAM.15からDREAMに参戦[22]。SRCと契約していた柔道金メダリストの石井慧とUFCに出場していた長南亮もDREAMに参戦し[23][24]、宇野薫もDREAM復帰を表明した[25]。一方、DREAMからはライト級王者の青木真也が提携関係にあるStrikeforceに4月に参戦するも、ギルバート・メレンデスに完敗を喫する[26]DREAM.16にてライトヘビー級の王座決定戦が開催され、ミドル級王者のゲガール・ムサシが初代ライトヘビー級王者となり二冠を獲得した[27]

2011年から61kg級のバンタム級を創設し、フェザー級を63kgから65kgに引き上げ、7階級となった[28]

2011年5月29日、8人参加によるバンタム級日本トーナメントが開幕し、決勝戦は7月16日に行なわれ、所英男が優勝した。

2011年9月24日、8人参加によるバンタム級世界トーナメントが開幕し、このトーナメントの優勝者ビビアーノ・フェルナンデスがDREAMバンタム級初代王者となった。

2011年12月31日、FEG活動停止に伴い、イノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)と合同で「元気ですか!! 大晦日!! 2011」を開催。

2012年、シンガポールの総合格闘技団体ONE FCが中心となり設立したOAPNへの参加、併せて3月にONE FCとDREAMの合同興行が行われることも発表された。

2012年は7月に第1回興行を計画していたが、FEGが破産したため、経営基盤及び興行基盤の見直しを図るべく、大晦日に集中開催する方針に転換したことが報道された[29]。それまで選手は国内外の他団体に参戦する。結局同年は大晦日にGSIとの共催でDREAM.18を開催することになった。発表と同時にDREAMブランドをGSIに譲渡し、GSIが運営を担うことになった。リアルエンターテインメントは会社清算に入る。笹原はイベントプロデューサーこそ辞任するものの、広報ならびにマッチメイクを担当し引き続きDREAMに関わる[30]

2013年は新体制下で5大会を予定していたが、結局一度も開催されなかった。DREAM.18がGLORY 4との合同開催として行われたが、リスク面などでDREAM側とGLORY側で揉めたのが原因とされる[31]

2014年12月31日にDEEPが初の大晦日興行をさいたまスーパーアリーナにて「DEEP DREAM IMPACT 2014〜大晦日special〜」開催することを発表したが[32][33][34]、興行名の「DREAM」に元DREAMスタッフに対するメッセージが込められており、基本的に関わりはないものの、手伝いを依頼する可能性も示唆している[31]

海外団体との提携[編集]

Strikeforce[編集]

2009年8月5日に米国の総合格闘技大会であるStrikeforceとの提携が発表。まず、DREAM側から石田光洋が8月15日のStrikeforceの大会に出場した[35]

2009年10月25日のDREAM.12では、Strikeforceと同じ六角形のヘキサゴンケージ形のリングを使用した。DREAMでは、金網の代わりに、大型魚類の養殖に用いられる素材、マトリックスを使用し、見映えも考慮して白色のホワイトケージである。ヘキサゴンケージ大会は年1回実施予定とされ[36][37]、2010年5月29日のDREAM.14でも使われた[38]

2010年はStrikeforceとの提携が本格化し、DREAMからはライト級チャンピオンである青木真也がStrikeforceからはKJ・ヌーンとウェルター級王者ニック・ディアスがお互いの大会に参戦。DREAMと日本国内契約を結ぶ選手が北米での試合契約をStrikeforceと結んだ。

2010年5月、山本"KID"徳郁もStrikeforceに参戦予定であったが、ビザの関係で間に合わなかったため予定していた試合はDREAM.14にて行なわれた[39]

2011年3月、StrikeforceUFCを運営するズッファ社に買収されたため事実上の提携は終了した。

Bellator FC[編集]

元々DREAMと業務提携を行っていたStrikeforceがズッファに買収され、事実上業務提携が終了した。それに伴い非ズッファのBellator FCとの業務提携を開始。2011年9月に行なわれたDREAM.17にBellator FCよりロブ・マックローが派遣され、青木真也と対戦した。

