スーパーバンタム級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーパーバンタム級: super bantam weight)は、ボクシングで用いられる階級の1つである。「バンタム」は「チャボ」を意味する。

ボクシング[編集]

プロボクシングでの契約ウェートは、118 - 122ポンド (53.524 - 55.338kg) である。バンタム級フェザー級の間の階級であり、全17階級中6番目に軽い階級である。

1976年WBCによって再設置され初代世界王座決定戦でパナマリゴベルト・リアスコワルインゲ中山にKO勝ちで王座獲得(1920年代も国際的にも国内でも存在し荻野貞行が活躍したが一時期は自然消滅していた)。日本のプロボクシングでの旧名は「ジュニアフェザー級」(英:junior feather weight)。

アマチュアでは同名称の階級は存在せず、57kgがリミットのフェザー級に属していたが2010年にフェザー級も消滅。バンタム級がリミット54kgから56kgに変更され該当する。

この階級で日本人として初めて世界王座を獲得したのはWBCのロイヤル小林国際、1976年10月9日(リアスコからKO奪取) - 1976年11月24日)。その後、同じくWBCで畑中清詞が中日本協会加盟ジム初の世界王座(松田、1991年2月3日 - 1991年6月14日)を獲得。WBAでも佐藤修協栄、2002年5月18日 - 2002年10月9日)が世界王座を獲得。

この階級の世界王座最多防衛記録はウイルフレド・ゴメス(プエルトリコ / WBC)の17度(1977年-1982年返上、17連続KO防衛及び世界戦18連続KO勝利は全階級通じて世界記録)。日本の選手の最多防衛記録は、西岡利晃帝拳 / WBC)の7度(8度目の防衛戦がWBC名誉王者としてダイヤモンド王座賭けてIBF及びWBO王者ノニト・ドネアと統一戦でKO負け)。

史上最多タイ主要団体世界王座6階級制覇のマニー・パッキャオがWBCフライ級王座陥落後に3階級上げこの階級で再起第1戦をレイナンテ・ハミリにKO勝ち、更に2度目の世界王座としてIBF王座を獲得して2階級制覇達成。

外部リンク[編集]