ライトヘビー級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ライトヘビー級: light heavy weight)は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つである。

ボクシング[編集]

プロボクシングでの契約ウェートは、168 - 175ポンド (76.204 - 79.379kg) である。スーパーミドル級クルーザー級の間の階級で、全17階級中3番目に重い階級である。

アマチュアボクシングでは男女ともに75 - 81kgである。

初代王者はジャック・ルートアメリカ合衆国)。

この階級の世界王座最多防衛記録はダリウス・ミハエルゾウスキーポーランド / WBO)の23度。アマチュアではモハメド・アリ(カシアス・クレイ)が1960年のローマオリンピック金メダルを獲得した階級である。

日本では、寺地永西澤ヨシノリクレイジー・キムOPBF東洋太平洋王座を獲得した階級である。主要団体での世界挑戦者は未だなく、西澤が2007年12月7日にJBC非公認であるWBFの王座決定戦に出場したが、王座獲得には至らなかった。

レスリング[編集]

レスリングでかつてライトヘビー級と呼ばれたものは後の90kg級に当たるが、現在は廃止されている。女子では67kg級をライトヘビー級と呼ぶ場合もある。

総合格闘技[編集]

総合格闘技では団体によって差違がある。よってここではいくつかの団体の定める体重分けを例として挙げる。

  • UFCなど北米の多くの団体が準拠するネバダ州アスレチック・コミッション (NSAC) 制定の統一階級制においては185-205ポンド (83.9 - 93.0kg) と規定されている[1]
  • 国際修斗コミッションは、76 - 83kgと規定している。また他団体と違い、1階級上にクルーザー級 (83 - 91kg) を設置している。
  • パンクラスは、2007年までは82 - 90kgと規定していた。2008年の階級再編成により、現在はNSACに準拠。
  • HERO'Sでは、70 - 85kgと規定されていた。

プロレス[編集]

アメリカなどではジュニアヘビー級の下にライトヘビー級を置く場合もある。

詳細は「プロレス」を参照。

脚注[編集]

外部リンク[編集]