ONE FC[編集]

2011年11月28日、シンガポールで同年9月に旗揚げされたONE FCとの提携が発表された。

ONE FCを中心に設立した、ONE FCネットワークOne Asia Partnership NetworkにDREAMが参加する運びとなった。 提携第一弾を2012年3月31日にシンガポール・インドアスタジアムで行うことが発表され、DREAM選手も参戦している[40]。 2012年6月28日DREAMバンタム級チャンピオンであるビビアーノフェルナンデスとDREAMライト級チャンピオンの青木真也選手が参戦する事が発表された。

ProElite[編集]

2012年1月18日、ProEliteとの業務提携を結んだ事を発表した。以前ProEliteがElite XCとして興行を行っていた時もにも業務提携を結んでおり、その時は、DREAM.3にElite XCからジェイソン・ミラーニック・ディアスが参戦したが、その後Elite XCは崩壊し業務停止に陥った。

今回は再始動したProEliteと再度業務提携し将来的なProEliteの日本大会、DREAMのアメリカ大会など、イベントの共催も視野に入れている模様。また、両団体に所属する選手はお互いの大会に出場することができるようになるとのことだ。この両団体間の選手派遣は、1月21日にハワイで行われるProEliteの大会からスタートし、ミノワマンと水野竜也が参戦する事も発表された。[41]

試合中継[編集]

DREAM.1はTBSが地上波でゴールデンタイム(19:00 - 20:54)録画中継。後日、スカイパーフェクTV!ケーブルテレビTBSチャンネルで完全版が放送され、その後パーフェクト・チョイス(現スカチャン)にて録画PPV放送された(値段は通常の半額の1,500円)。TBSチャンネルのTBS完全版とPPVの差はオープニング、煽り映像や入退場シーンの収録である。2010年からTBS完全版の放送がなくなる。

DREAM.2以降はスカチャンにて3,150円でPPV中継を行っており、さらに地上波でPPVと異なる時間帯に中継を実施している。地上波の中継パターンは2通りある。

プライムタイム中継
地上波プライムタイムにおいて2時間枠を取り、ディレード方式で中継(同じくFEG・TBSのK-1 WORLD MAXと同様)。プライムタイムでの中継は全国ネットである。2009年までは地上波でプライムタイムの放送がある場合、PPV中継は地上波放送の終了後に同日録画中継をしていたが、2010年以降はすべてPPV生中継を行なう。
これまでDREAM.5、6、9、11、16で実施。5、6は単独の2時間枠だったが、9、11、16はプロボクシング世界戦中継と合体し、「格闘技2大祭り」として、事実上の90分枠で放送された。
深夜中継
同日深夜録画(2008年は翌日以降の放送)となる。なお、深夜録画は基本的にTBSのみの関東ローカルのため、系列局ではおよそ1週間遅れでの放送か、番組ネットなしとなる。2009年までPPV生中継は地上波で深夜録画となる大会のみ行っていた。
地上波のプライムタイムの放送がない場合に行なわれる。

2010年を最後にTBSが主催から外れたため地上波放送は打ち切られ、PPVもDREAM JAPAN GP バンタム級トーナメントはスケジュール調整の問題から後日録画中継となった。

FIGHTING TV サムライにおいても、過去の大会を放送している。アメリカでは、HDNetで中継番組が放送されている。

ネット配信はDMM.comShowTimeにて有料配信を実施している。

煽りV、ナレーション[編集]

当初、煽りV(選手紹介映像)はPRIDEと同様にすべて制作・佐藤大輔、ナレーション・立木文彦のコンビで行なわれる予定だったが、立木は会場およびPPV放送のみの担当となり、地上波放映時にはナレーションが奈佐健臣に差し替えられることになった。その理由について佐藤は、フジテレビより「立木文彦をDREAMで使うことは許さん」「立木文彦はフジテレビ格闘技番組の顔、というよりK-1 WORLD GPの顔だから」といった趣旨の通達が佐藤と谷川貞治のところに届けられたため、と述べている[42]

