ミドル級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミドル級: middle weight)は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つである。意味はそのまま「中間」。

ボクシング[編集]

プロボクシングでの契約ウェートは、154 - 160ポンド (69.853 - 72.575kg) である。スーパーウェルター級スーパーミドル級の間の階級で、全17階級中5番目に重い階級である。現在全階級の中でちょうど真ん中に位置するのはライト級であるが、かつて階級が現在ほど細分化されていなかった頃にヘビー級とライト級の中間として設置されたため、ミドル級と呼ばれる。

アマチュアボクシングでは、69 - 75kgである。

ヘビー級ライト級に次いで1890年代に創設された[1]。初代世界王者はジャック・デンプシー(ジョン・エドワード・ケリー)

日本では、竹原慎二(沖)がWBA世界ミドル級王座(1995年12月19日 - 1996年6月24日)を獲得した階級であり、日本人が世界王座についた最重量の階級であるが、日本の選手で防衛に成功した選手はいない。 世界的に多くの人間、特にボクシングが盛んな欧米出身者がこの階級に適した骨格と身長を持つため、全階級中最も新陳代謝の激しい階級の一つとされる。

この階級の世界王座最多防衛記録はバーナード・ホプキンスアメリカ合衆国 / IBF)の20度で、ホプキンスが史上初の主要4団体王座統一に成功したのもこの階級である。

アマチュアでは村田諒太がこの階級で2011年世界選手権に出場し同選手権では日本人初となる銀メダルを獲得し、翌2012年にはロンドン五輪にてボクシング種目では48年振りとなる金メダルを獲得した。

柔道[編集]

五輪柔道では、男子では1996年以降81-90kgを、女子では2000年以降63-70kgをミドル級(中量級)としている。

レスリング[編集]

レスリングでかつてミドル級と呼ばれたものは、現在の84kg級に当たる。女子では63kg級をミドル級と呼ぶ場合もある。

総合格闘技[編集]

総合格闘技では団体によって差違がある。よってここではいくつかの団体の定める体重分けを例として挙げる。

  • UFCなど北米の多くの団体が準拠するネバダ州アスレチック・コミッション (NSAC) では170-185ポンド (77.1 - 83.9kg) と規定している。
  • 国際修斗コミッションは、70 - 76kgと規定している。
  • リングスは、75.0kg以上90.0kg未満と規定していた。
  • パンクラスは、2007年までは75 - 82kgと規定していたが、2008年の階級再編成により、現在はNSACに準拠。
  • DEEP事務局は、2007年までは76 - 82kgと規定していたが、2008年の階級再編成により、現在はNSACに準拠。
  • ZSTは、75kg以上80kg未満と規定している。
  • PRIDEルールでは、83 - 93kgと規定していた。
  • HERO'Sでは、興行会社が同じためか、K-1と同じ70kg以下と規定されていた。
  • DREAMでは、84kg以下と規定している。

K-1[編集]

K-1では70kg契約をミドル級と呼んでおり、ミドル級の大会はK-1 WORLD MAXとして行われている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]