キャスター、解説者[編集]

解説は、元格闘家の高阪剛須藤元気。試合の実況は、TBSアナウンサーの初田啓介小笠原亘駒田健吾伊藤隆佑。控え室などからの選手レポートは、TBS女性アナウンサーの高畑百合子青木裕子が行っている。ここまでは地上波・PPV共通である。

2009年からは、地上波(およびTBSチャンネル)での中継番組のメインキャスターとして俳優の佐藤隆太佐々木希が起用された。佐藤隆太は一部の試合でリングアナウンサーも担当し、佐々木は2009年4月から1年間放送されたDREAMの情報も扱う深夜の格闘技番組『格闘王子』の司会も務めていた。

2010年から地上波・PPVそれぞれ別の実況席に分かれている。地上波の実況はTBSアナウンサー、PPV実況は清野茂樹高橋大輔。2011年からはSRCでメイン実況を務めていた矢野武も加わった。解説はPPVが高阪剛、地上波は須藤元気となっている。

スタッフ[編集]

  • 監修 : 渡邊健一、藤井誠
  • 構成 : 吉村幹彦、河合秀仁、武田郁之輔、野村安史、高宮進吉、井上修、牧田英士
  • TM : 伊藤賢一
  • 選曲効果 : ZACK
  • 美術 : 古川雅之、小美野淳一、岡嶋正浩
  • 総合演出 : 八代田俊平
  • プロデューサー : 石井宏昌
  • 技術協力 : ProCam東通エヌ・エス・ティーTAMCOTECNONET、MT Planning、サークル、SiS
  • 協力 : FEG
  • 製作著作 : TBS

ファイトマネーの支払い問題[編集]

2008年より、DREAMへ出場した複数の外国人選手がインターネットメディア上で、FEGの財政難によるファイトマネーの未払いや遅延を訴えている。

これまでに、ニック・ディアス[43]ジミー・アンブリッツトッド・ムーア[44]ジョセフ・ベナヴィデス[45]ホナウド・ジャカレイ[46]ビビアーノ・フェルナンデス[47]ハレック・グレイシー[48]らの名前が伝えられた。

2008年11月にFEG USA代表のマイク・コーガンは経理のミスだと弁明したが[44]、その後も未払い情報は続き、2009年10月にFEGの谷川貞治は、未払いを訴えていたホナウド・ジャカレイにファイトマネーを払っていると自ら雑誌インタビューで語っている[49]

DREAMのこうした風評は他の選手に知られることとなり、DREAM選手との対戦の打診があったジョシュ・トムソンはファイトマネー未払いがあることを理由にDREAM参戦に拒否感を示した[50]。ビビアーノは自身に遅延があったことから、DREAM.16のオファーを断ったことを明かしている[51]

2010年9月の会見でDREAMイベントプロデューサーの笹原圭一は、これまで明らかになった未払いについて質問され、支払いの遅延は認めたものの、既に支払って解決済みであることを強調し、主催するFEGの谷川貞治社長に説明責任があるとした[52]

この会見の後も2010年10月にJ.Z.カルバンが7月のDREAM.15のファイトマネーを受け取っていないことを訴えている[53]

2010年12月31日に行なわれたDynamite!!で石井慧とDREAMルールで対戦したジェロム・レ・バンナが、当該試合でのファイトマネーが未払いとなっていることを明らかにした[54]

階級、王座[編集]

階級 重量区分 王者
ヘビー級 93.1kg以上 空位
ライトヘビー級 93kg以下 オランダの旗 ゲガール・ムサシ
ミドル級 84kg以下 空位
ウェルター級 76kg以下 リトアニアの旗 マリウス・ザロムスキー
ライト級 70kg以下 空位
フェザー級 65kg以下 日本の旗 高谷裕之
バンタム級 61kg以下 ブラジルの旗 ビビアーノ・フェルナンデス

ルール[編集]

やれんのか! 大晦日! 2007に準ずるルールが採用されていたが、2010年12月31日開催のDynamite!!よりチャンピオンシップに限りラウンドは1R10分・2R5分・3R5分の変則3R制と変更、ラウンド間のインターバルは90秒である。

判定についてはドロー裁定はなく、2R終了時点で各ジャッジがどちらかの選手に必ず優劣をつけるマストシステムにより勝敗を決定する。

従来の「4点ポジション」の概念とは異なり、足の裏以外の部分が一点でもマットについた状態を「グラウンドポジション」と定義し、グラウンドポジションにある選手の頭部・顔面への膝から下の足部による攻撃(頭部・顔面への踏みつけ、サッカーボールキック)は一切禁止される。したがって、いわゆる「4点ポジションでの頭部・顔面への膝蹴り」は反則にはならない。また、階級を問わず、対戦する両選手の体重差が15kg以上ある場合は、グラウンドポジションにある選手の頭部・顔面への膝蹴りも禁止となる[55]

ヘキサゴンケージを使用する試合は、5分3ラウンドとなる[56]

2011年9月のDREAM.17より、ルールが一部変更。1R5分×3Rに変更された。チャンピオンシップに限りラウンドは1R5分×5R制と変更、ラウンド間のインターバルは90秒である。

大会一覧[編集]

大会名 開催年月日 会場 開催地 入場者数
DREAM.18 〜大晦日 SPECIAL 2012〜 2012年12月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗 埼玉県さいたま市
元気ですか!! 大晦日!! 2011 2011年12月31日 24,602
DREAM.17 2011年9月24日
DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦- 2011年7月16日 有明コロシアム 日本の旗 東京都江東区
DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント- 2011年5月29日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗 埼玉県さいたま市
Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜 2010年12月31日 26,729
DREAM.16 2010年9月25日 日本ガイシホール 日本の旗 愛知県名古屋市 9,304
DREAM.15 2010年7月10日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗 埼玉県さいたま市 13,028
DREAM.14 2010年5月29日 12,712
DREAM.13 2010年3月22日 横浜アリーナ 日本の旗 神奈川県横浜市 13,712
Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜 2009年12月31日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗 埼玉県さいたま市 45,506
DREAM.12 2009年10月25日 大阪城ホール 日本の旗 大阪府大阪市 10,112
DREAM.11 フェザー級グランプリ2009 決勝戦 2009年10月6日 横浜アリーナ 日本の旗 神奈川県横浜市 14,039
DREAM.10 ウェルター級グランプリ2009 決勝戦 2009年7月20日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗 埼玉県さいたま市 11,970
DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND 2009年5月26日 横浜アリーナ 日本の旗 神奈川県横浜市 15,009
DREAM.8 ウェルター級グランプリ2009 開幕戦 2009年4月5日 日本ガイシホール 日本の旗 愛知県名古屋市 9,129
DREAM.7 フェザー級グランプリ2009 開幕戦 2009年3月8日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗 埼玉県さいたま市 19,528
Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 2008年12月31日 25,634
DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦 2008年9月23日 20,929
DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦 2008年7月21日 大阪城ホール 日本の旗 大阪府大阪市 11,986
DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd ROUND 2008年6月15日 横浜アリーナ 日本の旗 神奈川県横浜市 14,037
DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND 2008年5月11日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗 埼玉県さいたま市 21,789
DREAM.2 ミドル級グランプリ2008 開幕戦 2008年4月29日 21,397
DREAM.1 ライト級グランプリ2008 開幕戦 2008年3月15日 19,120

参戦選手[編集]

スタッフ[編集]

イベントプロデューサー[編集]

広報[編集]

リングアナウンサー[編集]

選手コール[編集]

選手紹介映像制作[編集]

ナレーター[編集]

ジャッジ・レフェリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 【ドリーム】HERO'S&旧PRIDEによる新イベント旗揚げ!ライト級GP開幕戦でカルバンVS青木 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年2月13日
  2. ^ 【やれんのか!】12・31K-1谷川EPと元PRIDE高田統括本部長が握手! 格闘技界の大連立へ 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年11月28日
  3. ^ 新総合格闘技イベント『DREAM』発進!! DREAM公式サイト 2008年2月13日
  4. ^ kamipro』No.120、2008年、エンターブレイン。谷川貞治インタビュー
  5. ^ ミルコ、HERO'S+旧PRIDEの新大会参戦 BoutReview 2008年2月13日
  6. ^ どうなる魔裟斗VS川尻!?DREAM座談会出張版 K-1公式サイト 2009年7月10日
  7. ^ 仰天ダブルパンチで門馬に快勝! 池本誠知がDREAMウェルター級GP出場権を獲得!! DREAM公式サイト 2009年2月21日
  8. ^ DREAMライトヘビー級GP一人目の出場者は中西良行に決定!! 『DEEP47 IMPACT』試合結果 DREAM公式サイト 2010年4月18日
  9. ^ 三崎、秋山の鼻折った! 1RKO勝利で病院送りに ヒョードル、大巨人ホンマンから腕十字で一本 スポーツナビ 2008年1月1日
  10. ^ DREAM.1〜ライト級グランプリ2008開幕戦〜 スポーツナビ 2008年3月15日
  11. ^ 青木vsカルバンは没収試合→4・29再戦!宇野の特別扱いに石田が不満爆発 angle JAPAN 2008年4月4日
  12. ^ 【ドリーム】米格闘技団体エリートXCと協力関係を結ぶ、全面対抗戦のアイデアも 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年5月10日
  13. ^ 【EXC】どうなるカラーノ? 11・8リノ大会中止、そして活動停止へ!? MMAPLANET 2008年10月21日
  14. ^ 【DREAM】5・26ボブ・サップと対戦するミノワマン「極限の向こう側を見たい」 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年4月30日
  15. ^ 秋山、UFCと6試合契約。「日本に格闘技を広めたい」 BoutReview 2009年3月3日
  16. ^ 宇野6年ぶりUFC復帰『忘れ物がある』 日刊スポーツ 2009年6月12日
  17. ^ 【DREAM】2010年は6大会を開催、4月に韓国進出、全階級のチャンピオンを決める 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年1月28日
  18. ^ 【DREAM】初の海外進出、4月の韓国大会は中止ではなく延期 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年4月8日
  19. ^ 「DREAM 4.24韓国大会」放送中止のお知らせ スカチャン 2010年3月25日
  20. ^ 谷川EP「残念です」、韓国大会でも観客減=K-1WGP スポーツナビ 2010年10月2日
  21. ^ K-1谷川氏「身売りではない」、中国系投資銀行と業務提携 復活へPUJI「5年で事業価値が1000億行くぐらいに」 スポーツナビ 2010年7月16日
  22. ^ 【DREAM】7・10吉田道場が初参戦!吉田秀彦に引導を渡した中村和裕と小見川道大 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年7月2日
  23. ^ 石井慧がDREAM電撃参戦、ミノワマンと対戦 海外修行の成果に自信「精神的に強くなった」 スポーツナビ 2010年9月22日
  24. ^ 「そこに強い選手がいたら自分から進んでいかないといけない」長南亮インタビュー DREAM公式サイト 2010年2月4日
  25. ^ 宇野薫復帰&フェザー級転向。2011年から階級分割 BoutReview 2010年7月12日
  26. ^ 青木、米デビュー戦は大ブーイングの中完敗 BoutReview 2010年4月18日
  27. ^ DREAM.16 石井慧が国内初勝利、ミノワマンを完封 桜庭が一本負け、青木は寝技師対決を制す
  28. ^ バンタム級創設へ!石田「盛り上がる」 - スポーツニッポン 2010年7月12日
  29. ^ “DREAM 大みそか「一極集中開催」へ”. 日刊スポーツ. (2012年6月5日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20120605-962448.html 
  30. ^ “不振大みそか格闘技「白馬の騎士」で開催”. 日刊スポーツ. (2012年10月25日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20121025-1037682.html 
  31. ^ a b “大晦日『DEEP DREAM IMPACT』公式発表~見切り発車、Cage使用、DEEP王座戦、対抗戦、女子戦”. ファイト!ミルホンネット. (2014年10月8日). http://miruhon.net/?p=9816 
  32. ^ “大みそか「DEEP」さいたまスーパーアリーナ大会正式発表”. 東京スポーツ. (2014年10月8日). http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/320807/ 
  33. ^ “日本格闘技の火を消さない! DEEPが大晦日にさいたまSA大会を開催”. スポーツナビ. (2014年10月8日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141008-00000101-spnavi-fight 
  34. ^ “【DEEP】大みそかにさいたまスーパーアリーナで開催”. eFight. (2014年10月8日). http://efight.jp/news-20141008_68538 
  35. ^ DREAMがアメリカのMMAイベント、ストライクフォースと全面提携!! 8・15ストライクフォースサンノゼ大会に出場の石田光洋がコメント!! DREAM公式サイト 2009年8月5日
  36. ^ 一年に一度のケージイベント! 六角形ケージのイメージ図も公開!! 10・25『DREAM.12』に菊野、弘中、アルバレスが参戦決定!! DREAM公式サイト 2009年9月29日
  37. ^ DREAMのケージは「世界で一番大きいです」(笹原EP) 出場全選手が登場! 『DREAM.12』計量結果! DREAM公式サイト 2009年10月24日
  38. ^ 緊急決定!! 5・29『DREAM.14』はケージで開催!! ネットライブ会見で笹原EPがファンからの質問に回答 DREAM公式サイト 2010年4月27日
  39. ^ 【DREAM】5・29山本“KID”徳郁が金網で完全復活だ!「勝つまでやらせてもらう」 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年5月15日
  40. ^ http://www.dreamofficial.com/free/news/detail.php?id=1322460090
  41. ^ http://www.dreamofficial.com/free/news/detail.php?id=1326868595
  42. ^ 聞き手・堀江ガンツ「苦悩する格闘技界の"カルロス・ゴーン" 佐藤大輔」『kamipro Special 2008 LATE SPRING』エンターブレイン、pp.28-29
  43. ^ Exclusive: Cesar Gracie Comments On Noons, Whats Next For Diaz MMANEWS 2008年8月25日]
  44. ^ a b DREAM again slow to pay fighters, rep says money on the way by John Morgan MMAJUNKIE.COM 2008年11月21日
  45. ^ Reports of DREAM's fighter payment woes continue to surface by John Morgan MMAJUNKIES.COM 2008年11月24日
  46. ^ Ronaldo Jacare By Eduardo Ferreira TATAME 2009年9月26日
  47. ^ Dream hasn’t paid Bibiano after 5 months By Guilherme Cruz TATAME 2010年8月16日
  48. ^ Ralek Gracie Says Dream Still Hasn't Paid Him For Fight in May By Ben Fowlkes MMAFIGHTING.COM 2010年10月4日
  49. ^ 『kamipro』No.140、2009年、エンターブレイン。
  50. ^ JOSH THOMSON SHOOTING FOR OCT. 9 RETURN by Damon Martin MMAWeekly 2010年9月4日
  51. ^ Interview Bibiano Fernandes By Guilherme Cruz TATAME 2010年9月9日
  52. ^ 【DREAM】9・25 SRC王者サンドロ参戦はなし、ファイトマネー未払い問題についても回答 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月5日
  53. ^ Strikeforce's "JZ" Cavalcante unsure about future, concerned about MMA judging by Steven Marrocco MMAJUNKIE.COM 2010年10月11日
  54. ^ 報酬未払いでバンナ激怒/K-1 サンケイスポーツ 2011年7月8日
  55. ^ "わかりやすく、世界基準に則した形"DREAMオフィシャルルールを発表 DREAM公式サイト 2008年3月11日
  56. ^ 一年に一度のケージイベント! 六角形ケージのイメージ図も公開!! 10・25『DREAM.12』に菊野、弘中、アルバレスが参戦決定!! DREAM公式サイト 2009年9月29日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]